フォーティントーキョー(池袋)


久々にガチで旨いと感激のお店に出会いました。池袋のサンシャイン通り、駅の方から向かって最初の角を右に折れた所にあるのが、ベトナムのフォーの老舗、フォーティントーキョー。

つけ麺の「やすべえ」の左側、地下1階にあるお店です。


ベトナム・ハノイで40年以上続く名店が、東京に進出。創業以来ずっとベトナムから門外不出でやってきたのですが、世界で初めてとなる二号店を池袋にオープンしました。

メニューは、牛肉のフォー一点のみ。実は冷たいフォーとかあるのかなと検索していてたどり着いたのですが、雨降って少し過ごしやすくなったので、温かい麺でもいいかとこちらに。それが大正解でした!


一番オーソドックスな牛肉のフォー、920円。

と言ってもメニューは「牛肉のフォー」しかなくて、入り口の自販機で食券を買うときに、大盛とか、パクチーを抜くとか、牛肉やパクチー、ネギを増しにするとか、カスタマイズが出来ます。

緑なのはネギがメインなので、パクチーが好きな人はトッピングで増した方が良いかもです。

フォーのスープってシンプルで澄んでいるような感じで、混じりっけなしのスープの中に、どんな味が潜んでいるのか探りながら飲むのが好きです。


こちらの繊細なスープが自分には合うなあと悦に浸っていたら、隣りにベトナム人らしき若い男子2人組がやってきました。

フォーの前にスープに生玉子の入った小鉢が運ばれて来ると、目の前の調味料で味付けをし、黄身を崩すようにかき混ぜ始めました。それを飲んでいるとフォーが運ばれて来たのですが、唐辛子や、ニンニク調味料も、驚くほどどっさり入れていきます。

いやいや、スープ味見してから調味料を入れようよと思ったのですが、きっと通いなれているのでしょうね。二郎ラーメンを一気食いするような勢いで、フォーを食べ始めました。若さゆえの勢いは、世界共通なんですかね。


今回は、最後に調味料をちょっと入れて味変しましたが、デフォルトで美味しいフォーでした。若い女の子達も続々入店して来て、人気店なのが伺えます。

よーし、次は色々カスタマイズしてみよう。確実にパクチーは増しますね。あと、ベトナム人らしき若者が飲んでいた、生玉子スープも注文しよう!

■フォーティン トーキョー(PHO THIN TOKYO)
■東京都豊島区東池袋1-12-14 ハヤカワビル B1F
■営業:11:00〜21:00
■定休日:なし
■場所はこのへん
お店のオフィシャルサイト
お店のInstagram

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*