旅するコーヒー屋 ピースジャーニー

江古田駅の北口前を通ったら、屋台のコーヒー屋さんが出ていました。
メロンパン屋さんの隣の、道路拡張工事で出来た空き地に。
僕のは、チャリでカフェ巡りをする「チャリカフェ」ですが、
こちらは、チャリでカフェ営業をする「チャリカフェ」。
という訳で親近感を覚えて、一杯頂く事にしました。

コーヒーを売りながら、旅の資金を稼ぎ、日本一周。
北海道をスタートして、徐々に南下してきて、現在は東京に。
リヤカーを引いているので、1日、約50キロぐらいの移動だとか。
先日まで、八丈島に渡ってきていて、
次は、小笠原諸島に行く資金を稼いでいる途中だそうです。

「こういうの憧れるけど、資金とかは大丈夫なの?」と
ぶしつけな質問をしてみました。

ここでの営業は1人ですが、実は、3人組のユニットで、
神戸の立ち飲み屋さんの運営を拠点としていて、
屋台営業は、ローテーションを組んで運営しているそうです。
冬場の稼ぎは、割と厳しい目だそうですが、
夏は、会社勤めしていた頃よりも稼げるのだとか。

寝泊まりは、こういうのに理解のある
シェアハウスを運営している知り合いとかを渡り歩いたり、
漫喫って事もあるそうですが。

旅をしながらYouTuberのような活動もしていて、
それをみて、やってきてくれるお客さんもいたりするそうです。

豆の方は、やはり同じく珈琲豆を求めて、
放浪の旅をしている人がいて、その人から仕入れているそうです。
バックパッカーとか、放浪系の人って、横のつながりがあるんですね。
コーヒーは一杯400円でしたが、美味しかった。

こういうの、若い頃にやっておけば良かったなあ…という、
憧れはありますね。

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*