シェイプ・オブ・ウォーター

この映画を見た後、無性に「ウルトラセブン」が見たくなりました。
円谷プロのウルトラマンシリーズの中で、怪獣出現が主なテーマで、災害などを怪獣に置き換えたのがウルトラマンだったのに対し、宇宙人との対話、異形の物との対話や共生などを描いたのが、ウルトラセブンでした。

この映画の監督は、「パシフィック・リム」でおなじみのギレルモ・デル・トロ。日本の特撮ヲタクでもあり、大の円谷プロ好き。絶対どこかに、ウルトラセブンの影響を受けてるハズだと思いました。

大人になって観る「シェイプ・オブ・ウォーター」は、LGBTなど、多様性との共生を描いた、大人の為のおとぎ話として、描かれているのがわかりますが、子供の頃の自分は、人間と宇宙人としか見ていなかったウルトラセブンにもそんな願いが込められていたのでしょうか?今なら、そいういうような見方が出来るのか、見直してみたいです。

最近のハリウッド映画って、「多様性」を意識しすぎて、話とあまり関係ないアジア人っぽい人が出てきたりしていて、出しときゃいいでしょ感が強かったのですが、それを飛び越えた、異質な存在との共生が丁寧に描かれていて、アカデミー賞で最多13部門ノミネート作品賞、監督賞、作曲賞、美術賞も受賞し、今年度最多4冠も納得です。

ちなみに、半魚人の目の部分を担当したのは、アカデミー賞を受賞した、日本人特殊メイクアーティストの辻一弘さんが担当しています。その目の動きにも注目して、ぜひ、ご覧ください。

P.S.
そっか、ウルトラセブンはアマゾンプライムで見られるのか。さっそく見よーっと。

Pocket
LINEで送る

ちはやふる -結び-

広瀬すずさんの映画で一番好きなのが「ちはやふる」です。2016年「上の句」「下の句」と2部作が公開され、今回が完結編の「ちはやふる -結び-」。

自分は、中学時代も、高校時代も、運動部の部活を途中でドロップアウトしているので、やりきったという青春時代の達成感を味わった事がありません。だから、この物語に没入して、擬似的に部活を味あわせてもらいました。映画を見る時って、登場する人物の誰かに感情移入する見方と、第3者的に俯瞰で見る見方があると思いますが、この映画、青春映画なのに、見事に感情移入出来るのですよ。

主人公は、広瀬すずさん演じる「綾瀬千早」なんだけど、今回は、野村周平さん演じる「真島太一」の目線で、物語が進んでいきます。不思議な事に、ただのおっんである自分が、このイケメン俳優の野村周平さんに、感情移入出来るのですよ。そして、広瀬すずさんに恋してしまうのです。脳内VRってスゲー。俺の想像力も、まだまだ捨てた物じゃない!

たぶん、放送作家の仕事として、台本を書くときに、20代のアイドルやモデルさんから、50代のベテラン声優さんまで、脳内でその人になりきって、その人の声を頭に浮かべながら、こういう事を言いそうと、文章を打っていくので、なりきり変身モードが身についているんでしょうね。

そして、番組を脳内でシミュレーションする時、こういう事を言うと、あいつの性格だとこういう反論をしてくるので、こう説得しよう。でも、あいつなら、また意地張ってこう言ってきそうだな。と想像しているうちに、ただのシミュレーションで、本人はまだ一言も発していないのに、めちゃめちゃ腹が立つ事もあります!実際は、まだ何も起きていないのに。

役者さんで、役が降りてきて憑依するという方いらっしゃいますが、作家でも、役や人が憑依する事があります。登場人物が多いと、もう多重人格になってしまいます。

話は大きく逸れましたが、この映画、メチャメチャ感情移入出来ました。おかげで、最後は、すっきりする事が出来ました。「ちはやふる」は、シリーズ3本とも大好きな映画です。

Pocket
LINEで送る