cafe arica(ときわ台)

arica

ときわ台にサイクルラックのあるカフェが出来たと情報を頂き、
さっそく行ってきました。
南口から線路に近い道を上板橋方面に向かい、
商店街が切れる所にお店はありました。
cafe arica

店内

この付近は、ちょっとさびれた感じの
居酒屋やスナックが立ち並ぶ一帯なんですが、
その中に突如として、オシャレなカフェが出現します。
夜は、飲めるダイニングという感じみたいです。
実は、一度前に来てみたのですが、
近所の奥様らしき人達で満席で、2度目の挑戦。

13時オープンだったので、きっかりに来たらまだ自分だけ。
今回は、セーフ。

炭酸水

セルフのお水は、フルーツが漬かった炭酸水で、
香りも口当たりも爽やか。

スリランカカレー

頂いたのはスリランカカレー700円と、
セットドリンクは200円引きになるので、
アイスラテ300円で、1000円ちょうど。

インドもタイも日本のカレーも周りに店があるので、
新たなに挑戦したという、スリランカカレー。

オイルや肉を使わず野菜とハーブ中心で、
お米も極細のインディカ米なので、
どっしりというライスという感じではありません。
カレーというより、サラダを頂いているような感覚。

境目を混ぜながら食べてくださいとの事で、
崩しながら頂くと、後味がスパイシー。
ルーという感じよりはドライカレーの感覚に近いですが、
確かにカレーです。
夏の食欲のない時なんかにピッタリのメニューです。

■カフェ アリカ (Cafe arica)
■東京都板橋区南常盤台2-3-12
■営業:13:00〜22:00
■定休日:不定休
場所はこのへん
お店のfacebook

ケストレル

ところで、バイクラックにあるこの自転車を見て、
ピンと来た人は、かなりの自転車好きですね。

ピンと来た人の為に、ここからはマニアックな話を。

こちらはご主人のバイクなんですが、
トライアストンで一世を風靡したケストレル500。
ご主人は、トライアストンをやっているので、
サイクルラックを置きたいと作ったのだです。
こちらのケストレルは、ハンドルをフラットに換装しているので、
競技用からの役目を終えて、街乗り用にされたのでしょうね。

ケストレル

この自転車は、ちょっと変わっていて、
ご覧の通り、シートポストがありません。
このバイクのデビューは、1992年なのですが、
風洞実験で、シートポストが無い方が優位である事が証明され、
多くのトライアスリートがこのバイクに乗るようになり、
一世を風靡しました。

かつてはロータスとか、
こんな感じの斬新なデザインのバイクが
タイムトライアルなどで、人気でしたが、
UCIの規定変更で使えないようになり、
管轄外のトライアスロンの世界で生き延びてきました。

単体の写真ではわからないと思いますが、
ロードバイクより一回り小さく、
一瞬、子供用?と思ってしまいました。
というのも、タイヤが650Cという今では珍しい規格。

最近では、700Cが標準になってしまったのですが、
これは大柄な欧米人を標準にした規格。
たぶん最低身長が、160ぐらいの設定。
ロードバイク女子が増えた日本では、
700CだとXXSサイズでも大きいという小柄女子は、
ミキストぐらいダウンチューブに角度をつけた
スローピングフレームに乗っている人多いですね。

その辺の苦労を面白おかしく書いたブログ
「あ、はい。安かったんで。」
小柄な女子でロードバイクを始めたい人は、
こちらを読んでみたらどうでしょうか?
じわじわ笑いがこみ上げてきます。

さて、マンガ好きの方で、お気づきの方いらっしゃいますでしょうか?
はい、こちらのケストレル500は、
マンガ「のりりん」で、主人の女性織田輪が乗っているバイクです。

女性が乗っていると、ライトウエイトスポーツカーのような、
カッコ良さがありますね。
マンガ読み返そうっと。

Pocket
LINEで送る

ラ・パレット(ときわ台)

ときわ台

桜の季節だったので、フラフラと自転車で走り回りました。
何か名所っぽい場所じゃなく、住宅街の中に大きな木が一本あるとか、
そんな桜を探して、ウロウロと。

で、たどり着いたのは、東武東上線のときわ台のロータリー。
勝手に桜が咲いてそうだと想像していたのだけど、ここはケヤキでした。
どちらかというと秋の名所ですね。

ラ・パレット

なのでとりあえず、一休みという感じでお店へ。
そのロータリーからすぐの所にあるのが、「ラ・パレット」。
1階もカフェっぽいですが、1階はお菓子屋さん。

階段

お店は、お菓子屋さんの脇の階段からあがった2階にあります。

店内

店内は想像していたよりも広く、白系でまとめられたインテリアで、
スッキリした印象。
この後ろ側が低いソファー席でで、ご近所のお子様連れの奥様達が。
お店の方とは顔見知りらしく、談笑する姿も。
地元の常連さん達に愛されているお店のようでした。

お店としてはカフェと喫茶の中間みたいな感じでしょうか?

グリーンカレー

この日のランチは、グリーンカレーのセット、800円。
お子様連れのお客さんが多かったので、マイルド系かと思いましたが、
しっかりとスパイシー。
大人も楽しめる味でした。

■ラ・パレット(La Palette)
■東京都板橋区常盤台2-6-2 池田ビル 2F
■営業:9:00~20:00
■定休日:無休
場所はこのへん

幼稚園

ときわ台の駅から入った住宅街をウロウロしている時に見つけたのが、
幼稚園の庭に咲く桜。
こういうのです!見つけたかったのは!

トイデジのNeinGrenze 5000Tで撮影。

桜っていうと卒業のイメージですが、
うちの田舎、岩手県の宮古市では、ゴールデンウイーク前の頃が見頃でした。
初めての遠足で、通称桜山といわれる臼杵山に行った記憶があります。
こんな感じの幼稚園に通っている頃だったかな。

近所に、何かの社宅があって、そこに二人の「よしこ」ちゃんが住んでいました。
幼稚園では、よく3人で遊んでいる事がありました。
逆「タッチ」状態ですわ。
思い出は完全に美化されているので、
美人度が記憶の中でデフォルメされているのですが、
でも、二人とも可愛いコというので評判だった事は間違いありません。

二人は小学校の途中でどちらも転校してしまうのだけど、
片方が、ファーストキスの相手。
たぶん小学校の3年生の時だったと思う。
放課後に教卓の中に隠れてキスしたんだよなあ。

確か、好きという感情でしたというよりも、
子供なりに、キスするとどうにかなる的な都市伝説があって、
実験してみよう…みたいな感じだったと思う。

幼稚園の桜を見ていたら、そんな事を思い出してしまいました。
思い出しませんか?そういう事。

キスするとどうなるって話だったのか、その都市伝説は思い出せないですけどね。

Pocket
LINEで送る