ミルククラウン・カフェ(中野)

ミルククラウンカフェ

※このお店は閉店しました。

ここのところ自転車ネタが続いていましたが…
おまたせしました!今回は、こちらも人気の高い、メルヘンカフェ潜入シリーズです!

中野のマルイの裏手にしょっとした飲食街があるのですが、
そこからさらに住宅街に入った所に、今回のカフェがあります。
「ミルククラウンカフェ」。

お店のサイトには、

「MILK CROWN」は「少女の心を持った大人の女性のために」
「女の子の夢のお部屋」「不思議なカフェギャラリー」
がコンセプトのカフェギャラリーです。

どうです?
これだけで、男一人にはハードル高くないですか?

僕も、正直一瞬躊躇しました。
でも、中野って個性的なお店が多いようなイメージですが、
実はチェーン店が多く、カフェに至っては高円寺ほどバリエーションがありません。
となると、やはりここは押さえておきたいなと、行ってみる事にしました。

看板

女のコの夢のお部屋というと、お隣り高円寺のハティフナットみたいな
「プリンのかくれんぼ」的、口に出して注文しにくい日本語というかメニューというか、
ハードルが高いのかなと思ったら、割とシンプル。
ちょっと、ホッとしました。

スコーンセット

残念ながら店内は撮影禁止。
テーブルの上のみOKという許可を頂き、注文の品だけは撮れました。
スコーンのフルーツサンドセット、900円。

店内は撮れなかったのですが、それをイメージさせるのは、
まずはコーヒーカップ。
壁の色がこのコーヒーカップのようなくすんだ赤。
そしてクローバーの砂糖入れが乗っている金色の装飾品が施されたトレイ。
これが、いろんなインテリアのイメージ。
これらを組み合わせて、ドールハウスをつくりました的な感じなのです。

でもゴスロリというのとは、また違うな…。
そうだ!ショコタンこと中川翔子さんがいそうな感じ。

キモイけど何故か可愛く感じる「キモカワ」という言葉がありますが、
可愛いけど、ちょっと不気味な「カワブキ」って感じかなあ。
悪い意味ではなく、ホーンテッドマンション的な洋館というか、
ショコタンはあんなに可愛いのに、ちょっと楳図かずおチックというか。
あるでしょ、ドールハウスとかアンティークのフランス人形には
そんな「カワブキ」というか「ブキかわ」という妖しげな一面が。

フルーツサンド

最初、女の園に男が一人で乗り込むという事で不安だったのですが、
お店の方は、とっても親切でホッとしました。
お店は姉妹でやっているらしいのですが、
二人ともベレー帽をかぶっていて、ショコタン的雰囲気を持ち合わせています。

店内にはワルツをベースとした、ちょっと不思議な音楽がかかっていたので、
お店の方に誰の曲か聞いてみると、
「お友達に勧められたCDなんです」と、ジャケットを見せてくれました。

コシミハルじゃん。懐かしい。
ニューウェイブテクノみたいな感じだったけど、
こんな演劇チックになってたんですねー。

店内にかかっていた曲をイメージさせるのはこんなの。

なんか店内写真じゃなく、他のものでイメージさせるって難しいね。

※このお店は閉店しました。

■MILK CROWN CAFE (ミルククラウンカフェ)
■東京都中野区中野3-40-31 スカイテル21-101
■営業:12:00~21:00
■定休日:通常木曜の不定休
場所はこのへん

花屋

お店を出たら、花屋さんがあったのだけど、
こちらのお店が、カフェの店内の花を飾っているそうです。
どうです?少しはイメージ湧きました?

Pocket
LINEで送る

ウナ・カメラ・リーベラ(中野)

中野南口

映画やドラマを観ていると、良く出てくる風景というのがあります。
中野南口のこの線路際もその1つ。
後ろにそびえる黒いビルのNTTドコモ中野ビルの位置と、
黄色いラインの総武線の車両で、すぐに場所が特定出来ます。

電車の色で何線か判定出来るというのが、プチ鉄っちゃんっぽい。

こうして見るとオシャレタウンのようでもあり…。

線路沿い

さらに駅方面に寄ると、かつて表参道にあった同潤会アパートのような佇まいで、
都会の片隅に残った昭和な雰囲気も出せる。
カメラの切り取り方によって、セットチェンジのように雰囲気が変えられるのも
ロケ地としては、とっても便利なんでしょうね。

ウナ・カメラ・リーベラ

さて、今回はその通りから一本住宅街に入った所にある
「ウナ・カメラ・リーベラ」というお店へ。
マンションの1階を改装した、古民家というよりは古マンションカフェです。

銅像

向かいには、中野区勤労福祉会館があるのだけど、駐輪場には、こんな銅像が。
「母と子の平和」というタイトルなのだそうだけど、
もし台詞をつけるとしたら「あーあ、やっぱウチが一番!」とかどうでしょう?
旅行帰りの母親が見せるポーズに似てる気がします。

店内

お店の方は、まさにマンションの1階をそのまま利用という感じで、
玄関ではなく、庭側の窓から靴を脱いであがります。

こちらは、同じく中野の北口にある「カルマ」と経営母体は同じ。
こちらが違うのは、各曜日別に、スタッフやメニュー構成、素材などが異なる
独特のシステムという事。
早い話、場所貸しで、日替わりでお店が変わるというと、わかりやすいかもね。
ここでカフェの実地勉強をして、それから自分のお店を持つという人も多いみたい。

僕が行ったのは土曜日で「cafe はなれ」というのを営業してる時でした。
お婆ちゃんに教わったような味を残していきたいというのが、
コンセプトのお店でした。

ジンジャーソイミルク

食事後だったので、頂いたのは、はちみつジンジャーソイ400円。

よく女性の体を温めるメニューとして、
ジンジャーソイミルクというのがあるけれど、あちらはホットが定番。
こちらはその、ジンジャー+ソイミルク+砂糖の、砂糖をはちみつに変えて
アイスで飲むというもの。

味は乳酸菌が入っていないマミーみたいな感じ。
ジンジャーの辛みも抑えられているけど、甘過ぎもせず、でも優しい味です。

お店には、いろんなアートのフライヤーが置かれているのですが、
お客さんは、割と若い人が多く、各テーブルでは芝居だとか音楽だとか、
自分たちがやっている物の話しをしています。
時折「まだ食えないけど、いつかは」的なフレーズが飛び交うので、
きっと夢の途中なんでしょう。

でも、貧乏でも可能性にみちか空気が漂っている訳ですよ。
まずは夢を語っている人達が、みんな若いってのが一番なんだけど。

僕もこういう時期あったなあ。
「モテキ」という映画が公開されていますけど、
僕の最大のモテキは、放送作家見習いの極貧生活の頃だったと思います。

まだ東北出身者の、のんびりとした性格がぬけず、
業界の諸先輩方に「のんびりしすぎ」「ボーっとするな」と叱られている時分。
事務所の先輩についてテレビ局まわりをして、雑用、使いっ走りをしてるのだけど
原稿はまだ書かせて貰えなくて、ほとんどノーギャラに近い状態。
まだ、バイトの方がメインでした。

それでも雑用をこなすウチに徐々に顔を覚えて貰い、
調べ物だとか、小っちゃいコーナーを任せて貰うようになっていきました。

当時同じような境遇のADとか、スタイリストやヘアメイクの卵だとか、
番組のアシスタントガール、歌手のバックダンサーとか、
番組収録の合間に、前室と呼ばれる控え室で話しをするようになって、
安居酒屋に飲みに行って、夢を語ってたりしました。

当時は夢を語っていい年だったし、照れずにストレートに語ってたもんなあ。
まあ、まわりの女子達も、同じように夢を追っている人ばっかりだったしね。

きっとこのお店で夢を語っている男女は、あの頃の自分なのかもしれません。
だから何だか懐かしい気分になったのかも。
ここのお店の人達も、いつか自分のお店を持ちたいと夢を持っている人達だもんね。

もし、このお店であの頃のボクに会えたら、こう言ってやりたい。
「この後、ちょっと売れるけどさ。天狗になるな。
 いい気になってると、ちょっとひんしゅく買うぞ!
 そこから立て直すの、結構、大変だったんだぞ」

あの頃のボクは、聞く耳もってくれるんでしょうか?

そういうアドバイス、誰かに貰った気がするのだけど、
もしかして、あれは今の僕からの声だったのででしょうか?

■ウナ・カメラ・リーベラ (una camera livera)
■東京都中野区中野2-12-5 メゾンリラ101
■営業:12:00~20:30
■定休日:月曜
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る