珈琲オンリー(浅草)

番組の企画で「調理道具」の特集をやろうというのと、最近、糖質制限で自炊をするようになったので、いい包丁が見たいと思って合羽橋に。

柄がステンレスと一体化している「藤次郎」という包丁に惹かれたのですが、ブランド維持の為「藤次郎」はほぼ直営店でしか売らず、一般取次店に卸しているのはセカンドブランドの「藤寅作」。でも話を聞いてみると品質はほぼ変わらないとの事。なら「藤寅作」の方が少しリーズナブルだし、こちらでいいか。

番組で電話出演してもらう事になった「飯田屋」さんへ。

マツコの知らない世界や、タモリ倶楽部などに出てくる、調理器具に詳しい達人は、こちらの若旦那。プロユースで、マニアックな世界の調理器具を、通販のような軽快なトークで、一般人に説明出来る方。

その他、左利き用の調理器具を集めたり、高級食パンに使うナイフ、低温調理などに使う温度計など、料理のトレンドとそれにまつわる道具を敏感に読み取っているという感じでした。

お店イチオシの、エバーピーラーも購入。

飯田屋さんのすぐ近くにあるのが、珈琲オンリー。

店先には「当店は、店名通りのただの珈琲屋です。気の利いた物を食べたい方は、先々にある各店の利用をお勧めします。」というプレートがぶら下がっています。こういうのを見ると、逆に入りたくなるじゃないですか。

訪れたのは先週の木曜だったのですが、その日は暑かったので、コーヒーフロートを。

出て来たのは金魚鉢のような器に入ったアイスコーヒーとその中に浮かぶバニラアイス。バニラアイスをスプーンですくおうとするのですが、器が大きいので、アイスが逃げてなかなかすくえません。難しいなコレ!と、縁日のような気分に。

お店のお母さんがマスクにフェイスシールドと完全防備なんですが、入店の時に消毒液で手を消毒すると「ご協力ありがとうございます」。注文を取るときにメニューを渡しながら「ご来店ありがとうございます。」と、「ありがとう祭り」。

江古田で飲んでる時に、喫茶「トレボン」のマスターって、お会計してから帰るまでに「ありがとうございます」を3回ぐらい言うよねというので盛り上がったのですが、今は無き喫茶店「トキ」のお母さんは、入ってから出るまで10回以上「ありがとうございます」を言っていました。

しかし、まだ上には上がいたのを僕は知っています。江古田銀座のベトナム料理の「Mai Mai」、その隣はかつてクリーニング屋さんだったのですが、その店主が、坂上二郎さんの「飛びます!飛びます!」なみに、ワンアクションあるたびに「ありがとござす!ありがとござす!」と、連発したのです。

江古田に詳しい友人達でも、知っている人はあまりいない。あー、あのご主人を知っている人いたら飲みたいわー。

お店を出ると、正面にスカイツリー。その脇に月。

商店街の街頭が、月よりも大きく写ってしまうので、ちょうど電球が切れている所で一枚。それも月の大きさと一緒ぐらいになるねえ。

夜道を照らしてくれる街灯も、こういう瞬間だけ邪魔だなあ。

■珈琲オンリー
■東京都台東区西浅草2-22-8
■営業:10:00~18:00
■定休日:日曜:祝日
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ