喫茶アンデス(練馬)

アンデス

練馬のジムに通っているので、練馬には良く行くのですが、
駅前にありながら行ってなかったお店、喫茶アンデス。

店内

マンキツではないのですが、店内にはマンガが沢山。
というか、昭和な喫茶店では、マンガが沢山ある事を売り物にしていたお店、
結構ありました。
こちらは、マンガだけじゃなく、小説なんかも置いてあります。

活字な読書カフェが高円寺のアール座読書館だとしたら、
何でもあり系の読書カフェがこちら。

マンキツって、何かを読みたくていくケースが多かったりするのだけど、
こういうお店は、ある物から気になったものを探し、
意外な出会いがあるのが、いいところだと思います。

漫画が多い喫茶店ですが、漫画家も通う喫茶店でもあります。
あの「あだち充」さんの漫画には西武池袋線がよく登場しますが、
ここのお店にもよく通っているそうです。
タッチの浅倉南の実家「南風」のナポリタンは、ここがモデルという説もあります、

メニュー

ナポリタンも食べてみたかったのですが、
メニューで気になったのは、左の下から二番目の「日焼けパフェ」。

想像するに、チョコレートパフェも、モカパフェも、チョコ系のパフェでしょ。
日焼けだから、茶色系の想像は出来るけど、なんなんだろう?
香ばしく焼けたコーンが刺さっているのとか?

パフェ

日焼けパフェは、450円。
出てきたら、意外に普通。
チョコレートアイスにチョコレートソースのかかったもの。
となると、逆にチョコレートパフェと、モカパフェがみてみたくなりますね。

次はやっぱナポリタンかな?

■喫茶アンデス
■東京都練馬区豊玉北5-17-9
■営業:7:00~22:00
■定休日:日曜日
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

おかずやカフェ(練馬)

おかずやカフェ

また、ちょっと面白いお店を見つけました。
一軒家というか、一軒家のガレージを改装したカフェです。
西武池袋線の練馬と、西武新宿線の野方のちょうど中間ぐらい。
商店街もなにもない、ただただ住宅地の広がる中、そのお店はありました。
「おかずやカフェ」です。

軽自動車の止まっている、後ろのガレージがお店。
自動車の左の階段を昇って中二階へ。

元々なにかの事務所だったんじゃないか?という感じで
カフェ風の内装ではなく、若干殺風景。
ワンルームぐらいのスペースの半分ぐらいをキッチンがしめ、
客席はカウンターのみ。

事務所でまかない食べてるような雰囲気なんだけど、
僕の個人的な意見でいうと、それが逆に良かったんですよ。

看板

この日のランチはこんな感じ。
最初は塩さばをお願いしようと思ったのですが、
ちょうど僕の前で終わって、みりん干しになるという事だったので、
どうせならと、1000円のコースにしてみました。

ランチコース

オープンキッチンなのだけど、目の前でさっと作って、さっと出してくれます。
非常に家庭的なラインナップ。

右上のクリームチーズのふき味噌添えは、
ふきのとうが穫れたので、作ってみたとの事。
ほろ苦いふきのとうが、味噌で和えることでまろやかになり、
さらにクリームチーズに塩分が加わる事で、両方の良さが引き立っています。
ワインかな?日本酒かな?
どちらにしろ、酒が飲みたくなる味です。

その隣りの「いりどり」も味がしみてて、これまた酒を飲みたくなる味。

御飯を頂きながら、「よくここを見つけたわね」という話しになったので、
実は自転車で、いろいろ散策し、カフェめぐりしているという話しを。

そこから散策系の話しがはずみ、お互いに「ブラタモリ」が好きな事が発覚。
「東京は実は坂が多いから自転車は大変でしょ」
「そうですね、意外と文京区、本郷とか椿山荘のあたりとか坂がキツイです」
「あの辺は関東ローム層があるからねえ」

まさか、奧さんと関東ローム層で盛り上がるとは思いませんでした。
その後も、地名の由来トークとか、ブラタモリ的な話しで盛り上がり。
会話しながらの食事って、なんだか下宿屋さんっぽい。
でも楽しい。

こちらでは、月に2回、このお店の前で、
おかずやカフェの「手作り総菜」
大泉・加藤農園の「こだわりの低農薬野菜」
つくりっこの家の「焼き菓子」
など、小さな市を開くそうです。
ちなみに、3月は9日と、23日の金曜日。

「また、遊びに来てね」とお母さん。
はいはい!遊びに来ますよ〜。

■おかずやカフェ
■東京都練馬区豊玉南3-15-9
■営業:11:00~15:00
■定休日:火木
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ