富里スイカロードレース

バス

人間の価値観なんていい加減だ。
釣りやゴルフの番組に関わりながら、早起きするのが嫌だという理由で、
趣味にするまでのめり込まなかったのに、
10㎞マラソンの為に朝4時半起きしている。
しかも楽しい。

釣りやゴルフが好きな人は、全く逆でしょう。
好きな物の為なら、多少の苦は苦でなくなるのは皆同じ。
でも、それが何かは、人によって違う。
それでいいのだ。
同じでなければならないという事は、全くない。

この日は、渋谷に6時に集合し、チャーターしたマイクロバスで、
千葉県の富里市へ向かった。

DJチーム

声優の山寺宏一さんと富里スイカロードレースに参加しはじめて、今年で4年目になる。
今回は映画コメンテーターの有村昆、お笑いの流れ星、
その他、ラジオDJの皆さん、さらにスタッフ達と共に走った。
(写真はタレントさんチームの集合写真)

コンサートで即日完売という事は良く聞くと思いますが、
この富里スイカロードレースは、申し込み開始日に即日定員に達し、締め切られます。
申し込みが殺到し1万3千人の定員にすぐ達してしまうのです。

なぜにこれほど人気なのか?
それは「楽しいから」の一言に尽きます。

富里市は、スイカの名産地なのですが、
このレースの最大の特徴は、9㎞地点に、給水所の替わりに、
スイカが並ぶ給スイカ所がある事。
走って来て、ここで食べるスイカが旨い!

そして、コスプレのランナーが多い。
一番多いのは赤や緑や黒でスイカ柄に仕立てたランナー達。
その他、タイガーマスクだとかニュースで話題になった物に変身する人達も。

もちろん、これらも楽しさの要素であるのだけど、
一番は、沿道の雰囲気だと思う。

よくマラソン選手がインタビューで
「沿道の皆さんの声援に後押しされて走れました」
など言うのを聞いても、どうせ奇麗事なんだろうと思っていました。
ところが実際に走ってみると、この声援がスゴイ事を体感する事になるのです。

沿道の農家や商店、会社の前には椅子やテーブルが出され、
ちびっ子からお爺ちゃん、お婆ちゃんまで。皆揃って、応援に出ています。
Qちゃんみたいな有名ランナーでない一般人達に、惜しみない声援を贈るのです。

ヘバりそうになると
「あと1㎞で給スイカ所だよ〜!美味しいスイカが待ってるよ〜」
最後の上り坂にかかると
「これを登れば残り1㎞切ってるよ〜」
へこたれそうになると、必ず励ましてくれる声が耳に届くのです。
そんな声にのせられて、ほとんどの人が楽しく完走してしまうのです。

さらにこの日はコンディションも良かった。
木金は最高気温32度を超える真夏日だったのですが、
この日は最高気温は22度で10度近く低かったのです。
震災などで練習不足だったのですが、この気温のおかげで例年よりいいタイムでした。

ジンギスカン

走った後は、お楽しみのジンギスカン!
ビールが旨い!

年がら年中健康に気を遣っている訳ではないけれど、
1年に1回、このスイカロードレースが予定されている事で、
事前にジョギングしたり、その為に酒を控えたり、
結果的に、少し健康について考える事になります。
そして、気温、ペース、コンディションなどと対話しながら、
普段眠っている自分の体の能力をフル回転させてみる事に。

1年間動かしてなかった車のエンジンキーを入れてみる感じというか、
ジブリアニメにある、眠ってた古い飛行機持ち出してみるとか、
そんな感覚です。

パソコンの中のバーチャルでも、テレビで観て知った気になってるでもなく、
言うだけの机上の論理でもなく、100%の実体験。
それまで10㎞なんて絶対無理って言ってた人達が、
意外とやってみると出来るもんなんだなあというのを実感する。
そして自分に少し自信がつく。
楽しいの中には、それが嬉しいというのも含まれているように思います。

この延長上に自転車での遠出があり、
これまた毎年恒例となりつつある富士登山がある。

次の目標は8月の富士登山。
これもまた、実に楽しみなのであります。

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*