コーヒー 紗蔵(名栗)

下り

正丸峠で正丸丼を食べ、第一目標はクリア。
続いて第二目標を目指して、来た道、山伏峠を下ります。
帰りは風景を楽しみながら、止まって写真撮影。

下り

登りは足をつきたくないので写真はあまり撮れないのですが、
下りは景色のいい所で足を止めてゆっくりと撮影タイム。
まあ、ヒルクラする人はだいたいそうみたいですね。

下り

登りの時は体感斜度を出した写真撮れないんですけど、
下りに撮ると、いい感じで斜度が出る事があります。
これ、なんでなんですかね。

下り

車が来るとなるべく邪魔にならないように、先に行かせるのですが、
この日は何台かドリフトしながら走る走り屋がいたので、
低いエキゾーストノートが聞こえて来たら、
直線の見通しのいい所にいる事にしました。
カーブの先にいたら危険そうだったので。

山

この付近には白岩という地名もあるのだけど、
あの採石場は、石灰岩のようだけど、その白岩でしょうか?

山伏入り口

山伏峠を下り切り峠の登り口まで戻って来ました。
車のいる方が山伏峠です。
今回は、この細く分岐している方に行ってみます。

名栗

すると川沿いに100mぐらい行った右側に、蔵が見えて来ます。

名栗

こちらが第二の目的地、蔵を改装したカフェ「紗蔵(さくら)」です。
名栗のカフェの中では一番奥に位置するんじゃないですかね。

大きな看板とか案内とか出ていないので、この付近を通る人達も、
ここにカフェがあると知らない人も多いんじゃないでしょうか?

名栗のカフェを検索していて、ここを紹介しているブログをみつけたのですが、
「同じ飯能市内なのに車で40分」
と、車の方々の方が遠さを気にしているのが面白い。
自転車乗りは、遠い方がやる気出るという習性があるので逆ですね。

紗蔵

築200年の蔵を改築したそうなんですが、重厚感あります。

バイクラック

このようにサイクルラックも設置されています。
一応、こちらの女性に「自転車も多いですか?」と聞いてみたら、
「たまにお見えになりますけど、山伏峠にそのまま行っちゃうみたいですね」
との事。

ここね、下りの帰りに寄った方がいいですよ!

店内

店内も綺麗にリノベーションされていてますが、風情はあります。

栗のタルト

頂いたのは、名栗という地名でもあるあし、
栗のタルト400円と、ストレートコーヒー420円。
栗が大きめでなかなか美味しい。
その事を伝えたら、
この近くに栗の木もあるそうなのですが、
猿などの動物に真っ先に食べられてしまうので、
残念ながら仕入れた栗だとか。
まあ、でも美味しいですよ。

基本、ケーキと珈琲のお店なのですが、
食事系は土日限定のキッシュがあります。

登る前より、下ると今の時期からだが冷えるので、
ヒルクライムの後に、ホットコーヒーというのがオススメです。
こちらの奥様?美人だし!

■コーヒー 紗蔵
■埼玉県飯能市上名栗1749
■営業:10:30~16:30
■定休日:火~木
場所はこのへん
お店のツイッター

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*