ゆずの庄(飯能)

飯能

二週連続で飯能へ。
梅雨明けした途端、直射日光が刺すように暑いです。
そこで、山際の裏道を使って木陰を走る事にしました。
割岩橋を渡って対岸に。
この橋は車は通行出来ませんが、自転車はOKです。

飯能河原

下に見えるのは飯能河原。
この日は、まだ早い時間だったので人出は少ないですが、
ボチボチとバーベキューや水遊びをする人たちが集まってきていました。
飯能河原は、予約不要で、無料。
直火はダメですが、BBQセットなら火気使用可能。
しかも駅から徒歩15分。
…てな話を帰ってから西武線沿いの友人達にしたら、
8月にでもBBQやろうという事に。

飯能の駅前で自転車組み立てていると、
スイカだのお酒だの抱えた人たちが、徒歩で河原に向かうんですよね。
駅から徒歩15分で、この自然は穴場でしょ。

裏道

名栗に向かう県道70号線は、直射日光をもろに浴びるのですが、
入間川を挟んだ対岸を並行して走るこの裏道は、
木陰の中を走るので、空気がひんやり。
結構涼しいです。

名栗川

原市場のセブンイレブンの所を右折して、倉掛峠を目指します。
入間川の景色がのどかでいいですね。
この辺は観光というより地元の人々の川遊びの場所です。

倉掛峠

さて、原市場側からの倉掛峠。
ガーミンの斜度で10%オーバーの、時折14%。
でも距離が短いので、焦らずマイペースで。

山道

中藤方面へ。
こちらは平坦に見えますが、ゆるかやな登りです。

ゆずの庄

ほどなくして、今回の目的地の一つ、「ゆずの庄」へ。
これで、この付近一帯のサイクリスト御用達のお店は制覇でしょうか?
手打ちうどんのお店ですが、名水コーヒーとワッフルのセットもあります。

看板

ヒルクライマーにとってのボスキャラ、子の権現を控えるだけあって、
サイクルリストも多く、バイクラックも完備しています。

バイクラック

バイクラックはテラス席のすぐ脇にあります。
以前は別の場所だったのですが、自転車の盗難の話を聞いて、
だったら店内見えるところが安心ねと、この場所になったのだそうです。

この日の先客は、同じくRIDLEYのFENIX乗り。
2013年の限定カラーの黒×赤。
自分のも2013年限定のロットベリソルカラー。

庭

窓際の左手の席に座れば、直でバイクラックが見えます。

肉汁うどん

肉汁と、ゴマとどっちにしよう。
どっちも旨そうだ。

いただいたのは、迷ったあげく定番の肉汁うどん、730円。
腰があり歯ごたえのある、手打ちの武蔵野うどん。
固めの麺が自分好みだわー。
汁は少し辛めだけど、汗をかいているから塩分補給にちょうどいい。
ペロっと行ってしまいました。

コーヒー

これサービス!と女将さんがコーヒーを。

食後の一服をしながら、お隣のリドレー乗りの方に、
「どちらに行かれて来たんですか?」
と、訪ねると
「仁田山を登って、その後、竹寺も登って来ました」

「僕は今から竹寺なんです」
「ああ、残り500mの看板が見えてからがキツいですよ」

と、ヒルクライム談義。
そして、実は同じフェニックス乗りだと伝えると、
ツールドフランスのグライペルの話に。

「最後の最後に勝てて良かったですよね」

近所でも仕事場でも通じない、ロットのトレインとグライペルの話を
この山奥で熱く語り合う。
なんか不思議な感覚です。

その方も先週、仁田山を登り竹寺も行こうか迷い、パスしたので、
今週、竹寺リベンジだとか。
奇遇ですね。

人見知りのクセに、山に来ると、どうしてこんなに積極的に話しかけてるんだろう。
でも連絡先とか聞かないのもいいのかと思う。
「また、どこかの峠でお会いしましょう」
一期一会な感じで。

いろいろと親切にしていただいた女将さん。
帰りに、スタンプカードを貰ってほしいと懇願されました。
1か月以内に来店すると、100円引き。
スタンプが20個溜まると、好きなうどんがサービスに。

「それまでに潰れたらごめんなさいね」

と、ゆずの庄ギャグなんでしょうか?
いいキャラで話し好きの女将さんでした。

子の権現や竹寺を制覇した方!
ゆずの庄で、うどんいかがですか?

■ゆずの庄
■埼玉県飯能市大字南801
■営業:11:00~15:00
■定休日:火・水
(冬季はは、12月後半から3月頭まで冬休み)
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る

仁田山峠ヒルクライム

交差点

一度獲得したヒルクラスキルが、サボった2年間で0になっていたので、
絶賛リハビリライド中なのですが、
今回は、飯能の名栗から登る仁田山峠に挑戦する事に。

鳥居観音から名栗湖方面に向かう途中に、浅岡屋商店があります。
そこを左折(飯能方面からは右折)して、仁田山峠の入り口へ。

入り口

名栗側から仁田山峠を登った人のブログを読むと、
どの人も、出だしが一番キツいと書いています。
実際に、この写真の先の、道の見えなくなったところから、
10%オーバーの坂が続きす。
自分のガーミンでは、14%と表示されていました。
14%って有間ダムに行く手前の、坂のキツいところぐらいじゃないですか。

ただ、600〜700mで一旦斜度が落ち着くとの情報も手に入れていたので、
ひたすら我慢。

桜並木

仁田山峠は春は桜の名所と言われているのですが、
最初のつづら折りから、5%ぐらいに斜度が収まったところが桜並木。
来年こそサボらず、まだ少し寒い春先からヒルクライムしよう。

つづら折り

最初の1㎞ぐらい、一つのつづら折りで、このぐらい登って来た事になります。

名栗方面

本来なら向こうに見える山に鳥居観音が見えるそうなんですが、
足つきしたくないので、じっくり景色を見ている訳にはいきません。
なので、ポケットからカメラをさっと出して、
片手で当てずっぽう気味にパチリ。
案の定、観音様は写っていませんでした。

この先、左カーブしたあたりに「コア山」という石碑があるのですが、
そこが一番斜度がきつい付近だったので、写真撮れず。

でも「コア山」って何だ?と、のぼりながら気になっていました。
家に帰って来てからいろいろ検索したのですが、
サイクリスト達は、同様の疑問を投げかけるばかり。
答えが書いていない!

でも、そこは物書きの習性で、検索ワードを色々変えながら調べてみると、
こちらのブログの記事で、ついに判明しました!

有間ダム建設の時に、ここから資材を調達して、
それをコア材と呼んでいたために、
地元民がこの辺りをコア山と呼ぶようになったそうです。
コア山は特定のピークを指す名称ではないようで、
資材採掘場の名称のようです。

この文言は石碑の裏面に説明が書かれているそうです。
ドラクエみたいに、正面からだけではなく、裏面にも気をつけないと
お宝は発見できないという事ですね。

ヒルクライムだと、足つきをしたくないから、裏面までは見に行けないもんね。
帰りのダウンヒルの時にでも、チェックしてみるようにします。

一旦斜度15%とかを体験してしまうと、
10%が、7%ぐらいにしか感じないという、斜度感覚の麻痺がやってきます。
これ、ヒルクライムあるある!
あれ?見た目より前に進まない…と苦戦しながら
ガーミンをみれば、斜度は10%。
ふんばりながら、前へ前へ。

仁田山

すると、視界に「仁田山峠」の文字が!
え?峠の標識って、こんな手作り感満載のコレ?
ここってホントに公式峠?と疑いつつも、
峠で写真を撮りたいのを口実に、足をつきます。

やったー!とりあえず、ここまでは足つきなしだぞ!

仁田山

このビニールのパウチみたいなのと、マジックの殴り書きが、仁田山峠の目印。
もうちょっと、なんとかならないのかなあ。

さて、峠を無事クリアしたものの、
ここからは坂を下ったかと思うと、また登り、
どこのが頂上だかわからない、頂上詐欺が連発!

のぼり

しかも明らかに仁田山峠より高いところへ向かっています。

のぼり

はっ?結構斜度があります。
頂上詐欺が続いた後に、さらにドーンと登りが見えて、
かなり登る予感がしつつも、その先が見えないと、
未知のものに対する絶望感に襲われます。

見晴らし

それでも我慢して登っていくと、パッと眺望が開けました。
ヒルクライムでいう、ご褒美写真タイム!
こういう登って来た事を実感できる景色は、本当にご褒美です。

山伏峠とか天目指峠とか、山頂の眺望が無いので、
達成感が「なんだかなあ」という感じですもんね。

見晴らし

地図上では海辺のルートでも、実際は防風林があったりして、
海を眺めながら走れるコースというのは、そうそう無いのですが、
山でもこのように眺望を楽しみながら走れるコースというのは、ほんの一部。

ヒルクライムは、そのほとんどが景色の見えない森の中を走り、
もう終わり?と思っても、次々に現れるつづら折りに心を折られるので、
やっとの思いでたどり着いた頂上で、こういう景色が待ってくれていると、
登りの苦労が吹き飛びますね。

仕事でも何でも、達成とご褒美って、モチベーションの維持につながります。
が、仕事になると、出来て当たり前…になりがちですよね。
そこがなあ。

竹寺

山頂らしき所を超えたあとは、慎重にダウンヒル。
時々、路面に小さな落石があったりするので、乗り上げてのパンク回避。

坂を下りきると二叉になっていて、一方が竹寺への登りに。
2㎞か…。
行ってみるかとも思ったけど、竹寺への道も斜度がキツいらしいので、
今度にとっておきましょう。

子の権現

さらに下ると、飯能最強、いや関東でも屈指の激坂、
子の権現への分岐があります。
斜度30%ちかくあるというボスキャラ。
こっちに挑戦出来るのは、いつのことでしょう?

勢いで行ってみるというのが出来ない小心者です。

とりあえず、仁田山峠は制覇。
遅いながらも自分のペースがわかってきて、
徐々に登る感覚が戻ってきたような気がします。
さて、次はどこを登りましょうか?

仁田山立体ルート

仁田山峠ヒルクライム・立体ルート
フリー素材です。
仁田山ヒルクライムのブログやツイッターなどに自由にお使いください!
飯能をビギナーヒルクライマーの聖地にしましょう!

Pocket
LINEで送る