ペドラム(江古田)

江古田駅南口の竹島書店の脇の通りは、リトル中東的な雰囲気のする場所。

まずイスラエル料理のシャマイムがあります。何でもある東京でもイスラエル料理のお店は珍しく、かつては日本で唯一の的なキャッチフレーズがついていた時期もありました。

そして、そこから100mも離れていない場所に、今話題のイランの料理を食べさせてくれるレストラン「ペドラム」があります。福しんの2階です。

かつてここには、江古田一旨いインド料理屋さんの「スワガット」があったのですが、六本木に進出した後、日本人の経営者の方が離れて、江古田からは消滅してしまいました。

その後、イラン料理の「ペドラム」が入ったのですが、しばらく開店休業していて、最近になりランチ営業とかも起動にのったようです。

頂いたのはゴルメサブジというイランの家庭料理。980円。

写真左上の料理。ドライライムが一緒に煮込まれたラム肉のシチューみたいな感じなのだけど、煮込むハーブの配合が各家庭によって特徴が出るらしいのです。

この味が、独特。これだけエスニック料理を食べてきた自分でも、初めて出会った不思議な味。ただ、イランでは国民食なので、ゴルメサブジのレトルトもあるそうです。

戦争になるのか、ならないのか、注目のイランですが、イラン料理にももう少し注目してみたいと思います。

■ペドラム (Pedram)
■東京都練馬区旭丘1-76-4
■営業:11:00~23:00(
■定休日:無休
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*