自転車でヒートテックは間違い

ヒートテック

よく初心者がおかす間違いの一つに、
寒いのでユニクロのヒートテック着て、サイクリングに出かけた。
…という物があります。

近所のスーパーへ自転車でなら、間違いではありません。
ある程度の距離を乗る「サイクリング」では、
ユニクロのヒートテックは厳禁です。

初心者の方に

「冬は中にヒートテック着るんですか?」

と聞かれたので、ハッとしました。
たぶん、そういう誤解をしている人多いんじゃないかと。
特に弱虫ペダルなんかから自転車を始めた人は、
初めて迎える冬でしょうから、こういう間違いを犯す人も多いかと思います。

コレ、冬の登山なんかの時にも、必ず初心者に注意する項目なんですが、

「ユニクロのヒートテックは、速乾性がないからダメ」

あくまでも運動する時という視点ですよ。

ユニクロのヒートテックは、レーヨンを多めに使っているのですが、
レーヨンは発汗が大量だと「吸水率が飽和」してしまう傾向にあります。
そして「乾くのが遅い」という特性があります。

最初の漕ぎ出しぐらいは、じんわりと汗をかくので熱いくらいなんですが
「乾くのが遅い」という特性がある為に、
汗をかきすぎると、濡れたままの状態が続き、
汗冷えを起こし、結果、体が冷えるという現象を起こします。

特に、ペダルを漕がない下りが続くと確実に汗冷えします。

登山の場合は、頂上で休んだり下山の時に、
濡れた状態になっている事が多い為に、汗冷えを起こして、
逆に体を冷やしてしまいます。

厳冬の冬山登山では命にかかわるのでヒートテック禁止が常識です。

ちなみに、富士登山で4回、初心者を連れて登っているのですが、
夏の場合は、コットンのTシャツとジーンズ禁止。
これも同様に、登っている時に汗をかいてしまい、
乾かないので、冷えてしまうからです。
夏でも富士山の山頂の朝は、冬なみの気候なんです。

なので、自転車に限らず、山岳、ウインタースポーツに使う
スポーツメーカーが開発している発熱アンダーウエアは、
必ず、吸着熱の他に、速乾性を備えた物となっています。

こちらは、自転車ウエアでお馴染みのパールイズミ「ヒートテックセンサー」
「ヒートテックセンサー」という名前なので混同されそうですが、
吸汗速乾素材「アクアステルス」を使うことで、
ウェア内部の蒸れを防ぎ、身体を冷やしにくくする効果も備えています。

このように、名前は似ていますが、スポーツ用のアンダーは機能が違います。

ウインタースポーツに強いミズノが出しているのが、ブレスサーモ。

登山に強いモンベルが出しているのがジオライン。

これらは速乾性も兼ねているので、
もし冬のちょとしたサイクリングに出かけるつもりがあるなら、
ユニクロのヒートテックではなく、
これらのスポーツ用のアンダーを1枚持っていた方がいいと思います。

あと良く勘違いしがちなのが、アンダーアーマー。
コールドギアが「冬用」
ヒートギアは、「夏用」なので、パッと見で勘違いしないように。

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


自転車でヒートテックは間違い” へのコメントが 2 点あります

  1. >トマ子さん
    ユニクロのヒートテック=万能みたいに捉えられてますよね。
    実際に自転車で出かける時に着てきて、
    最初は熱いって言うんだけど、汗が出すぎて、濡れて寒いって事も。
    運動の時に、ユニクロのヒートテックはダメって事は覚えて欲しいです。
    冬山では厳禁ですしね。

  2. おっしゃる通り!でも現実は皆さんそんなに違わないだろうと、値段の安さにユニクロ選んじゃう。自転車ならそれでもまぁ、我慢すればすみますが山では下手したら命に関わるのにね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*