オトノハカフェ(江戸川橋)

目白台

雑司ヶ谷から椿山荘方面に向かった目白台は、
高台の上にあるからか?それとも日当たりが良いからなのか、
紅葉が遅めで銀杏並木が残っていました。

…といっても先週末の事ですが。

カテドラル教会

この通りは良く通るのだけど、何度も目にしているのに、
1度も入った事がなかった
カテドラル教会に行ってみました。

正式には、東京カテドラル聖マリア大聖堂。
代々木第一体育館や東京都庁を設計した丹下健三作品です。
建築マニアには有名な建物ですね。

教会内

教会内は撮影禁止なので、ネットからお借りした写真でご勘弁。

カテドラル教会内の、厳かさがハンパじゃない。
高い打ちっ放しのコンクリートの天井。
例えるならピラミッドの中にいるような神秘のパワー感。
儀式というより、自由に来て、席に座り、祈りを捧げている人達が多く、
日本人が神社に行って願い事をしているような感じの、フリー感なのだけど、
みんな、きちんと背筋を伸ばし、静かに目を閉じ、瞑想しています。
何の音楽も流れていなく、ピンと静かに張り詰めた静寂さで、
スニーカーなのに、歩く音がコツコツと響き渡ります。

みんなが静かに目をつむり瞑想している姿と、聖なる空気感で、
自堕落な自分の生活が責められているような罪悪感が生まれます。
自分の悪い部分を排出しようとするような
デトックス効果のような感じなのだけど、
禁煙とおなじ離脱症状というか、胸を押さえつけられるような、
息苦しい感じ。

出る時には、すっかり聖なる気持ちになっているので、
キリストの降誕祭であるクリスマスにかこつけて
女を口説いて、セックスに持ち込もうなんて考えは、
地獄に堕ちるのではないか?という気分に。
ん?キリスト教に地獄ってあったっけ?
まあとにかく、何かしらの天罰が当たるような気分になります。

すごいよココは。まさにパワースポットだ。

宗教に入るとかそういう事ではなく、
何か頭が混乱している時には、あの中で目をつぶって、
静かに瞑想してみるといいのでは?と、人に勧めたくなる。
そんなパワーを感じました。

そっち系の邪念がないならクリスマスのデートスポットとして超オススメ!

オトノハカフェ

教会の向かいにあるのが、オトノハカフェ。
こちらもこの前を通るたびにきになっていたのだけど、
サイクルジャージである事が多く、入るのをためらっていました。
今回念願叶っての訪問。

店内

2階もあるのですがお客さんで一杯だったので、
2階から見た一階はこんな感じ。
隣りが講談社の野間記念館という美術館になっていて
窓からは庭園の借景が楽しめます。

カプチーノ

カプチーノは500円。
大きめサイズなので、今のような寒くて温まりたい時期には嬉しい。

■オトノハカフェ (oto no ha Cafe)
■東京都文京区関口2-11-31
■営業:9:30~17:00
■定休日:月曜
場所はこのへん
オフィシャルfacebook

講談社美術館

オトノハカフェでお会計の時に野間記念館の割引券をくれるので、
せっかくだから行ってみる事に。

紅葉

はやりこの辺は紅葉が遅れているみたいで、まだ青みを残すモミジも。

塔

カテドラル教会の塔が庭に溶け込んでいます。
塔を見るならここからの風景が良いかも。

庭園

館内の休憩スペースからは庭園が望めます。
カフェはないですが、自販機あるので、ちょっとしたカフェ気分で。

花鳥図

さてこの日やっていたのは、近代日本の花鳥画展。
(先週末で終わりだったので、もう終了していますが)
500円が、割引きで300円に。

横山大観ほか荒木十畝や池上秀畝の作品を堪能。

花鳥図って鳥や花をクローズアップして、
それ意外の所は余白で表現しているので、清々しい。
極端に断捨離された部屋のよう。
なのでここで絵にひたっていると、先ほどの教会同様に、
自分の邪念邪心が浮き出てくる気分に。

白いと思っていたシャツが真っ白な壁の前で黄ばんで見えるとか、
そんな感じの比較対象、教会、花鳥図の2連発で、
くすんだ自分に気がつき、ちょっと落ち込みました。
でもまあ、気づくだけいいよね。
たぶん。

■講談社 野間記念館
■東京都文京区関口2-11-30
■開館:10:00~17:00
■休館日:月火
■入場料:500円
場所はこのへん
オフィシャルサイト

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*