カフェ・イワブチ(東中野)

中井

ミニベロで山の手通りを東中野方面に走っていると、橋の上から写真を撮っている人達が大勢いました。鉄道ヲタク?撮り鉄?と覗いてみると、撮っていたのは川の風景でした。

染の小道

一瞬、鯉のぼり?と思ったのですが、ひな祭りもまだなので、さすがに早すぎます。写真を撮っていた人に聞いてみると、「染の小道」というイベントでした。かつて、中井や落合の川沿いには染め物工場が並び、川で染め物を洗っていたのだそうです。その記憶を現代に蘇らせようと、妙正寺川の空中に反物を泳がせようというイベントが企画されました。今年でもう10年目なんだそうです。近所の飲食店などでも、染め物や小物が買えたり、回遊型のイベントとなっているようです。

そういえば、この日、江古田も「パンさんぽ」というイベントやってたなあ。江古田のイベントといえば、商店街がメインとなった豚汁無料プレゼントが定番でしたが、やっと、若い人達にもフィットするイベントとなりましたね。以前、商店街イベントにも参加する若手に、「あー!豚汁食いたい!」なんて、そんなに思うほどの食べ物じゃないのに、なんで、イベントでは毎回豚汁配布なの?と聞いた事があります。

若手も毎回新たなイベント案を提案しているのだけど、重鎮というか、仕切りや的な人達が、「イベントといえば、豚汁、俺の出番!」と譲らず、どうしても違う事が出来ないと、ボヤいていました。ちょっと、どこかで風穴開いたんですかね?

大盛軒

江古田といば、最近、ちょくちょくテレビで特集されていたなあ。女優の本仮屋ユイカさんや、落語家の立川志らくさんという日芸出身者が紹介していたのが、三東餃子で、関ジャニ∞の「ペコジャニ」で、餃子と野菜炒めを激推ししていたのですが、その後、行ったら、みんなが餃子と野菜炒めを食べていました。テレビの影響は凄いですねえ。

そして、志らくさんが、かつて江古田にあったけど、今は閉店して食べられなくて残念がっていたら東中野の姉妹店「大盛軒」で食べられるのを知ったとして「鉄板麺」を紹介していました。この大盛軒、「江古田では「Taiseiken」とローマ字で書かれてありましたが、東中野は「おおもりけん」です。カップルが「これだ!テレビでやってたの」と指をさしていたので、きっと「ぺこジャニ」で見たんでしょう。

カフェ・イワブチ

ミニシアターの、ポレポレ東中野で映画をみる前に住宅街の中にひっそりとある「カフェ・イワブチ」へ。

プリン

頂いたのはカフェオレ、500円と、ブラジルのプリン、400円。砂糖の代わりにコンデンスミルクを使用した焼きプリンで、固めで、甘さ控えめ。

となりの席ではカップルが、先ほど行った図書館の噺をしていました。目白の大学にある図書館に比べ、町の図書館には、オジサンが多くて怖いし、キモいと。どうやら新聞コーナーで、みんなスポーツ新聞の競馬欄を見て予想しているのが異様な光景だったらしい。

こちらのカフェでも、隣にオッサンいるけど、大丈夫かしら。

■カフェ イワブチ (cafe iwabuti)
■東京都中野区東中野1-52-2 メゾントキワ 1F
■営業:11:00~22:00
■定休日:火曜・水曜
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る

ばらーど(中野)

「そういえば、私、トリプルアクセルを跳んだ長洲未来ちゃんと幼なじみなんです」ええええーーーーーーーーー!スタジオ中がひっくり返りました。声優の山寺宏一さんと共にDJを務める、岡田ロビン翔子の一言に。うちの番組で、平昌オリンピックの結果を入れたり、TV観戦した興奮を伝えている時に、彼女から、そんな言葉がポロリと飛び出したのです。

「ウソだろ!」「ホントです!写真ありますよ!」…と出して来たのが、こちらの写真。

ロスの幼稚園に通っている頃の写真です。確かに、幼き頃の長洲未来ちゃんが、ロビンと一緒に写っていました。

彼女は、時々こういう大ネタを番組に投下してきます。アイドルの間で密かに流行っていた「デートなう」の写真を、大物声優である山寺さんが、あえてやったらBUZZる!と提案し、その言葉通り、36万いいね!で、大ブームを巻き起こしました。

アイドルなのにスタバよりも、喫茶店めぐりが好きという彼女は、東銀座の喫茶YOUでオムライスを食べ、吉祥寺のくぐつ草で、カレーを食べ、神保超のラドリオでウインナコーヒーを飲み、神田のヘッケルンでプリンを食べるという、ハーフという見た目なのに、意外と渋い趣味をしています。なので、休憩時間などには喫茶談義に花を咲かせています。

看板

最近、僕が彼女にお勧めしたのが、中野にある「ばらーど」という喫茶店。駅から中野サンプラザを越えて早稲田通りに入り、高円寺方面に10分以上歩いた所にあるお店。と言っても、目印はコレだけなので、見落としてしまいがちで、知る人ぞ知るお店となっています。

通路

路地を覗き込んでも、お店らしきものの姿は見えません。アイドルにお勧めするお店かあ?その理由は、もう少しお待ちを。

ばらーど

路地の突き当たりに来ても、あるのは普通の家。でも、良くみると玄関脇に「ばらーど」という木の看板がありました。どうやら、この家が、お店のようです。

店内

彼女にこのお店をオススメしたかった理由の一つは、普通の家に潜入するような、ドキドキ感が味わえる所。彼女はアイドルでもありますが、ラジオのDJでもあります。ラジオでは、「スタバで新作飲んだよ」じゃ、話にならず、こういう所に入ったエピソードが、フリートークのネタになるのです。

「喫茶店と聞いて行ったのですが、どうみても普通の家なんです」「恐る恐る扉を開けてみたけど、やっぱり普通の家」「泥棒に間違えられたらどうしようと思いつつ、思い切って入ってみたんです」「そしたら、普通のリビングの奥から『いらっしゃい』と声がしたんです。」「やっぱお店だったのかと、ホッとしました」

こういう話をしつつ

「みなさんは、勇気を振り絞って入ってみた場所とかないですか?」「初めての、回らないお寿司屋さんとか」「カジュアルなファッションだと、ハイブランドのお店とか場違い感がハンパないですよね。」「さあ、どんな、勇気を振り絞って入ってみた体験がありますか?みなさんからのメール待ってます」

ラジオのフリートークやテーマ設定って、こうした自分のドキドキ、アクシデント、失敗など、体験談を元に膨らませていく事が多いので、ラジオDJである彼女に、このお店をオススメした訳です。

モーニング

「ばらーど」は、以前は神田、上野、京橋とわたりトータルで50年の歴史をもつ老舗なのですが、最後に中野に移転し、自宅を改装して、お店にしました。

喫茶店マニアでもある、彼女にお勧めしたい理由は、もう一つ。彼女のお姉さんは、かなりのパンマニアです。江古田のパーラーまでパンを買いに来たり、吉祥寺で彼女達のグループのライブがあった時には、下井草の「カリーナ」のサンドイッチを差し入れしたり。だから、お姉さんに「ペリカンのパン知ってる?」って聞いてみな。…と言いました。ここは、浅草の「ペリカン」のパンを使っているお店。行列が出来、予約必須のペリカンのパンを、奥様が、毎朝買いに出かけるのだそうです。

タマゴトーストのモーニングは、コレ全部で500円。

注文を受けるとすぐに玉子を割ってかき混ぜはじめ、その場で焼いた卵焼きを挟むので、中身が熱々。外がカリっとして、中身ふんわりのトーストとの相性がばっちり。ワンコインランチというと、お小遣い制限された旦那の悲哀みたいな響きですが、こちらのワンコインは、幸せの国へと導いてくれるメダルとなります。

さあ、500円玉を握りしめて、夢の国へ。ただし、午前中のシンデレラみたいなもので、ワンコインの夢の時間「モーニング:は、午前11:30分までです。

■喫茶「ばらーど」
■東京都中野区野方1-44-1
■営業:9:00~18:00
■定休日:不定休
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る