軽量輪行袋オーストリッチSL-100購入

輪行

メインで仕様している輪行袋は、
モンベルの横置きコンパクトリンコウバッグです。
左側のタイプですね。

これの良さは、慣れると輪行のスピードが速い事。
ロードバイクをひっくり返した状態での輪行なので、
エンド金具が必要なく、元々のパッケージが小さい事。
持ち運びに重宝しています。

輪行袋に収納袋も縫い付けられていて、
袋をなくす事もありません。

縦型

それに対し、特急や新幹線を使うときに使っていたのが、
オーストリッチのL-100というタイプ。

1枚目の写真で右に映っていたタイプです。
これは縦型なので、エンド金具という物を使うのですが、
その分、横幅が取られないので、
特急の出入り口フロアなどに置いても邪魔になりません。

リクライニング

特急の最後尾の指定席を取ると、後ろにすっぽり収まり、
リクライニングをしても、邪魔になる事はありません。

ただ輪行袋の生地がしっかりしていて、厚手なので、
輪行袋自体が、ボトルケージなどには収まらないケースが多いです。
自分の場合は、輪行袋にエンド金具も入れて、一体化させていたので。

この前、江ノ島までサイクリングして、
帰りにロマンスカーで輪行しようと、L-100を持って行ったのですが、
リュックの中で、以外とデカくて重いなと思いました。

SL-100

そこで新たに買ったのが、オーストリッチのSL-100
輪行袋の布地を薄くし、コンパクトにした上級者向けの物。

サイクルモードでは、オーストリッチのブースへ良く行くのですが、
そこでお話させてもらうと、
L-100の方が丈夫というイメージがあると思うけど、
実は、SL-100の方が丈夫と、おっしゃってました。

さて、なんで新たに軽量輪行袋を追加したかと言うと、
飯能の有間峠にリベンジしたいからです。
軽量のリンコウバッグをサドルバッグかボトルケージにつけ、
身軽な形で、標高千メートル以上の有間峠を越え、
秩父側に降りて、秩父駅前の温泉「祭の湯」に入って、
レッドアローで輪行。

それをこの夏の一大プロジェクトに考えているからです。
今、台風来ているけど、有間峠が閉鎖になりませんように。

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*