カフェ・クーポラ(目白)

インスタをこまめにチェックしているお店の一つ。目白のカフェ・クーポラ。ここの季節のパフェが大好きなのです。パフェのフルーツで季節を感じようというルーティンを作ってくれたお店でもあります。それからスーパーのフルーツ売り場でこの季節に何が売られているのかもチェックするようになりましたし。

ドアのフレームの中に赤いハンドルが見えますが、あれが自分のミニベロ。江古田からは15分ぐらいですかね。ずーっと裏道を走って来るので車ともほとんど遭遇せず、ストレスフリーです。

でも自転車ではなく、今回の主役はカウンターの上の柿。季節ごとに果物の変わるパフェですが、今回、クーポラ初の柿を使ったパフェを出すというのです。

柿って和なイメージがあるじゃないですか。洋菓子で柿って食べた事あったっけなあ?どんなパフェが出てくるんだろうと期待ワクワクで、お店へやって来ました。

ジャジャーン!これが今回の「柿とマカダミアナッツのパフェ」です。1800円。

いやあ、毎回美味しいのですが、今回は感動しました!

柿が美味しいのはもちろんの事。左側の大きめの柿は富有柿。そしてその下の小さいのはお酒につけた柿のマリネ。

まず上から食べて行く中で感動したのは、右のジェラートの上に乗っている干し柿のクリームチーズ巻き。干し柿って完全に和じゃないですか。それがクリームチーズと巻く事によって、和と洋の絶妙な中間点の味になり、脳が混乱します。クーポラのパフェはマスカルポーネとかチーズを上手く使ってくるのだけど、もうここでツカミはOK!

さらに感動したのが、中間の白い部分。普通のパフェならコーンフレークゾーンだったりするのですが、こちらはマカダミアナッツのジェラート。しかもナッツを炒ったプラリネが仕込まれています。食べるとパチン!パチン!とプラリネが弾け、香ばしさが口の中で小爆発!

お店の方に、プラリネが凄い効いてますねと言ったら、「ちょっと強めに炒ったんです」との事。まんまと、演出にやられてます。

パフェを提供する時は、どのような構造になっているのか説明もしてくれるので、これまでコース料理のようだなあと思っていたのですが、今回は「干し柿のクリームチーズ巻き」とか「マカダミアナッツのジェラート、プラリネ入り」とか、驚きが仕込まれていて、アトラクションのようなパフェでした。

今回、こちらのパフェ好きのお客さん達の噂を聞いて、皆さん駆けつけているらしく、途中で売り切れちゃう日もあるそうです!あと、土日のパフェはランチが終わった14時以降の提供となりますので、ご注意を!

■CAFE CUPOLA mejiro
■東京都新宿区下落合3-21-7 目白通りCHビル1F
■営業:
8:30~20:30(火水木土)
14:00~20:30(金)
8:00~18:00(日)
■定休日:毎週月曜
場所はこのへん
オフィシャルサイト

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ