不純喫茶 ドープ(中野)

「諸説あります」はチコちゃんの常套句で「スタッフが後で美味しく頂きました」ぐらい保険として使われている言葉です。

でも「純喫茶」の「純」の意味は、本当に諸説あって、アルコールを出せるか出せないかの違いとか、「飲食店営業許可」と「喫茶店営業許可」の違いとか、ずーっと遡って、大正時代にカフェと名乗って女性にキャバクラ的サービスをさせるお店が出現したので、それとの差別化とか、いろんな説があります。

意外に素朴な疑問のようで、正解の裏取りが出来ないので、結局「諸説あります」となりがちな話題です。

さて、こちらは「不純喫茶」を売りにするお店「ドープ」。

インスタ映えを狙いに行くような輩が多いから不純なんでしょうか?それとも夜はスナックに業態替えするので不純なんでしょうか?

その前に、ご注意を。

まず、こちらのお店、現金がいっさい使えません。使えるのは電子マネーとクレジットカードのみ。

よく郊外の街道沿いのラーメン屋さんが、夜中に窓ガラスを割られて盗難にあったとか、コインランドリーの両替機が破壊してお金が盗まれたりというニュースがありますが、電子マネーオンリーだと、お店に釣り銭や売上金を置くリスクが減るので、防犯上はいいでしょうね。

あと、電子マネーで、全て自動で銀行口座に記帳されれば、会計ソフトなどを使って自動で帳簿が出来るので、楽っていうのもあるのかもしれません。

その昔、中野腐女子シスターズという、中野のサブカル女子をテーマにしたアイドルグループがありましたが、僕が行った時間帯はそんな感じのお客さんが多かったです。

髪がピンクとかゴスロリとか、男装に近い感じの方もいましたね。外国人の方が喜びそうな、ザ・中野がありました。

頂いたのは、クリームソーダと昭和プリン。やっぱ映えますねえ。この写真から、インスタでウケたいオーラが出まくりですね。不純な動機バリバリです。

■不純喫茶 ドープ
■東京都中野区新井1-9-3 グレースヒルTMY 2F
■営業:12:00~23:00
■定休日:不定休
場所はこのへん
お店のInstagram

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ