フィヨルド(六本木)

六本木ヒルズ

美術展を観る為に六本木ヒルズへ。
その前に、ご飯を食べるために、六本木ヒルズの裏手、テレ朝通りへ。
いまテレ朝は、随分東側に移転したけれど、
昔はこのテレ朝通りから敷地内に入っていました。
今のグランドハイアット東京から「けやき坂」のあたりがテレ朝でした。

近代的な六本木ヒルズと対照的に、再開発を逃れた古いビルがあります。

フィヨルド

その1階にあるのが「フィヨルド」です。
フィヨルドといえば、対で習うのが我が故郷のリアス式海岸。
同じようにギザギザの海岸線ですが、
フィヨルドは、氷河が山肌を削り侵食しながら海辺流れたのに対し、
リアス式は、山がそのまま地盤沈下で沈んだための地形です。

てな話しを、ふと思い出してしまいますね。
学校で地元の事が出てくる項目でしたから、よく覚えています。

ミッドセンチュリー

お店は古き良き、普通の喫茶店。
この辺はビジネス街という性質もあるだろうけど、
土曜日のお昼に僕だけなので、とても静か。
最初店内にはオールディーズが流れいたので有線かと思っていたけど、
気がつくと音楽は止まっていて、無音に。
CD?もしかしてレコード?と思ったけど、
レジの所にMacBookが置かれて、itunesから流してるみたいでした。
あら、意外と今風なのね。

カレーは注文をすると勢いよく炒める音が。
という事は、具材を炒めてルーとからめる方式だなと想像。
煮込む系というよりは、
僕が好きだった夢眠系の、からめるカレーかな?

ポークカレー

ポークカレーは1000円。
確かに具材をルーにからめる系でしたが、
想像していたのとは違って、かなり欧風なカレー。
メニューにはハヤシライスなんかもあるから、
かなりそっち寄りなんだだろう。

小さなグラスに入った謎の液体を味見してみると、
かなり酸味のあるドレッシング。
もしかしたらカレーにかけるのかもしれないけど、
カレーが酸っぱくなるのは避けたいので、野菜に。

具が大ぶりで、噛むと炒めたポークの甘みがじんわりと。
辛味はあまりなく、まろやかと言った感じでした。

コーヒー

メニューには記載されていないのですが、
食後にサービスで小さなコーヒーがつきます。

■Fjord (フィヨルド)
■東京都港区六本木6-15-22
■営業:10:30~22:30
■定休日:不定休(日曜日)
場所はこのへん
お店のサイト

トレック

このフィヨルドの左隣りは自転車のトレックのオフィシャルショップ。
ちょっと覗いてみました。

僕のリドレーフェニックス同様に石畳用のドマーネが気になった。
お店の人に聞いたらドマーネの乗り心地は、かなりやわらかいそうです。
ふにゃふにゃという訳ではなく、かなり衝撃を吸収してくれるのだとか。
ロングライドならドマーネをお勧めするけど、
ヒルクライムとかするなら、マドンの方がお勧めと。

けやき坂

その後、けやき坂を通って、ヒルズ方面へ。

j-wave

J-waveのけやき坂スタジオがあるのですが、ここが駐輪場の目印。
このスロープを下ると駐輪場があります。

自転車マーク

壁にはこのように自転車のマークが。

駐輪場

降りきったら左へ。
左側の自動ドアをくぐると、駐輪場があります。

駐輪場

六本木に来るような人達は、あまり自転車移動を考えていないのか、
駐輪場はガラガラです。
また、この場所はあまり知られていないのか、路駐している人もいるけど、
自転車の盗難も増えているので、駐輪場に入れて、
しっかりロックした方が安心でしょう。

この界隈だと、ミッドタウン国立新美術館にも駐輪場があるので、
覚えておきましょう。

テレ朝

テレビ朝日のショップの方へ、続々と親子連れが入っていくので、
ちょっとついていってみる事に。

ドラえもん

そしたら、ドラえもんがいました。
しゃべりませんが、歩きます。
意外と小ぶりなので、ドラえもんがどうなってるのか興味津々。

カフェ

2014年の4月14日まで限定で、『ドラえもん ひみつ道具カフェ』がオープン。

道具

こんな感じで、ドラえもんに出てくる道具達が展示されています。

メニュー

普段は、川崎の「藤子・F・不二雄ミュージアム」でしか食べられない
『アンキパン』のフレンチトーストなどのメニューも。
ミュージアムのレストランは激混みらしいので、テレ朝で体験しちゃうのも良いかも。

アプローチ

さて、六本木ヒルズには、森美術館と、森アーツセンターギャラリーの
二つの美術館がありますが、このミュージアムコーンという建物からのアプローチに。

エレベーター

この裏手にエレベーターがあり、まずは3階まで行き、
そこのチケット売り場で、購入した後に、6基あるエレベーターで上に。
傘とか持っている人は、この階で預けないと上には行けません。

前売り

前売りチケットもこのままでは入れなくて、
チケット売り場で当日のチケットに変更してもらいます。

ちなみに、森美術館のアンディー・ウォーホルも、
森アーツセンターギャラリーのラファエル前派展も、
どちらも当日券1500円なんですが、
金券ショップで、ラファエルは1200円。
森美術館にも入れる展望チケットが利用期限が迫っていたので1100円で入手。
700円のお得です。

最近は、金曜の仕事終わりに金券ショップを覗き、
映画や美術館のチケットを手に入れてます。
だいたい300円ぐらい安いので、映画館ならドリンク1杯分になりますね。

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*