ローキートーン珈琲店(祖師ヶ谷大蔵)

ローキートーンコーヒー

コーヒーの美味しいお店がある街は、いい人が住んでそうな気がします。
きっと味のわかるいい大人が、たくさん住んでいるのではないかと思うのです。

そんな大人達は、聞かれてもいないのにウンチクを自慢げに語ったりしないハズ。
カップに口をつけて、おっ!という顔をする。
チラっと店主の顔を見る。
声は出さず、ニヤっと目で笑う。
それだけで旨さを表現出来る。
…と勝手に妄想で決めつけているのです。

このお店を教えてくれたのは、かつてこの町に住んでいた友人です。

オススメする時に、何でオススメかウンチクを言わず、
「引っ越ししてもコーヒーの豆はここまで買いに行っているんです」
と一言。
それで十分、その人が伝えようとしている旨さは伝わりました。
だから、ペダルを漕いで行ってみようと思ったのです。

祖師ヶ谷大蔵の南口。
路地裏にそのお店はありました。
ローキートーン珈琲店。

お店の前には、豆を買い求める人達が多数。

カフェというより、珈琲豆のお店に、その場で飲める場所がついたという感じ。
二人席が4つと、カウンター4席という小さなスペース。

壁にしつらえた棚には、コーヒー豆はもちろん、ミルやサイフォンなど、
コーヒーに必要なものがぎっしり並べられています。
もちろん、これらも全て売り物。
小さなスペースに珈琲の全てを詰め込んだお店です。

スコーンセット

注文したのは、本日の珈琲と、スコーンセット、650円。

饒舌は、時には味を半減させる。
自分で味のわかる人の条件を語っておいて
ここで詳しく語るのは、ヤボのような気がします。
自己矛盾ですね。

じゃあ、どう表現すれば…。
文字では視線も表情も伝わりません。
かと言って、\(^o^)/こんなので表現するのもどうかと。

「自宅から自転車で13.4キロ。でも、また飲みに出かけるでしょう」
…それじゃ、友人の言葉、まんまパクリみたいなもんだ。
うーん、言葉少なく、旨さを表現出来るフレーズは…。
まだまだ修行不足です。

ところで、この日、カウンターにどこかでお見かけした顔が…と思ったら、
電撃ネットワークの南部虎弾さんでした。
(ご自分のブログでも祖師ヶ谷大蔵在住を明かしているので…)
いつもは過激なパフォーマンスをしている南部さんが、
本を読みながら、穏やかにコーヒーを味わってらっしゃいました。
そのギャップがカッコイイ!

ここで出されるスコーンやマフィンなどもテイクアウト出来るので、
お店を教えてくれたお礼に、お土産に買っていくと
「マフィンがあるのラッキーなんですよ!だいたいオバサン達が買い占めちゃうから」
との事。

ああ、もっと買ってくれば良かった。
いいや、また行けばいいんだから。
ペダルを漕いで。

■ローキートーン珈琲店
■東京都世田谷区砧6-37-6
■営業:12:00〜20:00
■定休日:月曜(不定休で火曜)
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*