ピノキオ(大山)

ピノキオ

マンガに出てくるような食べ物が食べてみたくなる事があります。
マンガ肉と呼ばれる骨付の肉。
これは「はじめ人間ギャートルズ」に出てきたマンモスの肉が代表的。

その他、ネズミが出てくるアニメに登場する、穴がたくさんあいたチーズとか、
アルプスの少女ハイジに出てくる、棒にさして焼いたチーズとか。

ちょっとデフォルメされたメニューが、無性に旨そうに見える事があります。

こちらのお店も、ちょっとマンガチックなメニューが名物のお店。
板橋区の大山から少し離れた住宅街にある、普通の喫茶店「ピノキオ」。

もう電源は入っていないけど、
テレビゲームの麻雀ゲームのテーブルがあったり…。
店内は、昭和な香りがプンプン。
久々に見たトーマス・マックナイトの絵もそんな懐かしさを倍増させます。
あの当時は、オシャレだったんだよなあ。
恥ずかしながら、マックナイトを東急ハンズで買って、部屋に飾ったクチである。

ラッセン、マックナイト、ヒロヤマガタ、鈴木英人…
現代アートと呼ばれた絵も、今では懐かしい香りを醸し出すアイテムですよ。
村上隆でさえ、すでにちょいと…な香りがし始めてるし。

なんだろ?
単体でみれば、どれも素敵な絵なんですけど、
一世を風靡した為に、その時代というイメージが刷り込まれてしまってるんでしょうね。

ホットケーキ

さて、今回のお目当てはコチラ!
ホットケーキ、450円。
ブレンドコーヒーは、350円。

厚みのある、こちらのホットケーキは、型を使わず、
ご主人が銅板の上で、焼き上げていきます。
外はけっこうカリっとしていて、
中は、ふわふわというより、少しかための、もっちりとした感じです。
甘めのメイプルシロップがまた、懐かしさをそそる味です。

メニューに過去に雑誌に掲載された記事が貼られていたのだけど、
それによると、近所の子供達のリクエストで作ったものを、
常連客のマギー司郎さんがTVで紹介し、有名になったのだとか。

「これね。板橋の喫茶店のマスターに好評だったネタね。」
というのは、このピノキオの事なんだそうで、たまに
「これね。板橋の大山のピノキオのマスターに好評だったネタね」
と、店名を言うこともあるそうです。

「最近はネットに載っているのをみて食べに来る人が多いんですよ」とご主人。

ご近所の常連さんに愛されるお店という感じなので、
初めての人が来ると「あ、これはホットケーキだな」とわかるんでしょうね。
「あなたもネットで?」と聞かれました。

フジテレビ「めざにゅー」のアナバ食堂で、椿原慶子アナが紹介してからは、
ホットケーキマニアが、遠くからやってくるようになったのだとか。

「想像してたのとどう?」
と、結構小心者なご主人。
「おいしいですよ」
というと、安心したような顔をして、カウンターに戻って行きました。
この人柄、ご近所さんに愛されるの、わかるなあ。

「ここね、板橋のマギー司郎さんに好評だった、喫茶店ね」

■ピノキオ
■東京都板橋区大山金井町16-8
■営業:7:30~19:00
■定休日:無休
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る

サイマーケット(小竹向原)

サイマーケット

自転車で23区のカフェ制覇の旅。今回は板橋区のカフェへ。

江古田は、練馬区の東の端っこにあり、豊島区、中野区、そして板橋区と隣接しています。
有楽町線、副都心線の小竹向原駅は、その板橋区との境界線にあります。
銀座や渋谷に1本で行けるので、江古田からこちらの駅まで歩いて、利用している人も。
という訳で、江古田からでも、ママチャリでもすぐ行ける板橋区、
小竹向原駅付近にあるカフェ、サイマーケットに行ってきました。

ちなみにお店の前は駐輪禁止で、向かいにある坂の途中に専用の駐輪場があります。

ランチメニュー

ランチメニューを覗いてみると、ノンオイル・ほうれん草カレーという文字が。
ノンオイルのドレッシングとかは聞いた事がありますが、
ノンオイルのカレーってあまり聞いた事はありません。
どんなメニューなのか、非常に興味が湧きます。

中庭

この日は天気が良かったので、中庭で食事する事にしました。

サイマーケットは、いくつかのフロアに分かれていて、
正面に見える店内に加え、ペット可の中庭、
そしてここには写っていない右側に、セミオープンテラスの別館があります。
この日も中庭には、小型犬を連れた親子連れが。

ちなみに、この左手には雑貨屋さんが併設されていて、
フェアトレードの商品や、地球にやさしいエコな商品が並べられています。

そしてカフェは、オーガニックに対するこだわりが。

ほうれん草カレー

こちらがノンオイルのほうれん草カレー、900円。
ご飯は、玄米ご飯に雑穀をブレンドしたもの。

お米や野菜、調味料など、使う素材は、安心して安全に食べられる物というこだわりがあり、
詳しくはお店の公式サイトに掲載されているので、そちらを参照してください。

ルー

ノンオイルのほうれん草カレー。
ルーはカレーというよりは、スパイスの効いた食べるスープといった感じです。
インドや欧風カレーのような、いかにもカレーという味ではなく、
食べている間に、徐々にスパイスのピリリとした刺激が。
ほうれん草やお豆腐の優しさと、その裏に隠れているスパイスの刺激が交互にやってきて、
それが、次第にマッチしてくるのです。

食べる前から、カレーはこうあるべきと決めつけて望む人には、意外な味でしょうが、
こういうカレーもあってもいいんじゃないでしょうか。

ご飯の量は控えめですが、ルーの方は意外とたっぷりあるので、
食べるバランスを考えながら、行きましょう。

正直、普段はあまりオーガニックなど意識したことはありませんが、
こうして食べてみると、それぞれの行きすぎない感じが、バランスがとれていて、
逆に深みを出している感じがします。
なにが入っているんだろうなどと、想像しながら食べるのも楽しい。
何かが突出していない自然の味だから、素材の味が感じられるのだと思います。

アフォガード

平日であれば、プラス150円でドリンクがセットになるのですが、
この日、デザートに頂いたのは、小豆と豊富のアフォガード、650円。

お豆腐のアイスクリームと、デーツ入りの特製小豆あんがグラスの中に。
デーツというのは、ナツメヤシの果実です。
添えられているポットには、自然栽培&フェアトレードのエスプレッソが。

ミックス

まず、最初にアイスと餡を食べて楽しみ、
その後、エスプレッソをかけて、ブレンドして楽しみます。
最後に、グラスに残ったエスプレッソを飲み干し、3つの楽しみを堪能。

カフェやレストランなどに、オーガニックという冠がつくと、
なんだかメニューなどにもウンチクや講釈などがあって、
主張が強すぎて、居心地の悪そうなイメージがあったのですが、
こちらは、インテリアや空間の雰囲気も、行きすぎていない感じがバランスいいです。

表現が難しいですが、無理矢理自然を意識しようという強い感じではなく、
自然に自然を感じようという、やわらかい感じが、心地よいのです。

土曜日のお昼、光が降り注ぐ中庭では、
パパと制服を着た女子高生の娘さんが食事をしていました。
今どきのギャル語ではなく、おだやかな口調。
可愛らしい小さな犬を連れていたのは、実はこの親子で、
まるで三井のリハウスのCMにでも出てきそうな、幸せそうな光景でした。

住宅街の中のカフェだからこその、1シーンだったのかもしれません。

■サイマーケット
■東京都板橋区小茂根1-9-5
■営業
カフェ:11:00~22:00(LO)
雑貨:11:00~20:00
■定休日:水曜
場所はこのへん
お店の公式サイト

自転車で23区カフェ制覇の旅…ただ今、4/23区。

地図

Pocket
LINEで送る