バーガーハウス・バグダッド(中野)

バグダッド

カフェ・ハイチ中野の隣に、日曜だけ限定のハンバーガーショップが出来ていました。

看板

BAGDADというBARの定休日に、お店を借りて、
日曜だけオープンするバーガーハウス・バグダッドを開店。
若い店主の方がやられているのですが、
普段は、他の場所のBARで働いているのだけれど、
ハンバーガー好きが高じて、家の近所のお店を借りて、
グルメバーガーのお店をやってみる事にしたのだそうです。

ちなみに、看板の間に挟まっているロードバイクは、
古いキャノンデールなのですが、ホイールがひん曲がって、
ディレイラーも壊れている様子。
ただのオブジェと化していました。
どうやらBARの方の店主の持ち物らしいです。
直せばいいのに。

チーズバーガー

いただいたのはチーズバーガー、1130円。
コーラ、350円。

入った時には、お客が僕だけだったので、
ハンバーガーマニア同士、食べ歩き談義で盛り上がる!
そういう話をしながら食べていると、いろいろ合点がいくことが。

まず、パティは肉の食感を残すワイルドな感じなんですが、それを言ったら、
若店主の好きなお店のは、芝公園のマンチズ バーガー シャックだそうで、
マンチズは、肉を手切りしてパティを作っているので、
それをイメージして、超粗挽きで肉をオーダーしているのだとか。

一口食べて、僕が思い浮かべたのは、池袋のNo.18ダイニングバーだったのですが、
こちらのご主人は、マンチズで修行して独立した方なので、
やはり肉はそぎ落とし系の肉の食感が残るワイルドなパティです。
なので、No.18ダイニングバーもおすすめしておきました。

本郷のファイヤーハウスも好きだと言っていたので、
じゃあバンズは東新宿の峰屋なのかと思ったら、
そうではなくて新橋ベーカリーだそうです。

お店を始める前に中野界隈のハンバーガーショップを回ったら、
峰屋を使っているところがあったので、
ちょっと変えてやろうと、新橋ベーカリーを選んだのだそうです。
精養軒や都内のホテルなどにも納入しているお店。

なるほど、峰屋よりももっとしっかりした感じで、かみ応えもあるバンズで、
これはワイルドなパティとのバランスをとっているんだろうな。
いい感じではないですか!

ハンバーガー談義が出来るマニアと、なかなか出会わないので、
とっても楽しかったです。
また食べ歩き報告会やりたいわ。

■バーガーハウス・バグダッド(BAGDAD)
■東京都中野区中野3-15-8
■営業:12:00〜20:00
■定休日:月〜土(日曜のみ営業)
場所はこのへん

ハンバーガー好きにおすすめの食べ歩き本

Pocket
LINEで送る

カフェハイチ中野(中野)

カフェハイチ

かつて西新宿にあり、人気を博していたお店が、惜しまれながらも閉店。
しかし中野に場所を移して復活いたしました!
カフェ・ハイチ中野として。

丸井の裏手で、ザ・ポケットという劇場の前の道を、
もう少し進んだ坂の手前にあります。
ちょっと怪しげな木彫りの人形が目印です。

カフェハイチは、フランチャイズもありますが、
こちらは、直系の新宿2号店を受け継ぐ、本流です。

店内

店内は思ったより狭く、二人席が3つの6席。
住宅街の奥の奥なので、まだ知られていないようですが、
それでも、古くからのファンが遠くから駆けつけているようです。

実は西新宿のお店で、知り合いがバイトしていた事があるので、
こちらの復活情報をいち早く入手!
実はいつもいく美容室がこのちょっと先で、
開店をチェックしていたのですが、
手作りで内装工事などをやっていたので、延び延びに。
今回、髪を切りに言ったタイミングで、やっと来ることができました。

ドライカレー

ハイチと言ったら、ドライカレー!700円。
確か新宿にあった時は、1000円だったよな。
住宅街のこじんまりした物件で、家賃が安くなった分、
リーズナブルにできたのでしょうか?
お店はご主人一人だけだし、人件費もダウンしたんですかね?

懐かしのカレーは、新宿の時のまま。
ちょっと小さめのドライカレーなんですが、
ダイエットで小食を心がけている自分にはうれしいサイズ。

僕の後に来た人は、大盛りにして温玉をのせてました!
温玉か!自分も乗せればよかった!

普通のドライカレーよりねっとりした感じで、
口の中で、味わいがじっくり広がっていきます。
これだよ!これ!

中野の楽しみがまたひとつできましたなあ。

■カフェハイチ 中野 (Cafe HAITI)
■東京都中野区中野3-15-8 マンション増田103
■営業:10:00~10:00
■定休日
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る