茶房むべ(武蔵五日市)

看板

檜原街道を何度か走っていて気になっていた看板があります。
新矢柄橋の付近で見かける「茶房むべ」。

むべって何?
「ベム」なら妖怪人間だし、「ぬ〜べ〜」なら地獄先生、
「べし」は赤塚漫画のカエルだ。

山里だし、なんか妖怪系のニオイがするんですがどうなんでしょ?
…と行ってみる事に。

ホントは寒くて、瀬音の湯につかって行こうか迷っていたのですが、
暖かい飲み物系でもいいかと、こちらをチョイス。

むべ

あら?喫茶店だと思っていたら、建物が立派。
料亭とか田舎蕎麦屋みたいな佇まい。

店内

建物裏の駐車場にロードバイクを止めたのですが、
お店の方が、自分のヘルメットなどを見て、
「高い自転車でしょうから、お庭に入れていいですよ」
と、言ってくれました。

店内

お店は大きなカウンターテーブル席が1つと、2人掛けが1つ。
小さめの喫茶店という感じ。
こちらのご主人は陶芸もなさっているらしく、カップも手作りの様子。
好きなカップを選べるのですが、どれにも植物の絵が。
そう!テーブルの上にあるこの植物です。

これが「むべ」らしく、スマホで調べてみると、
郁子と書いて「むべ」と読むそうです。
あけび科植物なのですが、まず、都会の人は「あけび」を知っているのでしょうか?

子供の頃、1度だけ給食に出てきたのですが、
中身の種の所が、カエルの卵っぽい見栄えで、
教室がパニックになった事を思い出します。
確か、小学校の低学年だったからでしょうね。
ふと、そんな懐かしい思い出が。

「むべ」もパカっと割れて、中身を食べるのでしょうか?

コーヒー

コーヒー750円、チーズケーキ750円。
チーズケーキには、フルーツがてんこ盛り。
体が疲れているからか、果物の甘みが嬉しいですね。

ゆったりとした時間が流れ、なんだか柔らかい気持ちになります。
さっきまで、冬を感じさせる冷たい風を受け、
しかめっ面してダウンヒルしていましたからね。

電車に乗る前にちょっとリセット。
いい気分転換になりました。

■茶房むべ
■東京都あきる野市乙津1312
■営業:11:00~18:00
■定休日:火曜
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*