古民家ひらぬま(飯能)

看板

飯能の奥座敷、名栗の明治期につくられた木造2階建の古民家が、
週末だけカフェ営業するというので、行ってきました。
「古民家ひらぬま」

旗が出いる前に家がありますが、それではありません。
軽トラの奥にみえる古民家です。

ちなみに軽トラの真上の山頂にみえるのが、名栗の観音様。

古民家ひらぬま

奥に行くと見えて来ました。
一段下りた場所にあります。

表札

景観重要建造物に指定されています。

古民家

明治中期に建築された山あいの古民家であり、
手入れの行き届いた落ち着いた色調の外観が周囲の山や川などの自然と調和
…というのが、選定の理由のようです。

バイク

自転車乗りの先客がいて、敷地内、門の中に止めていたので、
並べて止めさせてもらいました。
この位置だと、縁側から目視出来るので、ちょっと安心。

しかしサーベロってカッコイイなあ。
高いけどね。
入門編のエントリーモデル、R2
105で組んだ完成車が、43万円。
105で43万するのか…。
R3は、アルテグラで53万円。
高っ!

でも、弱虫ペダルの新開ファンの女のコが、
ポーンと買ったりしてるんですよねえ。
お金持ってるなあ。
羨ましい。

店内

店内は、そのまんま古民家なんで、靴を脱いであがるタイプ。
いろりにあるのは南部鉄瓶かな?
山里の風情がありますね。

こういう雰囲気って、白川郷とか、そういう所で味わうんだろうけど、
東京からロードバイクで行ける飯能の奥にある訳ですよ。
古民家マニアとか、建築マニアとか、心躍るんじゃないですか?

店内

この付近は、名栗の一番奥の紗蔵もそうだけど、
立派な旧家が残っていますね。

ステンドグラス

ステンドグラスもあったりして、洒落た人だったのかなあ。
和洋折衷。

ケーキセット

ケーキ&珈琲セットは、600円。
珈琲は名栗のアスロンコーヒー焙煎所のものらしい。
通販とかで店舗形式じゃないらしいですが。

お庭を眺めながら、禅寺のように無になってみる。

無になるといえば格好いいけど、単に途方に暮れているだけ。
去年より体力落ちている自分が情けない。

お会計の時に、サイクルジャージの僕を見て、
「正丸峠とか、どこかに行かれるの?」
と、言われたので、こう答えました。
「いえ、ここが目的地です。来てみたかったので」

■古民家ひらぬま
■埼玉県飯能市上名栗201
■営業:11:00〜16:00
■定休日:平日(12月~2月は全休)
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*