インプレストカフェ・バイ・アネアカフェ八丁堀(八丁堀)

Instagramで流れて来たパフェが食べたくて、仕事帰りに八丁堀で途中下車。

インプレストカフェ・バイ・アネアカフェ八丁堀。今年の6月にコロナ禍の中、新規オープンしたカフェ&ダイニング。中野新橋にあるアネアカフェの系列店です。

お洒落なBARと言った感じなんですが、全席わんちゃんOKのお店で、店内の至る所に小型犬が!だから #インプレストカフェ のハッシュタグも料理の写真より、わんちゃんの写真がてんこ盛り。

食べて見たかったのは、この2段になっているモンブランマロンのパフェ。1520円。

食べにくそうに見えますが、実はこちら2つに分離します。

一緒に小皿を渡されて、上の部分は外して食べられますとの説明。そこで分離!

右手のモンブランの部分は、上から栗の渋皮煮、チョコレート、モンブランクリーム、パイ生地なんですが、実はモンブランの中にカシスクリームが仕込まれています。

目白のカフェデリーモでは、モンブランの下に巨峰のソルベを仕込んでいて、濃厚さの次に爽やかさで口直しという感じでしたが、こちらも、「濃厚」の頭で食べていると、あれ?意外と爽やか?スプーンですくった切り口をみると、赤いクリームが顔を出していて、モンブランとカシスが層になっていました。

今、時期なのでモンブランのパフェを多く食べていますが、こういう手法って意外と多いですね。

実はグラスの中のマロンアイスも、ヘーゼルナッツのムースとグラノーラでナッツ感を加えつつ、一番底にクランベリーソースが潜んでいて、こちらも濃厚を爽やかさでほどよく中和させるという手法です。美味しかった。ご馳走様でした。

食後の運動をかねて、東京駅まで歩いて帰りました。歩いても1㎞ちょい。余裕で歩ける距離でした。

■インプレストカフェ (IMPREST CAFE by anea cafe hatchobori)
■東京都中央区八丁堀3-11-13
■営業:7:00~23:00
■定休日:年末年始
場所はこのへん
お店のInstagram

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

パティスリー&ショコラ バー デリーモ 目白店(目白)

新型コロナも第三波とか言われているので、遠出は避け、近場はなるべく公共交通機関には乗らないようにして、ミニベロで出かけています。

GO TO トラベルもパスして、近場で旅気分も味わう為に、目白へ。

トラッド目白には、クイーンズ伊勢丹があるので、よく番組で使う商品探しに足を運びます。

芸能人発で話題の商品って、高級スーパーで扱っている物が多く、まず江古田のエスカマーレを覗き、無ければEchika池袋の成城石井か、池袋西武のザ・ガーデン自由が丘、そこでも無ければ目白のクイーンズ伊勢丹と、ぐるりとミニベロで回るのです。あとは練馬のカルディとか。

駐輪場は建物の裏手にあります。1時間までは無料。

今回のお目当てはこちら!1階にある、パティスリー&ショコラ バー デリーモ 目白店。

チョコレートやケーキの他、お店で食べられるパフェが人気で、東京ミッドタウン日比谷店の写真がよくInstagramにあがっています。今は日比谷店限定のイチゴをふんだんに使った「ラストクリスマス」って一品が人気。

僕が目白店で頂いたのは「パフェモンブランマロン」。1520円。

モンブランとリッチマロンアイスの下に、爽やかな巨峰ソルベ!口の中が濃厚になった所で、巨峰の爽やかさで口の中を一度リフレッシュ!

その下はサクサクのフィヤンティーヌ。薄焼きクレープをフレーク状に砕いたのもの。コーンフレークじゃないよ!別添えのチョコレートソースは、ここで投入しました。一番下にもチョコが沈んでいるので、かき混ぜながらチョコパフェを楽しんでいる雰囲気に。

お店はカウンターのみで8席なので、空いている時を狙った方が、吉です。

■パティスリー&ショコラ バー デリーモ 目白店
(Pâtisserie & Chocolat Bar DEL’IMMO)
■東京都豊島区目白2-39-1 トラッド目白 1F
■営業:11:00~20:00(L.O.19:00)
■定休日:不定休
場所はこのへん
お店のサイト

さて、パフェを堪能した後は、ご近所で旅気分を堪能しようと目白庭園へ。

ウエディングフォトを撮りに来たカップルもいました。

紅葉が始まりつつある日本庭園。なんちゃって京都です。「そうだ!目白…行こう!」。

建物の下は、こちら側を撮るフォトスポット。

庭園を一周する途中に滝もあったりして。

こちらは、緑から黄色を経て赤へと変わる途中の、紅葉のグラデーション。

なんちゃって京都、チャリでGO TO 目白で大満足です!

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ