カフェドカド(板橋区役所前)

給水塔

満月の夜。
肉眼では大きく見える見事な月なのだけど、
カメラで撮ると、こんなに小さく写ってしいます。
大きく撮る方法も、あるらしいのですが、
コンデジだと難しいのかな?

板橋

大山から板橋へ。
板橋区の地名となったのが、この橋で、
中山道が石神井川を横切る地点にかけられた木の橋を
「板橋」と呼んだのが、由来ではないかと言われています。
鎌倉時代には、すでに板橋という名前になっていたそうです。

仲宿

こちらの仲宿は、旧中山道の宿場町で、
東海道は五十三次ですが、 中山道は六十九次。
日本橋から数えて、最初の宿場町です。
江戸時代は、大名が泊まる本陣や
旅人が泊まる旅籠などが並び、賑やかだった場所。

そして、宿場は、蕨、浦和、大宮と続いていくのですが、
江戸時代は、1日でどのぐらい進んでいたのでしょうね?
新撰組になる近藤勇や土方歳三は、
江戸を出て16日かけて京に上ったそうです。
1日で歩く距離は30㎞から40㎞と言われているので、
最初は日本橋から約30㎞の、大宮あたりまで歩いていたのでしょか?

高速参勤交代という映画がありましたが、
大名行列は、もっとゆっくりだったようです。

カド

その仲宿の角にあるのが、カフェドカド。
実はこの日、中国で自転車アパレル+カフェを運営する方と、
お会いする事になり、お住まいに近いというこちらのお店へ。
RE 北京Jin Wai SOHO
というお店。

アイスウインナ

アイスウインナを頂きながら、自転車談義。

中国ではシェアサイクルがかなり定着しているそうです。
中国では四輪と二輪の道路が分断されていて、
4車線ぐらいある道の1レーンは、2輪専用なのだとか。
地下鉄が日本の花火大会の時ぐらい、入場規制されていて、
かなり不便なので、自転車の利用が便利なのだそうです。

日本の自転車事情も色々話したのですが、
自転車関連のショップが集まる青山から外苑前はもちろんですが、
カジュアルなサイクルライフで、今後面白くなるのは、
池袋なんじゃないかという話に。

都市計画マニアな自分的にも、
今の池袋の道路整備、都市計画は面白くて、
色々と注目しているエリアです。
次は、そんな池袋について、色々と書いてみたいと思います。

■カフェドカド (cafe de CADOT)
■東京都板橋区板橋3-10-2
■営業:09:00~21:00
■定休日:月曜
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*