映画「勝手にふるえてろ」

勝手にふるえてろ

今、TV朝日で放送されている、
次世代の歌手を発掘する「ミュージックチャンプ」という番組があります。
カラオケで採点の正確性を確かめる点数と、
審査員の点数との合計で競われる、歌のコンテストです。

その放送の中で、歌を歌う時だけ楽しくいられるという、
内気な大学生が出場した回がありました。
自分を解放し、自由に歌うから譜面通りではなく、
カラオケ採点は、かなり低かったのだけど、
審査員達は、歌を聴きながら涙したり、天を仰いだり。
辛口コメントで有名な菅井先生は、
万人受けする歌ではないけれど、
確かな才能を感じたという意味で、
「死後に評価されたゴッホのようだ」と語りました。

この映画を見た後、なんかそんなシーンが頭に浮かんできました。

低予算で、少人数で撮っている映画だから、荒削りなんだけど、
とにか主演の松岡茉優さんのエネルギーが凄かった。
そういえば、「桐島、部活やめるってよ」で、
イヤな女、沙奈役の松岡茉優さんに出会ったのも、
このシネリーブル池袋でした。
あの時、この女優スゲーなと虜になってから、
出演作は追っているのですが、今回も凄かったです。

共演者の方もいるのですが、松岡茉優さんの怪演技にもっていかれて
一人芝居を見ているような錯覚に。
一人芝居って、見えない登場人物が、
見えてる錯覚になる事があるのですが、
途中で、そういう一人芝居に見えるのも、あながち間違いじゃない事が発覚。
なるほど…と腑に落ちました。

出演者の中に、金髪のカフェ店員をやっている女性が、
存在感があって、気になってしまったのですが、
「趣里」という女優さんで、水谷豊さんと、伊藤蘭さんの娘さんでした。

話は、こじらせ女子の暴走しはじめた恋愛を描いた物。
感情むき出しの、いわゆるメンヘラでもあります。

そういえば、番組スタッフに、メンヘラ女子と付き合っていて、
毎回、ひどい目に遭わされ、振り回された話をして来る人がいるのですが、
みんなが「そんな目に遭わされても、別れる気はないの?」と聞くのですが、
「俺にそこまでしてくるって、
俺の事がそこまで好きなんだ…と思えてくるんですよ」

これと全く同じ台詞を狩野英孝さんが話していました。
そういえば、歴代お付き合いなさった方は、
ちょっとトリッキーな方々ですもんね。
愛の形は、人それぞれだなあ。

同様に自分にパワーがないと、この松岡茉優は受け止められ切れないかも。

Pocket
LINEで送る

スター・ウォーズ/最後のジェダイ

スター・ウォーズ

スター・ウォーズ 最後のジェダイ観てきました。

ネタバレしないように書きますが、
一つ前のフォースの覚醒には触れますので、
フォースの覚醒を観てから、
今作の「最後のジェダイ」を観ようとしてる人は、
これ以上、読まないでください。

大丈夫ですか?

もう一度、念の為に…
「フォースの覚醒」にはふれますよ。
戻るなら、今です。

「最後のジェダイ」面白かったかどうかというと、
二つに分かれると思います。

スターウォーズをあまり知らない人、
または、前作が面白かったという人は、
文句なしに楽しめる、SFアクション映画だと思います。
実際に僕も、ハラハラしながら手に汗握りましたし。

逆に「フォースの覚醒」で、いろいろ「え?」と引っかかった人は、
今回も、いろいろ「え?」と思うと思います。

例えば、前作で「フィン」がライトセイバーを使うシーン。
え?なんでジェダイじゃないのに、ライトセイバーで戦ってるの?
え?もしかして、フィンってジェダイなの?
これがフォースの覚醒?
なんて、ひっかかった人は、今回も引っかかる点がいくつかあります。
4、5、6作で、勝手に作り上げていたスタウォーズ感がひっり返されます。

スター・ウォーズって、水戸黄門のような
「待ってました!」的な世界観があるじゃないですか。
それが崩され、ルーク・スカイウォーカーを演じたマーク・ハミルも
脚本貰った時に「えええ?」と言ったそうですから。

次回が、9作目、最終回となる訳で、
それに繋がる伏線らしきシーンもいっぱい出てくるので、
もろもろ細かくチェックするのもいいでしょう。

とにかく、今作、作品としては、面白いのですが、
4、5、6の世界観が、崩されるので、
ちょっとスッキリしない感はありました。

Pocket
LINEで送る