トキオプラージュ・ルナティック(二子玉川)

環八

梅雨の晴れ間は、積極的にサイクリング。ここの所、荒川が続いていたので多摩川に行ってみる事にしました。めざすは二子玉川。通常は、高円寺から荒玉水道道路を通って、砧に抜けるのですが、この日は近道をしてみようと、千歳船橋あたりから、環八に入ってみました。

これが大失敗!車道と歩道の間にほとんどスペースがなく、しかもこの日は、大渋滞を巻き起こすほど交通量も多く、非常に危険。

うん、やっぱり砧から多摩川サイクリングロードに入るべきだった。その方が少し遠回りになるけれど、ストレスフリーだもの。

二子玉川

なんとかかんとか、大型トラックをかわしながら辿り着いた二子玉川。河原には大量のママチャリがとめられていて、ファミリーでいっぱい。

河原

かつては、この位置に、河原を眺められる季節限定のカフェ、PEACE TOKYOがあったのですが、震災以降、国土交通省から営業の許可が下りなくなって、再開は未定。

という割に、後ろにプレハブの売店が建てられているのですが、これは勝手に建てられたものなんでしょうか?

ジャイアント

東急田園都市線と玉川通りの二子橋の間に、自転車メーカーのジャイアントのお店が出来ていました。

そういえば、走っているとGIANTのESCAPE R3をやたら見ます。そこそこのパーツで組んで4万円台だから、非常にコストパフォーマンスが高く入門車としては、最適でしょうね。乗り慣れたら、もう少しタイヤを細くしたりしたくなるだろうけれど。

試乗車の貸し出しもしていたので、スポーツバイクに挑戦してみたい方、まずは借りて乗ってみるというのもいいかもね。

チチカフェ

多摩川の川沿いの道を入っていくと、以前行ったチチカフェがありました。人気のカフェで満席だったのでスルー。

バイクラック

こちらのチチカフェも、以前、行った時はなかったのですが、自転車ブームで多摩川にサイクリストが増えたせいでしょうか?バイクラックが完備されていました。

ルナティック

今回は、そのさらに奥にあるこちらのお店が目的地。トキオプラージュ・ルナティック。川沿いの一軒家を改装したカフェレストランです。

バイクラック

こちらにも、バイクラックがあります。その他、お店の回りにはロードやMTBなどスポーツ系の自転車がいっぱい。多摩川ポタリング系の人の聖地っぽくなっています。

屋上

この付近は、以前は河原が見通せたのですが、土嚢を積み上げた暫定堤防が出来てしまった為に、見通しが悪くなっていまいました。ただ、こちらのトキオプラージュ・ルナティックは、屋上テラスがある為に、そこからだと河を見渡せます。

ほぼ満席状態だったので、席の方にはカメラを向けられませんでした。お店では「ご予約のお客様です〜」という声が飛び交っていたので、川沿いの席を取るなら、予約の方が確実かもですね。

前菜

頂いたのは、本日のパスタランチ。カレーもあったみたいなのですが、この日は売り切れでした。セットは、前菜かサラダから選べたので、前菜をチョイス。

パスタ

メインは茄子とベーコンのパスタ。

コーヒー

そして、コーヒーがついて、1360円。

食事をしながら、周りを見てみると、それぞれのお客さんの中に流れている時間が違うのがわかりました。

僕の隣りでは、白ワインを傾けながら、パリ旅行の計画を立てている、女性2人組。美術に興味があるらしく、どの作品はどこに行ったら見られるというのを、ガイドブック片手に談笑。そして、のんびりランチ。

ところが、せっかちなおば様グループは、「すいませーーーん」を連発。屋上席なので、料理が出来ると店員さんが一瞬下のキッチンまで取りに行くのですが、そんな時にも「すいませーーーん」を連発。フロアに戻ってきた時に、声をかければ一発なのに、一瞬、席を外したときに叫びまくってもなあ。まるで新橋の居酒屋のような騒がしさでした。

僕もこういう自然の中に来た時には、スイッチをオフるクセがついているのだけど、あのおば様には、自然とかあまり関係なそう。

これと同じ光景をどこかで見たなあと思ったら、高尾山でした。山道をゆっくり登って登山して来た人達は、山頂の雰囲気をゆったり楽しんでるのだけど、ケーブルカーで登って来た人達は、あわただしい。しかも苦労せずに登って来た割に「え?高尾山ってこんなもんなの?」なんて、自力で登山して来た人達の気持ちを台無しにする、台詞も。

自然の中に来たら、少し、ゆったりしましょうよ。せっかく、風が吹いて笹の葉がこすれる音がしたり、鳥が鳴いたりしてるんだから。

■トキオプラージュ・ルナティック (Lunatique TokioPlage)
■東京都世田谷区玉川1-1-4
■営業:
11:45〜23:00
11:00〜22:00
11:00〜23:00
■定休日:無休
場所はこのへん
お店のInstagram

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*