榎本牧場フォルトゥーナ(上尾)

トンネル

さて、荒川サイクリングロードの続き、上流に向かうには、
右手からぐるっとまわり、左手方向に上江橋を渡り、
橋の真ん中から再び河原に降りるコースとなるのですが、
今回は、サイクリストの聖地ともなっている榎本牧場へ向かうので、
橋を渡らずに、真っ直ぐ、トンネルをくぐっていきます。

牛

しばらく行くと、サイクリングロードの脇は牛だらけに。
牛にロープはついているのですが、
インドみたいに、道のあたりまでのんびりとお散歩する姿が。
ここの写真は、いろんなサイクリストのブログにも登場します。

西部環境センター

さらにしばらく行くと、大きなゴミ処理場が見えて来ます。
榎本牧場への行き方は、いろいろあるのですが、
この西部環境センターというゴミ処理場のあたりが分岐点となるんので、
この風景を覚えておいてください。

ベンチ

この付近の鳥居のあるベンチで、サイクリスト達が休憩をしているので、
迷ったら聞いてみるのもいいと思います。

ヘアピン

正面に埼玉県リハビリテーションセンターが見えて来たら分岐点。
これを道なりに行っても行けるのですが、
今回は、初心者にオススメのコースをご紹介します。

ここをヘアピンカーブのように、手前にUターン気味に折り返し、田んぼの方へ。

あぜ道

すると、あぜ道に入るので、2つ目の道を右折します。

目印

目印としては、緑の煙突の正面にあたるところ。
ちょうど、土手にもこの道へ降りる、細い道があるのでそれも目印。

橋

そのあぜ道を進んで行くと橋にぶつかるので、下をくぐってさらに進みます。

川岸屋

すると、サイクリスト御用達のうどん屋さんの、川岸屋さんにぶつかります。
自転車ラックもあるので、お腹がすいた方はこちらでどうぞ。
ここを左に折れて、クランク状に進むとゴルフ場方面へ。

ゴルフ場

ゴルフ場の駐車場の中を突っ切って進みます。

カート道

するとゴルフのカート道などと合流したりするのですが、
分かれ道に「サイクリングコース」と書いてあるので、そちらへ。

標識

さらに進むと、住宅地へ出るのですが、
「サイクリングコース」と書かれている標識に従い、示す方に400メートル。
すると突き当りにも標識があるので、左折してサイクリングロード方面へ。

分かれ道

細いサイクリングロードを進んで行くと、再び分岐点があります。
ベテランは、車のある住宅地方面のコースで行く人も多いのですが、
初心者は、左カーブするサイクリングロード道なりのコースがオススメ。
こちらの方が、迷いません。

看板

「自転車の方へ」という注意書きのある看板のある所が、
サイクリングロードですから、それをクリアしながら進みましょう。

榎本牧場

すると、「榎本牧場のこだわりアイス」という看板が見えて来ますので、
ここから敷地に入れば、ゴールです。

サイクリスト

牧場の前には、沢山のサイクリスト達がいて、自転車でごった返していました。
自転車ラックもいくつかありますが、満車。

榎本牧場

僕も自転車乗りの聖地の一つへ来れて、これで少しは仲間入り出来た気分です。
もちろん、お車の人も多かったのですけどね。

子牛

牧場は入園無料で、子牛なども見学出来ます。
申し込みをすれば、いろんなイベントにも参加出来るようです。

ミニブタ

今の時期は、ミニブタの赤ちゃんもいて、とっても可愛い。
黒い母親ブタが、普通のブタの4分の1ぐらい。
さらに小さなミニブタの赤ちゃんは、子猫ぐらいの大きさです。

行列

人気のジェラートは、休日という事もあり、大行列!

ジェラート

僕は、オススメというミルクと、生チョコの二つを乗せた
ダブルコーンの2食盛りをチョイス。
確か380円だったかな?

旨い!
5月だというのに、この日は暑かったので、
早く食べないとあっという間に溶けちゃいます。
濃厚だけど、わざとらしい甘みがないので、スッキリ。
自転車乗りなら、一度は訪れたい味ですね。

■榎本牧場フォルトゥーナ
■埼玉県上尾市畔吉736-1 榎本牧場内
■営業:10:00~18:00
■定休日:正月1〜3日
場所はこのへん
オフィシャルサイト

川越線を越えてから、荒川サイクリングロードから分かれ、
榎本牧場へ向かうルートはこんな感じですが、こちらをクリックして
ルートラボに飛べば、
ポイントで写真付きの説明吹き出しが出る地図が見られます。

さて、今回の、練馬の江古田から榎本牧場への旅、
往復で約88キロでした。
行きは楽勝だったのですが、帰りが向かい風でシンドかった。
帰りの秋ヶ瀬公園では、バテてるサイクリストいっぱいいたし。
久々で体力落ちてるなあ。
週末晴れたら、また出かけようっと。

Pocket
LINEで送る



応援クリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*