江古田珈琲焙煎所(新江古田)

江古田珈琲焙煎所

昔、好きだったバンドの名盤を今、改めて買おうとした時、
「デジタルリマスター盤」というのを手にする事はないでしょうか?
過去の音楽などは、名盤というものでも、今改めて聴くと、
「え?こんなに音がスカスカだったけ?」と驚く事があります。
当時最先端だった録音技術も今となってはそれほど高くなく、
耳が現代の録音レベルに慣れてしまっているので、
過去とのギャップを感じてしまうのです。
それを今聞いても、遜色ないレベルに引き上げるのが、
リマスターという作業です。

僕は、料理の世界でリマスターをかけたい物があります。
それは、レストランの付け合わせの「サラダ」です。
特にチェーン店の。

元々はサービスでつけていたはずのサラダが、
サービスなんだから、この程度でいいだろうという一品に堕落しています。
機械的にカットした野菜に、業務用のドレッシングをかけた物ばかり。
サービスでも「嬉しい!」と思う一品になかなか出会えません。
しかも、自分たちも、それに気づかないうちに慣れてしまっています。

それに気づかせてくれたのが、
大山のレストランオオタニの手作りマヨネーズのキャベツサラダで、
付け合わせのサラダでも、こんなに丁寧に作れば感動出来るんじゃん!
…というのを提示してくれました。

もちろん、丁寧に手作りしてくれると嬉しいですが、
今なんて、市販品のドレッシングだって、かなり旨いものが多いのだから
ドレッシング選びだけでも、劇的に旨くなるはずです。
付け合わせのサラダって、現代の食のレベルからすると低いので、
古い音源のように、リマスターしたいのです。

さて、なんでこんな事を書いたかというと、
新江古田の江古田珈琲焙煎所の手作りのサラダも旨かったからです。
やれば出来んじゃん!サラダです。

たまごトースト

たまごトーストは、380円でサラダ付き。
コーヒーは、エチオピア・モカ・イルガチェフェ・ナチュラル・コケ、
450円。
出来そうで、なかなか出来ない、
普通のメニューを丁寧に作るという仕事。
シンプルだからこそ、
丁寧に作ったか、手を抜いたかで、その差は大きいです。

どこかの雑誌で、「付け合わせのサラダが旨い店特集!」とか
やってくれないかなあ。
今、「マツコの知らない世界」でやったら一発で、
付け合わせのサラダブームが起きそう!
そうすれば、全体のレベルがグンと上がるような気がします。

ここ最近、いろんな物を食べてて思うのは、
サラダとかトーストとか、それこそナポリタンとか
こんな物だろと思い込んでいた普通のメニューを、
丁寧に旨く作るブームが、来てもおかしくないなあという事。

懐かしの東京ラーメンといわれる、荻窪の春木屋。
そのオフィシャルサイトには、ラーメンのこだわりがこう書かれています。

お客様から「変わらない味」と言われる
「変わり続ける味」

変えてはいけない味の幹を守りながら、研究し、
毎日、少しずつ変化を続けて行くと、
お客さんから「変わらずに美味しいね」と満足していただけると。
だから、ただの懐かしの東京ラーメンに終わらず、
現代でも人気店なんでしょうね。

サラダも、トーストも、ナポリタンも、まだまだ進歩出来る!
そういう所にヒントがあるような気がします。

■江古田珈琲焙煎所
■中野区江原町2-7-19
■営業
10:30~19:00
■定休日:火曜
地図を表示
お店のブログ

Pocket
LINEで送る

ポレポレ坐(東中野)

ポレポレ坐

ミニシアターのポレポレ東中野の1階にあるのが、
カフェの「ポレポレ坐」です。
「ポレポレ」とは、スワヒリ語で「ゆっくり、ゆっくり」という意味で、
ミニシアターで上映されている作品も、
これをチェックしておかなければマズいという
メインストリームな作品でもなく、
余裕がある時に見たいという物が多いので、
この「ポレポレ」が、そのコンセプトの全てを表している気がします。

店内

ところで、余裕って何だろうと思いながら一休み。
そのヒントは、カーリング女子にあるのでは?と思いました。

カーリング女子の銅メダルの瞬間最高視聴率は、42.8%。
羽生結弦選手の2連覇の瞬間、46.0%
紅白歌合戦の安室奈美恵さんの、48.4%にも匹敵する、
40%越えの数字を叩き出しているのです。
羽生選手や安室ちゃんのように、有名ではない、
それまで無名だった選手達が行う、マイナースポーツが、
それと同等の数字を叩き出しているのです。
まわりに話を聞いてみると、ほとんどの人がルールもわかってない。
なのに、なぜか皆、カーリングに惹かれてる。
なんで?

それは、楽しそうだったからじゃないでしょうか?
よくわかってないけど、何となく楽しそう!
楽しそうなのを観ていると、こっちまで楽しくなって来る。
楽しさのお裾分けみたいな感じもあったと思います。
満面の笑みなんて、もう何年もしていない自分が、
あの笑顔に自分を感情移入してる。
ピンチでも笑顔でいよう、そしたらラッキーが転がり込んでくるかも?
そう信じて、試合中、何があっても笑顔でいる吉田知那美選手、
なのに、終わったとたんに、ボロボロと涙を流す、
感情の爆発に、心が揺り動かされました。

反面、インスタグラムのリア充に拒否反応を示す人がいるように、
あの、わちゃわちゃ感が嫌という人もいたようですね。

ソルトレイクオリンピックのカーリング女子をモデルにした映画
「シムソンズ」でも、笑顔をチームの武器にしていました。
相手チームは、その余裕の笑顔がプレッシャーとなり、
「笑顔にだまされるな」とイライラします。
人の余裕って、時には、プレッシャーにもなるんですね。

あ、シムソンズのカーリングのルール説明のVTRに、
若き日の吉田夕梨花選手が、出演しています。
余談ですが。

パンフレット

人生フルーツ観た後、余韻を楽しみたくて、
久々にパンフレットを買ってしまいました。
読むと、シーンが蘇って、癒やされます。

カフェラテ

ポレポレ東中野の半券を見せると、
メニューは100円引きになります。
なので、カフェラテは、550円が450円に。

今、自分に時間の余裕ではなく、
精神的な余裕が足りてないから、
そういう人に憧れるというか、惹かれてしまうんだろうなあ。
いろんな人から学んでいますが、でも、あともうちょっとの所で、
ポジティブスイッチが入るような気もしてきました。

■ポレポレ坐
■東京都中野区東中野4-4-1 ポレポレ坐ビル1階
■営業
11:30〜23:00(火〜土)
11:30〜18:00(日)
■定休日:月曜
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る