西武秩父駅前温泉 祭の湯

祭の湯

西武秩父駅前に出来た「祭の湯」
サイクリストのご利用をうながしておきながら、
自転車置き場が、コイン式のママチャリ用しかなくて、
ロードだと盗難が心配で、前回はパスしました。

ところが、その後、輪行袋に収納すれば、
フロントで預かってくれる事がわかり、今回はチャレンジする事に。
ブログでそういう記述をみたのですが、
心配性なので、直接電話で確認を取りました。

より軽量なオーストリッチのSL-100を購入したので、こちらもデビュー戦。
去年のサイクルモードで、アズマ産業の人に話を聞いたら、
生地が薄手ですが、実はこちらの方が強度が高いんですよと言っていました。
実際に使ってみても問題なし。
その後、レッドアローに乗せて帰る事を考えても縦型いいですよね。
すっぽり車体が入るので、フロントにも預けやすいし。

無事、フロントで預かってもらって入館。
自転車はフロント裏にあるバックヤードに置かれるようです。
料金は、タオルセット(入館料+フェイスタオル・バスタオル)1,300円
更衣室で周りを見渡しましたが、
サイクルジャージを抜いているのは、自分だけでしたね。
意外と、登山客が多かったかも。

お風呂は撮影不可能なので、公式サイトからお写真をお借りしましたが、
露天風呂は、だいたいこんな感じ。
これ女湯なんじゃないかなあ。
男湯は、これが反転していたような。

岩風呂が天然温泉だったのですが、
それ以外は、高濃度炭酸泉とか、入浴剤入りとか、
人工的に作った温泉の湯船のほうが多かった印象。
とはいえ、サイクリング後に汗を流せるのは嬉しい。
どうせ輪行だし、風呂上がりの一杯も楽しめるし。

食事処

館内の食事処は、「秩父湯台所」の1カ所だけ。
自分はレッドアローの時間を余裕をもって取ったからいいけど、
混んでいて、こちらで食事すると時間がかかるのでご注意を。
入口の名簿に名前を書いてから待つし、
食事が運ばれてくるのも、わりと時間がかかります。

わっぱ飯

食事類も「わっぱ飯」メインで、バリエーションは少なめ。

フードコート

サクっと食べて飲んでという人は、
退館してからフードコートを利用した方がいいと思われます。

そういえば、退館の時に、精算中に自転車を預けた事を言ったら、
バイトのさわやか男子君が、「玄関に出しておきます」と、
持ってきてきてくれました。
輪行袋を預けるの迷惑かなあと思ったけど、
気持ちよく汗を流す事が出来て、良かったです。

切符

さてさて、レッドアローで輪行する人に注意して欲しい事があります。
駅の窓口で、自転車を背もたれの後ろに置きたい事を告げ、
端っこの席を指定で取ってもらったのですが、ここに落とし穴が!
確かに、本来なら、車両の16の席は、最後尾なのです。
ところが…。

席

西武秩父線は、飯能駅でスイッチバックするので、
そこから前向きで池袋に向かうようにする為に、
西武秩父から飯能までは、このように後ろ向きで走って行くのです。
右に向かって走って行くのですよ。
え?自転車置く場所ないじゃん!
前に置いたら膝が窮屈だし、隣の人の迷惑にもなるし。
なので、16の席じゃなく、1の席の指定をとらなきゃいけなかったのです。
仕方ないので、デッキに邪魔にならないように置かせてもらいましたが。

リクライニング

本来なら、こうなる予定。
前に輪行した時は、16の席を取っていたら、
こうなっていたハズなんだけどなあ。
隣の人がMAX席を倒しても当たらないように収納出来ます。
ここを確保出来ればパーフェクトだったのに!

とは言いつつ、こういう失敗はおいしいネタで、
一つ前の記事の「うらほと」で、ご主人のpotereさんと話たのですが、
雨が降りそうでも、凍えそうになっても、全部ネタなんです。
ラジオで話すって事は、だいたい失敗談。
食べログで、失敗しないように3.5以上の店を選ぶ事は、
ネタにはならないんだよねえ。

当たりでもハズレでもネタになるのは、
予測不可能のチャレンジなんですよねー。
(放送作家的には)

Pocket
LINEで送る