ワイズマンコーヒー(武蔵小金井)

名栗川

飯能の古民家レストラン「ぽれぽれ」に行った後は、
山伏峠を越えて、秩父側の横瀬のカフェに行く予定でした。
ところが、店を出たら、雨がポツポツ来てる…。
名栗方面から戻って来たローディーが、
背中のリュックにレインカバーをつけていました。

え?今日曇り予報だけど、雨降るの?と、
雨雲レーダーをチェックしてみると、
有間峠と、正丸峠の山頂付近にゲリラ豪雨があり、
その二つに挟まれた名栗地区にも、雨が…。
これは引き返した方がいいかなあ、思っていると、
目の前を猛スピードで飯能方面に
ローディー達が次々に引き返して行くではないですか!

まずは少し戻るか…と、飯能方面に。
ポツポツを感じなくなったので、
雨雲レーダーをチェックしようとしている間に、ポツポツ。
雨が追いついてきます。
飯能から輪行したのでは走り足りないので、
多摩湖方面に行ってみる事にしました。

多摩湖

多摩湖は、時折晴れ間も見える曇り。
8月に入って、天気が安定しないですが、
関東一面が雨という事は少なく、
ゲリラ豪雨が移動していくという感じですよね。
なので、雨雲の動きを読めば、サイクリングも出来ない事はありません。
降っているのは、ほんの一部だから。

なんか雨雲をスマホでチェックしながら、逃げ回るこの感じ。
パックマンとか、なんかそんなゲームをしている気分です。

多摩湖で休憩しながら、思い出しました。
そういえばインスタで、小金井にサイクルラックのある、コーヒースタンド
写真が流れてきてたなあ。

武蔵小金井

で、小金井方面に向かいました。

看板

小金井の住宅街の中にひっそりとあるので、
わかりにくいらしく、曲がり角にはこんな看板も。

ワイズマンコーヒー

そして、こちらがサイクルラックのあるコーヒースタンド
「WISE MAN COFFEE」
まだサイクルラック利用者が少ないのか、
店側にピッタリ設置してあるので、ロードバイクを止められず、
脇に寄りかかるように止めました。
コレ、使うとき、少し引っ張り出してもいいのかなあ。

カウンター

入口脇のカウンターで、アイスラテを注文して席に。
大混雑という訳でもなく、ゆったりと時が流れる感じなので、
出来たら席まで持ってきてくれるようです。

テラス

テラス席もあって、こちらはペット連れでも大丈夫。
一般のお客さんで店内が賑わっている時、
自転車乗りは、汗の臭いもあるので外がいいかもですね。

アイスラテ

頂いたのは、アイスラテ、350円。
安いですねえ。
サンドイッチ系もあるし、日曜は7時から営業なので、
奥多摩方面ライド前の、補給とかいいかもね。

下井草のサンドイッチ店カリーナが、イートイン出来た時代は、
ライド前に朝カフェで、補給してから多磨方面に向かってたの、
ちょっと思い出しました。

■ワイズマンコーヒー (WISE MAN COFFEE)
■東京都小金井市前原町1-14-3
■営業:
10:00~18:00(火〜金)
7:00~18:00(日)
■定休日:月土
場所はこのへん
オフィシャルサイト

Pocket
LINEで送る

cafe arica(ときわ台)

arica

ときわ台にサイクルラックのあるカフェが出来たと情報を頂き、
さっそく行ってきました。
南口から線路に近い道を上板橋方面に向かい、
商店街が切れる所にお店はありました。
cafe arica

店内

この付近は、ちょっとさびれた感じの
居酒屋やスナックが立ち並ぶ一帯なんですが、
その中に突如として、オシャレなカフェが出現します。
夜は、飲めるダイニングという感じみたいです。
実は、一度前に来てみたのですが、
近所の奥様らしき人達で満席で、2度目の挑戦。

13時オープンだったので、きっかりに来たらまだ自分だけ。
今回は、セーフ。

炭酸水

セルフのお水は、フルーツが漬かった炭酸水で、
香りも口当たりも爽やか。

スリランカカレー

頂いたのはスリランカカレー700円と、
セットドリンクは200円引きになるので、
アイスラテ300円で、1000円ちょうど。

インドもタイも日本のカレーも周りに店があるので、
新たなに挑戦したという、スリランカカレー。

オイルや肉を使わず野菜とハーブ中心で、
お米も極細のインディカ米なので、
どっしりというライスという感じではありません。
カレーというより、サラダを頂いているような感覚。

境目を混ぜながら食べてくださいとの事で、
崩しながら頂くと、後味がスパイシー。
ルーという感じよりはドライカレーの感覚に近いですが、
確かにカレーです。
夏の食欲のない時なんかにピッタリのメニューです。

■カフェ アリカ (Cafe arica)
■東京都板橋区南常盤台2-3-12
■営業:13:00〜22:00
■定休日:不定休
場所はこのへん
お店のfacebook

ケストレル

ところで、バイクラックにあるこの自転車を見て、
ピンと来た人は、かなりの自転車好きですね。

ピンと来た人の為に、ここからはマニアックな話を。

こちらはご主人のバイクなんですが、
トライアストンで一世を風靡したケストレル500。
ご主人は、トライアストンをやっているので、
サイクルラックを置きたいと作ったのだです。
こちらのケストレルは、ハンドルをフラットに換装しているので、
競技用からの役目を終えて、街乗り用にされたのでしょうね。

ケストレル

この自転車は、ちょっと変わっていて、
ご覧の通り、シートポストがありません。
このバイクのデビューは、1992年なのですが、
風洞実験で、シートポストが無い方が優位である事が証明され、
多くのトライアスリートがこのバイクに乗るようになり、
一世を風靡しました。

かつてはロータスとか、
こんな感じの斬新なデザインのバイクが
タイムトライアルなどで、人気でしたが、
UCIの規定変更で使えないようになり、
管轄外のトライアスロンの世界で生き延びてきました。

単体の写真ではわからないと思いますが、
ロードバイクより一回り小さく、
一瞬、子供用?と思ってしまいました。
というのも、タイヤが650Cという今では珍しい規格。

最近では、700Cが標準になってしまったのですが、
これは大柄な欧米人を標準にした規格。
たぶん最低身長が、160ぐらいの設定。
ロードバイク女子が増えた日本では、
700CだとXXSサイズでも大きいという小柄女子は、
ミキストぐらいダウンチューブに角度をつけた
スローピングフレームに乗っている人多いですね。

その辺の苦労を面白おかしく書いたブログ
「あ、はい。安かったんで。」
小柄な女子でロードバイクを始めたい人は、
こちらを読んでみたらどうでしょうか?
じわじわ笑いがこみ上げてきます。

さて、マンガ好きの方で、お気づきの方いらっしゃいますでしょうか?
はい、こちらのケストレル500は、
マンガ「のりりん」で、主人の女性織田輪が乗っているバイクです。

女性が乗っていると、ライトウエイトスポーツカーのような、
カッコ良さがありますね。
マンガ読み返そうっと。

Pocket
LINEで送る