スパイスカレー青藍(高円寺)

青藍

自分好みのスパイシーなカレー探しの旅に出ています。
できれば、インド・ネパールカレーではなく、個人店で、ご主人のこだわりがつまったカレー。さらに言うと黒胡椒が効いている物が好み。

お店探しは、食べログとかは使わずに、インスタで、好みの感じのカレーを探して、位置情報で東京であれば、チェック。それを後でネットで調べるという方式で探しています。見た目の直感を大事にしています。

そんな中で引っかかったのが、高円寺にあるスパイスカレー青藍。ビジュアル的には、同じく高円寺のアンドビールのカレーに似ている。こういう見た目のカレーが好きなんだな。で、調べていくと、マツコの知らない世界の「間借りカレー」の回で取り上げられたのもあり、週末は、整理券が出るほどの人気なのだそうです。

だったらフリーランスの強みを使って、平日の昼狙いで行こうじゃありませんか!月曜はイレギュラーな収録が多く、午後から仕事の事もあるので、11時半の開店を目指してミニベロで高円寺へ。

11時半ちょい過ぎに到着したのですが、すでに満席。
店内で、先にチケットを買って待ってくださいとの事で、店内で、待ち3人目に並びました。

カレー

選んだのは「スパイシーチキンカレー」と「ポークジンジャーキーマ」の「2種盛り定食」1100円。

しかし、先入観とは恐ろしい物で、見た目とスパイシーという言葉から、辛めのパンチのあるカレーを想像していたのですが、刺激的な辛みも無ければ、山椒のような痺れも無い。どちらかというと、スープの旨味と野菜の甘みが強く、最初の一口目で、「え?」と、拍子抜けしてしまいました。

カウンターの上にある写真図解入りのカレーの説明にも、「スパイシー ≠ 辛い」と書かれています。

こちらの提唱する「スパイシー」とは、ホールスパイスの香りを楽しみましょうという物。

玉ねぎ、黄緑色野菜、鶏ガラ、鰹節、昆布の旨味をベースに、カルダモン、クミン、花椒、コリアンダーなど、粒のスパイスがふんだんに使われていて、それを噛んだ時に、パっと口の中にスパイスの香りが広がります。

食べ終わってからの方がわかりやすいかもしれません。口の中に残っていたスパイスの粒が、後から噛んで潰されると、プチンという感じで、そのもの本来の香りが飛び出します。

こちらのお店に行くときには、「スパイシー ≠ 辛い」を頭に入れてから行った方がいいです。スパイスの新たな楽しみ方なので、それを理解するまでに、半分以上平らげてしまいました。もったいない。

■スパイスカレー青藍
■東京都杉並区高円寺北2-41-15
■営業
11:30~14:00
18:00~20:00
■定休日:火曜日・金曜日
場所はこのへん
お店のfacebook

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*