服部珈琲舎 (池袋)

好きなテレビ番組にNHKの「72時間」があります。毎回1つの場所で3日間、72時間に渡って取材を行い、そこでさまざまな人間模様を定点観測するというドキュメンタリー。年末に人気投票で名作シリーズベスト10が放送されるのですが、第9位は大宮の24時間営業の喫茶店「伯爵」でした。

普通にお茶をしているだけのように見えて、人は様々な事情をかかえています。介護に疲れて自分も体調を崩し、やっと回復したので外出した人。出会い系アプリで、初めて対面した人。深夜も営業しているので、ゲイバーで働く人たちが深夜飯を食べに。そんな人たちに話を聞きながら、同じお店にいるのに、それぞれに違う来店事情を浮かび上がらせていくのです。

そんな視点で、お店のお客さんを観察してみる事にしました。場所は池袋東口正面、マツキヨの隣にある服部珈琲舎。池袋の一等地にあるのに、マツキヨの巨大看板に目をとられ、意外と目立たないお店です。

まずは、自分。10年使ってきたMacBookProが、不調になり、断末魔をあげています。ファンが回らなくなり、高熱を発するようになったのです。分解して、ほこり掃除なんかもしたのですが、10年前のCPUの性能が、アップデイトされた最新OSの処理に追いつかず、いろんな不具合が出てきました。10年もったというのは、逆にラッキーなのかな?そこで、完全に死亡する前に、新しいMacBookProを買いに来たのです。そして、こうして一息ついている最中です。

さて、72時間風に店内ウォッチング。聞こえる声をつないで、プロファイリングしていきます。

隣の席に座るのは、「パパ、パフェ食べていい?」と聞いた、小学3年生ぐらいの女の子を連れたお父さん。なぜ、小学3年ぐらいかと推理したかというと、そのコがパフェを待つ間に本を読み始めたのですが、それがこちら!

「王女様からのお手紙つき」という本で、スマホで調べてみたら、対象年齢小学3〜4年と書いてあったからです。すぐに本に夢中になり、物語の中にのめり込んでいます。これだけ夢中になるというのは、どんな本なんだろう?…と思ったら、物語を紹介する動画がありました。

やっぱり女の子は王女様のような、きらびやかな世界に憧れる素養があるんですね。こういうのの延長線上が、「花より男子」だったりするんでしょうね。

向かいの席には、金髪ボブの20歳前後の女子と、両親と思われる3人が座っています。金髪ボブの女子は、格好も少しヤンキーの香りがするストリート系で外見だけでみれば、少しやさぐれ女子に見えるのですが、終始笑顔で、笑い声交えながら、昔に座る両親に何かを報告しています。断片的に聞こえてきた単語は、「ダンス」「発表会」「緊張する」そうか、この子はダンサーなのかな?隣の空いている席には、買ってきた洋服の紙袋が置かれているのですが、発表会の衣装を、両親に買ってもらったのでしょうか?それで、うれしそうに話しているのか?そしたら、やさぐれどころか、超HAPPYな家族じゃないか!

まあ、あくまでも断片的な単語と風景をつないで僕の脳内で構成された、妄想ですけど。

牛カレーセットは、ドリンクつきで1400円。見た目の割に、意外といいお値段。なぜか、ほっとするような味なのは、スパイシーじゃない、喫茶カレーだからなのか?それとも、自分がパソコンを無事購入して、一安心しているからか?まったりとしたカレーを食べながら、まったりとした時間が過ぎていきます。

家に帰ってから新MacBookProをさっそくセットアップ。最近はiCloud化されているので、以前より簡単に完了する事ができました。この記事も、新たなMacBookProで書いています。

■服部珈琲舎
■東京都豊島区南池袋1-27-5
■営業:09:00~23:00
■定休日:日曜
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*