オルタネイティブ・カフェ(中野)

オルタネイティブカフェ

※こちらのお店は閉店しました。

中野の早稲田通り。
中野ブロードウェイよりもう少し大久保寄りに行った左手にあるのが
オルタネイティブ・カフェ。

alternativeは音楽だと「オルタナティブ」などと言われたりします。
英語では、「もう1つの選択、代わりとなる、異質な、型にはまらない」
…という意味。
当初はメタル以外のロックをオルタナと呼んでいたのですが、
そのうち色んなジャンルが乱立し、どれがオルタナだかはっきりしなくなりました。
それでも代表をあげるとすると、ニルヴァーナやレッチリあたりでしょうか?

さてさて、こちらのお店はどういう意味でのオルタナなんでしょうか?
と思いつつ、ドアに手を伸ばしました。

その前に、ご注意。
OPENと書かれている所にドアの取っ手があるのですが、
このガラス戸は、この面と左隣の面で観音開きになっているので、
普通とは逆の開き方をします。
通常は、OPENと書かれたドアの右端を押してしまうと思うのですが、
ここでは左端を押して開きます。
無意識に、皆、右側に手を伸ばし、
「あれ?開かない」と戸惑っている人、結構いました。

店内

店内に入って思ったのは、「あれ?中野っぽくない」という事。
中野ってどこかサブカルの匂いのするお店が多いのですが、
白を基調としたお店は、どちらかと言えば、スタイリッシュ。
洗練されています。

中野っぽくない中野という事で、alternativeなんでしょうか?
勝手な想像で真相はわからないですけど。

カウンター

カウンター席には電源があり、wi-fiも使えます。
なのでノートパソコンを持ち込んで、勉強している大学生がいました。
しかもストリーミングで講義の映像を見てる。
こんなのが普通なんて、すごい時代になったもんですね。

中野というとマン喫というイメージですが、
こういうオシャレな感じでネットを使うのも、また新たなスタイル。
alternativeって感じじゃないですか?

スコーン

クルミとドライフルーツのマクロビオティックスコーン、500円。
カプチーノ500円。

スコーンは、牛乳、卵、バター、砂糖を不使用。
でもメイプルが皿に添えられているので、甘さは十分だし、
自然の香ばしさが感じられるので、満足出来ます。
これを頂くと、そもそも牛乳、卵、バター、砂糖はいらないんじゃないかと思ったり。

今度は、ランチも頂いてみたいです。

中野のカフェで、カルマがサブカルの匂いのする中野っぽさに対し、
スタイリッシュな中野というのが、こちらのオルタネイティブカフェだと思いました。
どちらも好きですけどね。

※こちらのお店は閉店しました

■オルタネイティブカフェ(alternative cafe)
■東京都中野区新井1-3–3カーサ巴102号
■営業:11:30〜24:00
■定休日:月曜
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

“オルタネイティブ・カフェ(中野)” への1件の返信

  1. ご紹介ありがとうございます。
    オルタネィティブカフェの店長の青木と申します。
    一時、閉店しておりましたが、昨年12月より、ギターショップ兼ライブカフェとして営業しております。
    (ただ、以前とは違い、飲食をメインとはしておりませんが)
    どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*