ピノキオ(大山)

ピノキオ

マンガに出てくるような食べ物が食べてみたくなる事があります。
マンガ肉と呼ばれる骨付の肉。
これは「はじめ人間ギャートルズ」に出てきたマンモスの肉が代表的。

その他、ネズミが出てくるアニメに登場する、穴がたくさんあいたチーズとか、
アルプスの少女ハイジに出てくる、棒にさして焼いたチーズとか。

ちょっとデフォルメされたメニューが、無性に旨そうに見える事があります。

こちらのお店も、ちょっとマンガチックなメニューが名物のお店。
板橋区の大山から少し離れた住宅街にある、普通の喫茶店「ピノキオ」。

もう電源は入っていないけど、
テレビゲームの麻雀ゲームのテーブルがあったり…。
店内は、昭和な香りがプンプン。
久々に見たトーマス・マックナイトの絵もそんな懐かしさを倍増させます。
あの当時は、オシャレだったんだよなあ。
恥ずかしながら、マックナイトを東急ハンズで買って、部屋に飾ったクチである。

ラッセン、マックナイト、ヒロヤマガタ、鈴木英人…
現代アートと呼ばれた絵も、今では懐かしい香りを醸し出すアイテムですよ。
村上隆でさえ、すでにちょいと…な香りがし始めてるし。

なんだろ?
単体でみれば、どれも素敵な絵なんですけど、
一世を風靡した為に、その時代というイメージが刷り込まれてしまってるんでしょうね。

ホットケーキ

さて、今回のお目当てはコチラ!
ホットケーキ、450円。
ブレンドコーヒーは、350円。

厚みのある、こちらのホットケーキは、型を使わず、
ご主人が銅板の上で、焼き上げていきます。
外はけっこうカリっとしていて、
中は、ふわふわというより、少しかための、もっちりとした感じです。
甘めのメイプルシロップがまた、懐かしさをそそる味です。

メニューに過去に雑誌に掲載された記事が貼られていたのだけど、
それによると、近所の子供達のリクエストで作ったものを、
常連客のマギー司郎さんがTVで紹介し、有名になったのだとか。

「これね。板橋の喫茶店のマスターに好評だったネタね。」
というのは、このピノキオの事なんだそうで、たまに
「これね。板橋の大山のピノキオのマスターに好評だったネタね」
と、店名を言うこともあるそうです。

「最近はネットに載っているのをみて食べに来る人が多いんですよ」とご主人。

ご近所の常連さんに愛されるお店という感じなので、
初めての人が来ると「あ、これはホットケーキだな」とわかるんでしょうね。
「あなたもネットで?」と聞かれました。

フジテレビ「めざにゅー」のアナバ食堂で、椿原慶子アナが紹介してからは、
ホットケーキマニアが、遠くからやってくるようになったのだとか。

「想像してたのとどう?」
と、結構小心者なご主人。
「おいしいですよ」
というと、安心したような顔をして、カウンターに戻って行きました。
この人柄、ご近所さんに愛されるの、わかるなあ。

「ここね、板橋のマギー司郎さんに好評だった、喫茶店ね」

■ピノキオ
■東京都板橋区大山金井町16-8
■営業:7:30~19:00
■定休日:無休
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*