カヤバ珈琲(日暮里)

谷中霊園

禁断症状というのは、タバコやお酒に限った事ではなく、
自分に足りない物の割合が増えると、
無性にそれを欲したくなる衝動が湧いてくるような気がします。

例えば、たまに無性にケンタッキーフライドチキンが食べたくなる事があるのです。
普段は和食が中心であっさりした食事が好きなハズなのに、
指を脂まみれにしながら、あのスパイスたっぷりのチキンを
むさぼるように食べたいという気持ちをこみ上げてくる事があるのです。

それは食べ物だけでなく、風景でもあります。
海育ちのせいか、海はもちろんの事、川や湖、沼や池など
たまに無性に水辺が恋しくなる事があります。

今回、谷中、根津、千駄木というあたり、
通称「谷根千」というエリアに足が向いたのは、
たぶん自分の中で、ビタミンやカルシウムみたいに、
こういう古い町並みという要素が、最近不足していたのかもしれまません。

看板

日暮里駅から谷中に抜ける通り沿いに「谷中霊園」があります。
有名人のお墓が数多くあるのですが、
一番有名なのは徳川最後の将軍、徳川慶喜候のお墓。

徳川慶喜の墓

官軍との戦いを思わせるような槍型の鉄柵に囲まれていて、
直接お参りする事は出来ないのですが、それでも多くの墓マイラーがいました。
門には「この紋所が目に入らぬか」でおなじみの、葵の御紋が。
これを目にすると「はは〜」とひれ伏したくなるのですが、
実際に「徳川プレイ」とか、やっている人いるのでしょうか?

長屋

この界隈は、とにかく大小の神社仏閣が多いのですが、
江戸の長屋を想像させる建物も数多く残っています。
落語の「熊さん」とか「八っつあん」とかが住んでそうな佇まい。
夏とかに軒先で風鈴とか鳴ってたら風情がありそうですね。

スカイ・ザ・バス・ハウス

こちらは銭湯ではなく、廃業した銭湯をリノベーションしたアートギャラリー
SCAI THE BATHHOUSE(スカイ・ザ・バス・ハウス)。
乗っていった自転車とコラボさせてみました。
今回乗っていったのは「青い稲妻号」の方です。

下駄箱

入り口は銭湯の佇まいなのですが、中は別世界。

作品が展示されていたので、写真は撮れなかったのですが、
壁が全て白く塗られ、吹き抜けで天井も高いので、
作品の配置によって、面白い空気を生み出せそうな空間。
この日は、一つの壁に複数飾らず、あえて大きな作品を一つだけ。
それが逆に作品の存在感を高めていました。

下町風俗資料館

言問通りまで来ると、不忍池のほとりにある下町風俗資料館の付設展示場
旧吉田屋酒店があります。
実際に谷中で営業していた酒屋の建物を移築したもので、
明治43年に建てられたものです。

内部

中も酒屋さんが再現されていますが、営業している訳ではなく展示用。
でも、今こういう酒屋さんがあったら、逆にオシャレだと思いますけどね。

カヤバ珈琲

さて、その旧吉田屋酒店の向かいにあるのが、今回の目的地「カヤバ珈琲」。
建物は、大正5年築の町家です。

実は1回去年の夏に来たのですが、その時は満席で入れなかったので、
そのまま坂を下って鶯谷のデンに行ったのでした。
なので、今回はリベンジ。

看板

この地で昭和13年から70年近くカヤバ珈琲は営業して来たのですが、
お店を運営していた娘さんと奥様が立て続けに亡くなられ、閉店する事に。
それを惜しんだ人達が、親族や街の人達と相談し、NPO法人を立ち上げて、
お店を復活させたのです。

店内

店内は、昔の雰囲気を壊さないようにしながら、少し現代に合うようにリノベーション。
いい味が出ています。

二階

ちょうどお客さんの切れている時だったので、
これはチャンスと店内撮影の許可をお願いすると、
「よかった二階もあるので見ていってください」と言ってくれました。

二階は畳敷きの和室。
こちらも風情がありますね。

畳の所にガラス敷きのところがチラリと見えますが、
あそこから一階を覗けるようになっていました。

タマゴサンド

お店を復活させるにあたって、メニューにも復活させたのが、
以前からの名物であった「たまごサンド」。
こちらはランチセットで、スープ&サラダに珈琲がついて、900円。

たまごサンドは、ゆで卵をつぶしたものではなく、玉子焼きを挟んだものです。
普通のたまごサンドより、かぶりついた時に弾力があり、
それが口の中でちぎれるときに、玉子の甘みがふわっと広がります。

おいしい!
なぜ、こういう「たまごサンド」に他でお目にかからないのでしょう?
ゆで卵をつぶしてマヨネーズと和える物と皆思い込んでしまったのでしょうか?
「コロンブスのたまごサンド」と名付けたくなるような、新鮮さがあり、
もう一度食べたいと思わせる味です。

なんか「かもめ食堂」のフードコーディネイターの
飯島奈美さんとかが作りそうな感じですね。
素朴なんだけど、温かみのある、そんなメニューです。

昔の写真

白黒の写真ですから、昭和の最初の方でしょうか?
かつてのお店の写真と、当時使われていたであろう秤が飾られていました。

コーヒー

谷根千とカヤバ珈琲で、自分に欠乏していたと思われる「古き良き」を補充。
古民家カフェって、ホント、古さと上手に付き合ってますね。
このお店で過ごしながら思ったのですが、懐古趣味だけでもダメだし、
先人が「故きを温ねて新しきを知る」と教えてくれているように、
今、何が足りないのか気づく事が大事なんだなと思いました。

整体って体のバランスを整えるけど、
傾いている指向性もたまにはバランスとらないと。
…と思ったのでした。

■カヤバ珈琲
■東京都台東区谷中6丁目1-29
■営業:8:00〜18:00
■定休:月曜日(月曜が休日の場合は、翌火曜)
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る