夜パフェ専門店 モモブクロ (池袋)

池袋なのに!居酒屋やキャバクラや風俗もある西一番街なのに!久々のメルヘンカフェ羞恥プレイです!

札幌では飲んだ後のシメはラーメンじゃなく、シメのパフェが流行っていると聞きますが、その札幌から夜パフェ専門店がやってきました!

西一番街の左上に見える、モモンガ風キャラの看板が「モモブクロ」。

看板は上にありますが、お店は地下にあります。お店に入ろうとしたら、このフルーツの壁画の前で、カップルがインスタ用の可愛い写真を撮ってる最中。なかなか撮影が終わらず、階段を降りる事が出来ませんでした。

これは、ハードル高そうだぞー。

しかし、開店してすぐの18時前だった為、入り口には「お席がありますので、そのままお入りください」の表示が。時間によっては並ぶ事もあるらしく、そのときは名前を書いて待つシステムです。

お店に入ったら、自分以外、全員女子!オジサン浮きまくり!しかし、鍛えられた鉄のハートでめげずに入店します。

男性の店員さんも多く、大人のBARのような、執事カフェのような雰囲気もチラっとあるお店。オジサンについてくれたのは、女性の店員さんで、ちょっとメイドカフェ気分も。あくまでも、テイストという感じで、制服やサービスなどは大人のBARの方向です。

女性の店員さんからメニューを頂くと「よろしければ、私のオススメを紹介させて頂いてよろしいでしょうか?」と、昨日からスタートしたばかりの「St.聖火」というパフェをオススメされました。1900円。

クリスマスと、来年のオリンピックをミックスさせているのでしょうか?

炎に見立てたのは、フランボワーズチュイル。フランボワーズはフランス語でラズベリー、チュイルはサクっとしたお菓子。横の白いのはメレンゲ。火花のようなのは飴細工と、全部食べられる物です。

グラスの中は、上からソフトクリーム、ジェノワーズと呼ばれるスポンジケーキ。グリオットムース(サクランボ)、そして一番下がシャンパンのジュレ。

このシャンパンのジュレが、かなりお酒度が高いので、ムースなどと混ぜながら食べるようにアドバイスされたのですが、マジでお酒度が高いのです。

これ、やっぱり飲んだ後のシメパフェを狙っての事なんでしょうね。寄っていたらちょうどいい感じかも。

オッサンが行くと確実に浮きますが、自分のように自虐をラジオネタにする人にはうってつけ!そのうちシメパフェの原稿書くでしょうね。ネタGETだぜ!(古い)

■夜パフェ専門店 モモブクロ
■東京都豊島区西池袋1-40-5 名取ビル B1F
■営業:
17:00~24:00(月〜木)
17:00~翌1:00(金・祝日前)
15:00~翌1:00(土)
15:00~24:00(日)
■定休日:なし
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*