℃-ute 中野サンプラザ。

サンプラザ

℃-uteの解散は、6月12日の「さいたまスーパーアリーナ」ですが、
℃-ute本来の魅力を堪能するなら、中野サンプラザだろうという事で、
江古田のハロプロ好き8人で、中野へ。

もちろん、解散コンサートも観たい。
でも、特別な演出で、しんみりとさせられるライブよりも、
大きなステージを一杯に使うために、
いつものフォーメーションを崩して、横一列になってしまうライブよりも、
5人の、いつものダンスが、ビジョンを通じなくても観られる
中野サンプラザのライブが、どうしても観たかったのです。

そして、中野を選んで正解でした。

アイドルヲタクじゃない人達が、
それでも、このアイドルいいねという場合って、
楽曲が良かったり、ビジュアルが良かったりと、聞くのだけど、
テレビやラジオ、パソコンやスマホで観ているから、
ライブの凄さという概念は、なかなかおわかり頂けない。

テレビカメラを通したライブって、定点で撮った物はほぼ無く
カメラ割りで、表情などを抜いていく映像がほとんどです。
歌割りじゃないメンバーは、映ることが少なく、
この瞬間、グループ全体がどうなっているのか、わかりません。

サッカーでボールを持っている人のアップだけが続いている状態です。
この間に、他のメンバーが、サイドを駆け上がったり、
相手DFを引きつけたりしてるのに、
そのチームプレイというのは、スタジアムでないと堪能出来ません。
特に、オシム監督の時は、連係プレイが一番の売りだったので、
スタジアムに行かないと、その凄さを堪能出来ませんでした。

カメラ割り無しで、さらに会場のビジョンの力を借りずに、
俯瞰で全体像を楽しめる、ライブ。
それを一番いい状態で堪能出来るのが中野サンプラザなのです。
5人の、一糸乱れるフォーメーションと、
精密機械のようなシンクロするダンス。
これを思う存分、楽しめました。

本人達も、今日の5人は無敵と言っていましたが、
なにか特殊部隊を観ているような、凄みがありました。

そして歌も、ライブ会場に足を運ばなければ、
本来の魅力を味わう事は出来ません。

仕事柄、いろんなライブを観てきましたが、
特に、アイドルのライブで気になるのが、ボーカルの音圧。
楽曲がいいアイドルって、いっぱいいるのだけど、
でも、歌はCDを聞いているような、
レベルが抑えられた音が、ほとんど。
音量を大きくしても、歌が前に出てこない。

でも、この日の℃-uteは、凄かった。
ハロプロの歌姫と呼ばれる、鈴木愛理が歌い上げる。
それに対し、ロックシンガーのような岡井千聖がシャウトする。
メチャメチャ歌の上手い二人が、
対抗するかのように、歌い上げて行くのです。

やはり、TVやDVD、CDではリミッターをかけられてしまう音圧が、
そのままの状態で、バンバン体に響いてきます。
まあ、思い入れたっぷりの精神的な意味もありますが、
物理的にも、歌が胸に響きました。

同行した友人も、「今日のライブは圧が凄かったね」と。

こんな凄いライブをするグループがいるのに、
もうすぐ観られなくなってしまうのかと思うと、せつない。
モーニング娘。OGが、結婚したり、子供を産んだりした後で、
ドリームモーニング娘。として、武道館に立ったように、
℃-uteも、アイドルという鎧を脱ぐことが出来た後で、
再結成して、大人の℃-uteが観てみたい。
あと、高橋愛リーダー期の、プラチナモーニング娘。も。

そんな淡い期待を抱きながら、今はこの余韻に浸ることにしよう。

解散のSSAは、スペシャルなライブになるだろうから、
今日の中野が、通常バージョンの完成形なんだろうなあ。
本当に凄いライブでした。
今まで観てきた℃-uteのライブの中で、一番でした。
ありがとうございました。

Pocket
LINEで送る