榎本牧場フォルトゥーナ

トンネル

荒川サイクリングロードの上流は、土手の工事の影響でコースが変更となり、回避コースが設定されています。一つ手前のエントリーで西遊馬公園のコース変更を書きましたが、その先、上江橋の下をくぐって榎本牧場へ行くトンネルも閉鎖されていました。

看板

設置されていた看板をみると、右のトンネルをくぐり迂回路を通って行くように指示がありました。

迂回路

トンネルをくぐったら、左方向に道なりに進んでいきます。

看板

大宮国際C.Cの看板がある交差点を左。

CC

そして大宮国際カントリークラブを右に進みます。

看板

結構進んだなあ。本当にこの道で迂回路は合っているのかなあ?と思った頃、土手に向かう指示が出て来て、一安心。合っていました。

土手

土手に登る道は途中で分かれていました。これ、どっちかなあ?通常の道は左で土手の上へ。右はサブの道として、下道へのアクセスに使われる場合もあります。選択に悩みましたが、ここに進行方向の指示がないので、左を選択し、通常コースの土手上部に進む事にしました。

回避

結果、失敗でした。上の道は途中で閉鎖され、大きく迂回するように指示がありました。下道の方はストレートです。あーあ!サイクリングだから笑い話ですが、人生の選択だったら行き止まりです。これは何か、今後選択ミスをするなというお告げなのかもしれませんね。笑

榎本牧場

その後は、いつも通りとなり榎本牧場へ。夏場は満載のサイクルラックもスッカスカ。そういえば、荒川サイクリングロードも思ったより、サイクリストが少なかったなあ。サボっていたのは僕だけじゃなく、他のサイクリストもそうなんでしょうか?Twitterやインスタでフォローしているサイクリストは、毎週アクティブに出かけていたので、みんながそうだと思い込んでいたのですが、土曜の晴れで、この閑散とした感じは…。

盗難

ところで、榎本牧場にはこんな注意喚起の看板があります。実は榎本牧場では過去にロードバイクの盗難事件がありました。なんか、ここに来ると「自転車に乗ってる奴に悪いヤツはいねえよ!」的な気分になるのは事実なんですが、ロードで来てないヤツが、ロックされていない自転車をみつけて、さっと乗って帰るのです。その後はネット販売したりするんでしょうが。

この日も、この看板の下に止めてあったウィリエールがロックされていませんでした。モデルが女性モデルのStellaだから女性サイクリストですね。完成車で30万超えるんだから、気をつけてくださいね。「ひょっこりはん」なれぬ「うっかりさん」をよく見かけるので、ここは注意喚起したい所です。

知り合いの女子もマンションの共同玄関内にロック無しで置いておいて盗まれ、その後、後悔してました。ロードは地球ロックが基本です。自分はロックしても盗まれる報告をみて、軽量で便利だけど、ペンチ一発で切れるワイヤーロックはやめて、チェーンロックにしました。

榎本牧場

さて、寒いけどジェラート。

ジェラート

基本、牧場だけにシンプルに濃厚な味が楽しめるミルクは外さないのですが、もう一種は、目新しい物をチョイスします。キャラメル&アーモンドのプラリネにも惹かれたのですが、今回はティラミスをチョイス!でも、個人的なオススメはラムレーズンです。

ジェラート

左がティラミスで、当然冷たいのですが、味が濃厚だから、脳が錯覚するのか、ケーキのティラミスを食べているような感覚になるのですよ。ジェラートを食べているのに、頭の中に浮かんでいるのはスイーツのティラミス。冷たいという感覚が飛びます。脳って騙されやすですね。

ココア

とはいえ、体は冷えるのですが、そんな時に目に飛び込んで来たのが「ホットココア」という文字。それまで、冬場はこの敷地にホットコーヒーのワゴンとか出したら、結構需要あるだろうなあと思っていたのですが、お店にホットココアがあったんですね。しかも生クリームの代わりに、ミルクジェラートをワンスプーン浮かせるというじゃないですか。それは飲んでみたくなるでしょう。と、再注文。

冬場、ここまで来て「寒い!」と思った方は、迷わず頼むべし!旨いです!

ホットココアを飲んでいると女性サイクリストから「あ!マルコさん!」という声があがりました。振り返ると後ろにサイクルジャージの「カペルミュール」のモデルを務めているスキンヘッドのイタリア人のマルコさんが。女性のジャージをみたらカペルミュールで、パンフレットとかで見ていたんでしょうね。マルコさんは自転車ではなく車で来た模様でしたが、僕もパンフレットでお見かけしたお姿に遭遇して、チラ見してしまいました。

■榎本牧場フォルトゥーナ
■埼玉県上尾市畔吉736-1 榎本牧場内
■営業:10:00~18:00
■定休日:正月1〜3日
場所はこのへん
オフィシャルサイト

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*