アイレット(中野)

アイトレット

中野の佐世保バーガーのお店は、本当に波瀾万丈。
元々は、ザッツバーガーカフェの名前で、中野の丸井の裏、
中野レンガ坂の頂上にオープン。
一時は佐世保バーガーブームに乗って調子が良かったのですが、
経営不振から経営者が撤退する事に。

そこで、中野店で働いていた店員さんが立ち上がり、
「サセボー」と屋号を変えて、再出発すると、
味などが評価され、固定客の多い人気店となりました。

ところが、突如、不幸に襲われます。
火の不始末ではなく、建物の老朽化による出火で、お店は火事となってしまいます。
店をたたんで実家に帰ることも考えたご主人。

しばらくして閉店状態のお店の前に立つと、建物には
「負けるな!頑張れ!」
「あの味をもう1度!」
など、常連客や近隣のお店の方々からのエールの張り紙が多数。

そこで、お店を復活させるなら、
お世話になった中野の南口でと、場所と名前を変えてオープンさせたのが、
現在のISLET (アイレット)なのです。

店内

この日は、行列こそ出来ていなかったですが、すぐに満席に。
席数は、カウンター3席とテーブル席合わせて15席。

佐世保バーガー

佐世保バーガーレギュラー、690円。
土曜日だったからか?セットメニューは無いとの事で、
サイドメニューとして、ポテト250円、コーラ390円を注文。
(平日昼には、ポテト、ドリンクがつくランセットがある模様)

ベーコンとエッグが挟まれ、ボリュームも十分。
どっしりとした肉の味を、バンズが受け止めます。
卵の味があすると、和風な感じがしてしまうのは、どうしてだろう?
故郷にハンバーガーショップなどなかったのに、
なんだか懐かしい感じがする味です。

これだけ、しっかりしていると、
逆にシンプルなハンバーガーも食べみたくなりますね。
かぶりついた時の肉のインパクトを味わいたい。
リピート確定です。

■ISLET (アイレット)
■中野区中央5-48-5-103
■営業:11:30~20:00
■定休日:月曜
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る

ムトウ コーヒー ロースタリー(中野)

ムトウ

テレビを見ながら、もし自分が芸能人だったらという妄想は
皆、するもんなんでしょうか?

わかりやすい例でいうと、
ごきげんようでサイコロトークをやっていたら、
出た目でどんな自分のエピソードを披露するか考えたり。
食わず嫌い王をやっていたら、何を食わず嫌いとしてあげるか考えたり。

もし、自分が食わず嫌い王に出たら、
あげるのは「抹茶味」でしょう。

お菓子の抹茶味クリームの入っている物、アレが苦手。
本物の抹茶は全然平気なのに、抹茶味がダメなんです。

抹茶味?これ抹茶の味じゃないじゃん!
抹茶ミルク味でしょ?
イチゴ味もそう!アレ、イチゴミルク味でしょ。

子供の頃、歯磨きで刷り込まれた「イチゴ味=イチゴミルク味」
あれでいいとなっているので、
本物のイチゴ単体の味を追求した、フルーツのイチゴ味は出てきません。

抹茶味もそう。
ほろ苦さを程よく追求した、抹茶味はなくて、
かならずと言っていいほど、そこに甘いミルク味が投入されます。
しかも、「本物の抹茶+本物のミルク」味じゃない。
誰が一度作った、なんちゃって抹茶味を、
それが基本にして改変してるだけで、
どんどん「本物の抹茶+本物のミルク」からは遠くなってます。
そこにケミカルさを感じて、どうも苦手なのです。

十条の天然かき氷のお店、「だるまや餅菓子店」で、
天然氷+本物の抹茶+本物のミルクの、かき氷を食べた時、
やっぱコレだよな!なんでコレを目指さない!なんて思いました。

みんな洗脳されている…。
あれは抹茶味じゃない!ケミカル抹茶ミルク味だ!

「何で、ダメなんです?」と聞かれたら、
こういうことを得意げに言いたい訳ですよ。
まあ、聞かれる事はないんですが。

最近、純粋にコーヒー豆の味を味わう、
ドリップ重視のサードウェーブが好きなのも、こういうニュアンスがあります。

セカンドウェーブのシアトル系。
女のコの好きな可愛いメニューが多いけど、
コーヒーの味、しなくない?

カフェラテでも、カプチーノでも、ミルクの割合が多すぎるのか、
コーヒーは風味程度で、本来の味が消えてしまっているように…自分は感じます。

だから、最近は、純粋にストレートのコーヒーが飲みたい欲求が強く、
そういう時は、中野のムトウコーヒー ロースタリーなどに足を運ぶ事が多いです。

ガトーショコラ

おなじみのエチオピアのナチュラルと、ガトーショコラ。
通常のウォッシュドという製法に対する、
ナチュラルを知ったのは、恥ずかしながら最近なんですが、
果実の味を感じられるようなコーヒーで、すっかりどハマり。

豆を買って帰ろうとも思ったんだけど、
この日は、エチオピアのナチュラルは置いてませんでした。
残念。

子供の頃「クリープのないコーヒーなんて」というコピーで育った世代なので、
ミルク入りのコーヒーが、コーヒー味と洗脳され、
甘ったるいコーヒーガムを、コーヒーだと思って食べていたあの頃。
「コーヒーをブラックで」なんて、単なるやせ我慢だと思っていました。

それがさ、コーヒーの豆の味を純粋に味わいたい…だってさ。
大人にならないと、わからない事ってあるんですねえ。

■MUTO coffee roastery(ムトウ コーヒー ロースタリー)
■東京都中野区中野3-34-18
■営業:11:00~20:00
■定休日:木曜
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る