ジロ・デ・イタリア 2019

世界3大自転車レース、グランツールの一つジロ・デ・イタリアが開幕しました。と言っても周りにこの興奮を分かち合える人もなく、引きこもりの一ヶ月がスタートしました。

日本人選手はUCIプロコンチネンタルチーム「NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネ」から、初山翔選手と西村大輝選手が出場しましたが、西村選手は残念ながら第1ステージで、初日のタイムトライアルでタイムアウトに。体調不良との事。初山選手は、第3ステージで単独で逃げ、144kmにわたって独走を続け、爪痕を残す事が出来ました。

日本人選手は、新城幸也選手、別府史之選手以降、世界を相手に活躍する選手が続いていないので、初山選手にはこの後も爪痕を残して欲しいなあと思います。

ところで、第1ステージの個人タイムトライアルは、ユンボ・ヴィスマのプリモシュ・ログリッチェ選手が異例の早さで優勝。ただ、放送では平坦部分の平均速度が70.5㎞と紹介されていましたが、さすがにそれは何かの間違いかと。第2ステージで優勝したアッカーマンのスプリント、最高速が72㎞だからです。

かつて、グライペルのスプリント最高速を73.8 km/hと書いた事があったので、観ながらそんな訳ねーだろ!と画面にツッコミを入れていました。

ところで、僕が応援しているチーム、ロット・ソウダル。かつてはソウダルと呼ぶのが主流だったんですが、最近はロット・スーダル派が多くなって来ました。こっちに合わせるの?

それは置いといて、かつてはビューティフルトレインのロットでしたが、エース・スプリンターのグライペルの不調と共にトレインが崩壊する事が多くなっていました。いつの間にかグライペルが車列から外れ位置取りで迷子になる事が多かったのです。

今年からエーススプリンターは、グライペルからカレブ・ユアンにチェンジ。ここまでの所、いいトレインが組めています。残り1㎞で4枚残っていたりって最近は無かったですもんね。ここまでの所、2位が2回と、まだ勝利は挙げられていませんが、どこかの平坦ステージで勝ってくれる事を祈っています。

さて、サイクルロードレース好きでも無ければ、何が書かれているか、ちんぷんかんぷんだと思いますが、こうして分かち合える人もなく、一人興奮している事だけが伝われば、それでよいと思います。

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*