カフェ・ソラーレ(要町)

行列

雨の切れ間を縫って池袋方面へ。
傘をさしている人もいるけれど、ささなくても平気な感じ。

お昼時、要町通りの光文社のビル脇の路地を入ると、2つの行列が見えて来ます。
一つは、カレーの「かえる食堂
もう一つは、つけ麺の「麺舗 十六」
こんな路地裏で、人気の行列店が並んでいるのです。

ドライブだとどうしても大通りメインになってしまうので、
こういうのは、自転車でのポタリングじゃないと、偶然は出会えません。

看板

その行列をスルーして住宅街の中に入っていくと、
道路脇にひっそりとカフェの看板が。

入り口

普通のおうちがカフェになっている模様。
これだけだと、お店だとはなかなか気づきません。
緑の生い茂る小道を入り、奥へ。

細道

店内から観ると、その小道はこんな感じ。

店内

自宅を改装したお店は、カフェというよりも、
橋田壽賀子ドラマ「渡る世間に鬼ばかり」の「おかくら」の雰囲気。
アットホームな空気感につつまれています。

こんな隠れ家的なお店なのに、僕が訪れた時は満席。
年配のお客さんが多いのが印象的でした。

ランチ

この日のランチは、
「国産SPF無菌豚と長崎島原産有機高菜漬けのおろしハンバーグ自家製ポン酢添え」
ちょっと名前が長い…
素材全部盛り込んでる(笑)

御飯は、五穀米。
野菜は生産者とお付き合いして仕入れたもので、新鮮さを感じられます。
味付けも、余計な物が入ってないという、シンプルさが好感持て、
素朴な味付けが好みという年配客が多いのも、うなずけます。

コーヒー

ランチは、コーヒーがついて、980円。
デザートのロールケーキをつけると1100円だそうです。

この日は、デザートをチョイスしなかったのですが、
お客さんとご主人とのやりとりを聞いていると、かなり人気のようで、
その日のキャラメルクリームのキャラメルも鍋で手作りしていると言っていました。

んー、デザート込みにすれば良かったな。
まあ、近いし、また来ればいいか。

■カフェ ソラーレ (Caff`e Solare)
■東京都豊島区池袋 3-9-2
■営業
11:30~14:00(ランチ)
15:00〜17:00(カフェ)
(ディナーは予約制)
■定休日:日月
地図を表示
公式ツイッター

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*