ばらーど(中野)

「そういえば、私、トリプルアクセルを跳んだ長洲未来ちゃんと幼なじみなんです」ええええーーーーーーーーー!スタジオ中がひっくり返りました。声優の山寺宏一さんと共にDJを務める、岡田ロビン翔子の一言に。うちの番組で、平昌オリンピックの結果を入れたり、TV観戦した興奮を伝えている時に、彼女から、そんな言葉がポロリと飛び出したのです。

「ウソだろ!」「ホントです!写真ありますよ!」…と出して来たのが、こちらの写真。

ロスの幼稚園に通っている頃の写真です。確かに、幼き頃の長洲未来ちゃんが、ロビンと一緒に写っていました。

彼女は、時々こういう大ネタを番組に投下してきます。アイドルの間で密かに流行っていた「デートなう」の写真を、大物声優である山寺さんが、あえてやったらBUZZる!と提案し、その言葉通り、36万いいね!で、大ブームを巻き起こしました。

アイドルなのにスタバよりも、喫茶店めぐりが好きという彼女は、東銀座の喫茶YOUでオムライスを食べ、吉祥寺のくぐつ草で、カレーを食べ、神保超のラドリオでウインナコーヒーを飲み、神田のヘッケルンでプリンを食べるという、ハーフという見た目なのに、意外と渋い趣味をしています。なので、休憩時間などには喫茶談義に花を咲かせています。

看板

最近、僕が彼女にお勧めしたのが、中野にある「ばらーど」という喫茶店。駅から中野サンプラザを越えて早稲田通りに入り、高円寺方面に10分以上歩いた所にあるお店。と言っても、目印はコレだけなので、見落としてしまいがちで、知る人ぞ知るお店となっています。

通路

路地を覗き込んでも、お店らしきものの姿は見えません。アイドルにお勧めするお店かあ?その理由は、もう少しお待ちを。

ばらーど

路地の突き当たりに来ても、あるのは普通の家。でも、良くみると玄関脇に「ばらーど」という木の看板がありました。どうやら、この家が、お店のようです。

店内

彼女にこのお店をオススメしたかった理由の一つは、普通の家に潜入するような、ドキドキ感が味わえる所。彼女はアイドルでもありますが、ラジオのDJでもあります。ラジオでは、「スタバで新作飲んだよ」じゃ、話にならず、こういう所に入ったエピソードが、フリートークのネタになるのです。

「喫茶店と聞いて行ったのですが、どうみても普通の家なんです」「恐る恐る扉を開けてみたけど、やっぱり普通の家」「泥棒に間違えられたらどうしようと思いつつ、思い切って入ってみたんです」「そしたら、普通のリビングの奥から『いらっしゃい』と声がしたんです。」「やっぱお店だったのかと、ホッとしました」

こういう話をしつつ

「みなさんは、勇気を振り絞って入ってみた場所とかないですか?」「初めての、回らないお寿司屋さんとか」「カジュアルなファッションだと、ハイブランドのお店とか場違い感がハンパないですよね。」「さあ、どんな、勇気を振り絞って入ってみた体験がありますか?みなさんからのメール待ってます」

ラジオのフリートークやテーマ設定って、こうした自分のドキドキ、アクシデント、失敗など、体験談を元に膨らませていく事が多いので、ラジオDJである彼女に、このお店をオススメした訳です。

モーニング

「ばらーど」は、以前は神田、上野、京橋とわたりトータルで50年の歴史をもつ老舗なのですが、最後に中野に移転し、自宅を改装して、お店にしました。

喫茶店マニアでもある、彼女にお勧めしたい理由は、もう一つ。彼女のお姉さんは、かなりのパンマニアです。江古田のパーラーまでパンを買いに来たり、吉祥寺で彼女達のグループのライブがあった時には、下井草の「カリーナ」のサンドイッチを差し入れしたり。だから、お姉さんに「ペリカンのパン知ってる?」って聞いてみな。…と言いました。ここは、浅草の「ペリカン」のパンを使っているお店。行列が出来、予約必須のペリカンのパンを、奥様が、毎朝買いに出かけるのだそうです。

タマゴトーストのモーニングは、コレ全部で500円。

注文を受けるとすぐに玉子を割ってかき混ぜはじめ、その場で焼いた卵焼きを挟むので、中身が熱々。外がカリっとして、中身ふんわりのトーストとの相性がばっちり。ワンコインランチというと、お小遣い制限された旦那の悲哀みたいな響きですが、こちらのワンコインは、幸せの国へと導いてくれるメダルとなります。

さあ、500円玉を握りしめて、夢の国へ。ただし、午前中のシンデレラみたいなもので、ワンコインの夢の時間「モーニング:は、午前11:30分までです。

■喫茶「ばらーど」
■東京都中野区野方1-44-1
■営業:9:00~18:00
■定休日:不定休
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る

ムトウ コーヒー ロースタリー (中野)

丸井

中野の美容室に行った後に、丸井に寄り道。新春のセールをやっていて、70%OFFなんてのも。知り合いの女性DJは、ZOZO TOWNで50%オフ以下の物は買わないと言っていましたが、もはや30%前後じゃセールと言わせない雰囲気です。

僕のお目当ては、ミズノのブレスサーモ。ヒートテックのように汗で発熱するというインナー。

この時期、一般的にユニクロのヒートテックを着ている人が多いと思いますが、アウトドアスポーツをやる人にとって、ヒートテックは、スポーツには向かないというのが定説です。それは、速乾性に乏しく、汗をかくと汗冷えしてしまうという理由から。登山ガイドが、ヒートテックはやめた方がいいというブログを書き、そこから、アウトドア派の人達にヒートテックはアウトドアに向かないという説が広まりました。

ところが、エベレストを登頂した南谷真鈴さんがヒートテックを着ていた事を明かし、ユニクロのアンバサダーに就任したという発表がなされ、ユニクロも大々的に宣伝に活用しました。

僕も「ええええ?」と思いました。ヒートテックの速乾性って改良されたの?と色々調べてみたら…。

南谷真鈴さんのfacebookにも質問があり、南谷さんは、ヒートテックの下に、ミレーの「ドライナミックメッシュ」を着ている事を明かしています。やっぱり直にヒートテックじゃ、汗冷えしちゃうんだ…。これ着るんだったら、raphaの夏用ベースレイヤーも使えるな!と思ったのですが、そこまで手間かけて、ヒートテック着る必要もあるまい。

なので、元々アウトドア用に開発されて、速乾性などの部分で、自転車乗りにも定評のあるミズノのブレスサーモを見にいったのです。モンベルのジオラインも高評価ですね。ブレスサーモは、アウターはセールになっていたのですが、インナーは定価だったので、結局、Amazonで購入。

使用感としては、ミニベロでしか試していませんが、10㎞以上走るような時には、ミズノのブレスサーモは、非常に良いと思います。速乾性があり、湿っぽくなりません。中に手を入れて、色々な箇所の生地を触ってみたのですが、サラサラしていて、脇の下が、若干しっとりしているぐらい。非常に快適です。

ただ、自転車と言っても、近所をママチャリで走るぐらいなら、ユニクロのヒートテックでも、問題ないと思います。値段とかもヒートテックの方が安いですし。ポタリングぐらいから、ブレスサーモを推奨します。まあ、自転車乗りは、このお値段差なら速乾性の価値をチョイスすると思いますが。

ムトウ

話は遠回りになりましたが、丸井の裏のムトウ コーヒー ロースタリー へ。中野で髪を切った時の、ルーティン。一息入れる事にしました。

ゲイシャ

いつもなら、ガトーショコラの方を手前に置くのですが、この日は、珈琲が主役です。ゲイシャナチュラル パナマ 900円。ガトーショコラ 400円。このブログにも、ちょくちょく出てくるゲイシャ種です。

パナマのカジェホン農園の、ナチュラル精製のゲイシャ種。これまでゲイシャ種というと、ウォッシュトが多かったのですが、ナチュラルですか。

ウォッシュトだとフルーティーさが際立つゲイシャ種ですが、ナチュラルだと思っていたより、どっしり。同じフルーティーでも、軽やかというより、重い赤ワインのような感じ。焙煎も、少し深めなんでしょうか?苦みも。ゆっくり飲んで、味を落ち着かせていくと、さらにいい感じ。ゲイシャ種を頂くチャンスがある方は、ぜひ、時間をかけて味の変化を楽しんで頂きたいです。

■MUTO coffee roastery(ムトウ コーヒー ロースタリー)
■東京都中野区中野3-34-18
■営業:11:00~20:00
■定休日:木曜
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る