国立新美術館サロン・ド・テ ロンド(六本木)

新目白通り

六本木の国立新美術館へ行こうと、新目白通りを江戸川橋方面へ。
そこから外苑東通りに入れば、六本木まで一本で行けます。

外苑東

外苑東通りに片道だけだけど、自転車レーンが出来ていました。
12月1日から道交法の改正で自転車は左側通行が徹底されているので、
このように自転車マークが逆にペイントされていると違和感がありますね。

この自転車レーンは車道だった所に段差とフェンスをつけて、
車から分離しています。

六本木

六本木トンネルの手前で歩道に誘導されますが、
自転車は歩道ではなく車道という方針を打ち出しているなら、
このまま車道にスルーで出られるようにして欲しいものです。

トンネル

ところで、車側の人は自転車が邪魔という風に言いたがります。
まあ確かに交通ルールを守らない自転車が多いので、気持ちはわかります。
ただ、交通ルールを守らない車も多い為に、
道に膨らまざるをえない事も、覚えておいてください。

この六本木トンネルの側道、黄色のペイントがある通り、駐停車禁止の場所です。
つまり人が乗っていても停車はダメな場所です。
でも、ご覧の通りのドライバーの仮眠所状態。

ここに限らず、駐停車禁止の場所に駐車している車の多いこと。
自転車は車道ですから、これをパスする為には右側から行くしかありません。
つまり車道に膨らむという事ですね。

駐停車禁止は、もっと徹底して欲しいです。

国立新美術館

さて国立新美術館へ。
駐輪場は六本木の正門から入りましょう。

販売所

駐輪場は、チケット売り場の裏側にあります。
敷地内は警備員さんに降りて押すように言われるので、
他の門から入るより、正門から入った方が押す距離が短くてすみます。

自転車置き場

自転車置き場はこんな感じで、ラックがあるのでロードバイクでも大丈夫。
そして国立新美術館は、各展示場の入り口でチケットをもぎる方式なので
カフェは入場料無しで利用できます。
つまり、この中のカフェは、チャリカフェとして利用しやすいのです。

ゴッホ

今回観たいと思ったのは、こちら!
「ゴッホ、スーラからモンドリアンまで、印象派を越えて点描の画家たち」
企画展終了の直前に観に行く事が出来ました。

モンドリアン

行きたいと思ったのは、自転車乗りの発想で、
モンドリアンについて知りたいと思ったからです。

ツールドフランスで総合優勝を5回もしているベルナール・イノーが所属していた
ラヴィクレールというチームのジャージが、モンドリアン。
その時の使用バイクがLOOKだったので、
以降LOOKは記念モデル的な物にはモンドリアンカラーを採用します。

このスクエアデザインのようなモンドリアンが、
なぜあの情熱的な絵のゴッホと同じ仲間なのか?
それが知りたくなった訳です。
美術知識ゼロなもので。

国立新美術館

国立新美術館は黒川紀章さんの設計。
コレクションを持たない為、ミュージーアムではなくアートセンターと表記されます。
この曲線美は、周囲の森との共生を表現しているらしいです。

館内

館内は逆にSF映画に出てきそうな近未来的雰囲気。

シャニック

今回もヘッドセットを借りて、ガイドを頼りにまわりました。
声のナビゲーターは坂本真綾さんでした。

点描画といえばスーラが有名ですが、
今回気になったのはポール・シニャック。

点描画は、絵の具を混ぜると黒に近くなっていく事から
それをまぜずに、点で色を配置し、
離れてみる事によって色彩を表現しようとしたもの。

視覚混合と言い、
補色をまぜずに並べても、離れればそのように見える。

点で作る光は理論的に研究されて描かれています。
写真などをルーペで見れば細かい点で構成されている事がわかりますが、
そのプリント技術を、人間の手や筆でやろうとしていたのが、この人達。
印刷技術を手でやっていた訳?と思った瞬間に鳥肌がたった。
アートって発明に近いものがあるな。

ゴッホ

ゴッホも点画描写をやってみるけど、それを発展させて描いています。
忠実に色を再現するだけでなく、ダイナミックに色を乗せてます。

ただゴッホというと晩年の狂気的なエピソードがクローズアップされるので
狂気のエネルギーで本能の赴くままに絵を描いていたかの印象なのですが、
実は、色の関係を調べるために、違う色の毛糸を束ねて、
どのような組み合わせでどのように色が見えるか、研究していたそうです。

点描画を取り入れた後は、浮世絵などのジャポニスムに影響されていく。
いろんな物を頭を堅くせずに、取り入れていく
そんなゴッホの姿勢は見習わなければならないと思った。

点画の描写をどうするか?
科学的に細かく色を置いたのがシニャック。
感情的に置いたのがゴッホ。
そのほか、いろんな画家が点を大きくしたり、小さくしたり
規則正しくしたりする。

置く細かい点を単色にして、等間隔に配置し、
陰などの濃淡をつける時に背景におくと
よく漫画で見るスクリーントーンになる。

それらを全部筆でやってたなんて、凄すぎる。

砂丘

もしかして…と思っていると、ついにモンドリアン登場です。
モンドリアンも最初は点画描写に挑戦してみたりしているのです。
これは砂丘を描いた作品。

コンポジション No.Ⅱ

それがピカソなどのキュビズムと出会う事で抽象画の世界へ。
この、コンポジション No.Ⅱという作品、
音声ガイドによると水面に映る木々を分解し再配置したものだと言います。

どんどん後ろに下がってみて5メートルほど離れてみてみたが、わからない。
それより2メートルぐらいの距離で、近眼のめがねをはずして
目を細めてみたりしたら、なんとなく波紋に見えてきました。

男の人にしかわからないかもしれないけど、
AVのモザイクを観るときに目を細めてみてしまう。
そんな感じ。
なんとなく、輪郭が見えるような感じがする。

モンドリアンの作品をAVのモザイクレベルで語るなんて不謹慎な。

点で構成されてた絵の点をさらに抽象化させるとこうなるのですね。

モンドリアン

こうして行き着いたのがあのモンドリアンスタイル。
展覧会の最後をしめくくるのも、この一枚です。

シール

お土産屋さんで売っていたシールを見て腑に落ちたので、購入。
ゴッホの種をまく人を分解すると、下のような点描写になる。
モンドリアンも何かしら分解して、下のような点描写になり、
それを塗りつぶす事で、上のような代表的な作品になったのでは?

美術素人なんで、自分なりの解釈なんですが、間違ってたらすいません。

カフェ

美術鑑賞の後は、例の出っ張っている円錐形のカフェへ。
サロン・ド・テ ロンド。

サンドイッチ

頂いたのは、サンドイッチのセット1000円。
美術を見ると、絵に圧倒されて疲れるね。
そして今回はどうやってモンドリアンにたどり着くのか
謎解きのように見ていったので、ついた瞬間、いろんな物が氷解して脱力感が。

■サロン・ド・テ ロンド
■東京都港区六本木7−22−2国立新美術館2階
■営業
11:00~18:00
11:00~19:00 (金曜日)
■定休日:火曜
場所はこのへん
オフィシャルサイト

自分も一時はLOOK586UDを買おうと思っていたから
モンドリアンには思い入れが。
LOOK乗りの人に捧ぐ。

   

余談。

今回、色や物を分解して表現する新印象派に触れて、
自分の職業、ラジオで音を分解したらどうなるんだろう?って事を考えていました。

で、鳴っている音をスーラとかシニャックみたいに分解するのはトラックなんだろうけど、
モンドリアン的なキュビズムっぽい分解は何なんだろうと妄想してました。

で、ふと思い浮かんだのがyahoo知恵袋。

――質問(1)

曲名を教えてください!ピアノの曲だったと思います。
いきます

ちゃららららんららん ちゃららららんららんらんらん
ちゃららららんららん ちゃららららんららんらんらん
らんらんらんららんらんらんららん

ちゃららんららんらんらんららん
ちゃららんららんらんらん ちゃららららん

⇒ベストアンサーの回答:久石譲のSummerって曲ではないでしょうか。
元ネタ

――質問(2)

曲名を教えてください!
すごく迫力のあるテンポのはやい曲です!

「ダン!ダン!|ダン!ダン! |ダッダダーッダダー|ッダダーッダダー|アーアア|アアアア|アアアアアア|アアアアーア|アンディレレレディレレレディレレレ|ディレレレディレレレディレレレディレレレ|ダン!ドン!ダン!ドン!|ダン!ドン!ダン!ドン!|ダッダダーッダダー|ッダダーッダダー|アーアア|アアアア|アアアアアア|アアアアーア|アンディレレレディレレレディレレレ|ディレレレディレレレディレレレディレレレ・・・」

よろしくお願いします。
m(__)m

⇒ベストアンサーの回答:ベルディのレクイエムから「怒りの日」だと思います。
元ネタ

何でわかんだよ!(笑)

音のモンドリアンってこういう事じゃないの?

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


国立新美術館サロン・ド・テ ロンド(六本木)” へのコメントが 2 点あります

  1. >トマ子さん
    自然を感じたくて遠くまで出かけたりするけど、
    やはり文化的なもの感じされるのは東京ですね。
    ネットやテレビで見られるような気になってるけど、やはり本物は違います。
    ちょうど来年のテーマを考えていたのですが、それにしようかと思いました。
    東京に住んでいるなら、そのありがたみを享受しておかなければですね。
    ありがとうございます。

    もぎるは東北弁っぽいけど、チケットにかんしては
    「もぎり」という職業呼び名もあるし標準語ですね。
    古い言葉かもしれないですけど。
    今のバイト探しでも「もぎり」は普通に使われています。

    シニャックは何故かタイプミスでした。
    お酒飲んで書いてたからかな。
    お恥ずかしい。
    ご指摘有り難うございました。

  2. 東京に住みたいとは思わないのですが、文化的な物に触れられる機会が圧倒的に多いのはいいですね。チケットもぎるって 言い方、やっぱり東北人ですね。私もいっちゃいます。新潟うまれですけれど(笑)一つ気になった点、ポール・シニャックですよね?シャニックじゃなくて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*