ノスタルジアカフェ(中野)

早稲田通り

はい!出ました!道路拡張計画マニアのアンテナに引っかかるセットバック途中の光景。中野から早稲田通りを走っていると、白いパイプで区切られた歩道が登場しました。これは道路拡張工事の途中に見られる物。歩道を広げたけど、駐車スペースに使われないように、こうして空き空間を確保しています。

看板

という事は近くに工事の案内の看板があるハズ!と探してみるとすぐ近くにありました。早稲田通りの両側に2mの自転車通行帯と、3.5mの歩道を作り、電柱を地中化する計画だと書かれています。こうして徐々に電柱の地中化も始まっている訳です。

中野

来た道をちょっと戻ってみると、中野通りの方からすでにセットバックは完了していて、残すは高円寺の大和陸橋付近のみという感じ。中野サンプラザ周辺の再開発は徐々に完成しつつあり、自転車にも優しいエリアに変身しつつあります。中野セントラルパークに親子で安心して自転車で遊びに来られるようにという流れも作ろうという事なんでしょうか?
池袋の南池袋公園も、欧米を思わせる公園にリニューアルされ、大きな駐輪場も完備し、ママが自転車で子供を連れて来て、安心して遊ばせられるエリアとして定着しました。このエリアも同じ匂いがします。

ノスタルジアカフェ

そのセットバックを終えた所に出来ていたのが、ノスタルジアカフェ。2018年の1月にオープンしたばかりの新しいカフェです。映画興行界で働いていたオーナーが、映画、音楽、ファッション、デザイン、アートなどを語り合える場所、新たなカルチャーを作るべく、お店を作ったのだそうです。

店内

ニューヨーク・マンハッタンのダウンタウンにあるような古いカフェをイメージした店内。僕の左隣りではオシャレな女子二人が会話していたのですが、中国語。人種のるつぼであるニューヨークを思わせる雰囲気。近くにセントラルパークもあるしミニニューヨークです。
セントラルパークエリアに入居する飲食店は、家賃の関係などもありチェーン店になってしまっていますが、そこから500mぐらいのエリアにこうした個人のお店が出来ると、目の前に自転車レーンも出来る計画だし、気軽に周遊する事も出来るので、新たな文化も生まれそうです。
道路拡張工事というと古い物が壊されネガティブなイメージですが、新たな文化を生み出すというポジティブなモデルとして、このエリアに注目して行きたいと思います。

プリン

頂いたのはアイスラテ550円と、カスタードプリン450円。ミルクと卵のバランスが良いカスタードに少しほろ苦いカラメル。生クリームが添えられていますが甘すぎない大人のプリンです。
サンドイッチやホットドッグも人気のようなので、次回はそちらを!

■NOSTALGIA CAFE
■東京都中野区野方1-36-10 出竹ビル 1F
■営業:11:30 – 21:00
■定休日:月曜
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る

ムトウ コーヒー ロースタリー (中野)

MUTO

カフェや喫茶店で、隣の人の会話が耳に飛び込んで来る事は多いですが、女性のお客さんで、コーヒー自体について語り合っている場面に、出くわす事はあまりありません。
多くの場合は、恋の話だったり、近況だったりという会話がメインで、コーヒーは美味しければそれでいいという感じなのですが、この日は珍しく、両隣にいる女性のお客さんが、コーヒー自体に興味を示して、お店のご主人に質問をしていました。

中野の丸井裏にあるムトウは、美味しいコーヒーのお店としてコーヒー好きには知られていますが、もしかして、そんな評判を聞いて、訪れたのでしょうか?

ガトーショコラ

僕がここに来るときは、中野の美容室で髪を切った時。エチオピアのナチュラルと、ガトーショコラというのが定番です。いつものように、ナチュラルの果実味、甘味を楽しんでいると、右隣の女性が、焙煎機の横に置かれている麻の袋を指さし、「この袋にコーヒー豆は、どのような状態で入ってくるのですか?」と、ご主人に尋ねました。

「袋には生の豆の状態で入ってきて、それを、隣の焙煎機で焙煎します」そして目の前の瓶に入ったコーヒー豆を見せて「その焙煎の方法で、深く焙煎すると、このような濃い色になり、浅く焙煎すると、このような色になります」と、ご主人。

「あまり詳しくないのですが、飲みやすいのはどれですか?」「だったら最初は深煎りじゃなく、中煎りぐらいの、これとこれですかね」

懐かしい…。このブログを始めたばかりの頃って、僕もコーヒー詳しくなくて、同じような事を聞いていたなあ。

その時の記憶は鮮明で、板橋区の志村三丁目にある、カフェ・ベルニーニに行った時の事です。ハンドピックした雑味の無いコーヒーの味に驚き、ご主人にあれこれコーヒーの事を質問攻めにしていました。探したらやはり興奮してそのことを書いていました。2010年、8年前か。自転車はまだGIOSだったんだなあ。

さて、今度は左隣の女性。注文したコーヒーを出された時「ミルクはお使いになりますか?」と聞かれ、「結構です」と答えた後に、しばらく考え込み、「あの…。もしかして…。このコーヒーはミルクを入れた方が美味しいのでしょうか?」と、尋ねました。

ご主人は、ちょっと慌てて「ああ、ちがいます。一応聞いただけです」と答えました。

僕も隣にいましたけど、「美味しいんならその通りにしてみますけど」的な殺気というか、探究心を感じました。

もう700軒以上カフェや喫茶店をまわっていますが、こんなにコーヒーについて熱心に質問している所に出会ったのは初めて。サードウェイブのブームの時にも、お目にかかりませんでしたが、なんか、新たな波が起きているのでしょうか?それとも、単なる偶然ですか?

■MUTO coffee roastery(ムトウ コーヒー ロースタリー)
■東京都中野区中野3-34-18
■営業:11:00~20:00
■定休日:木曜
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る