かえる食堂(要町)

かえる食堂

今年になってからカレー難民になっています。
江古田のプアハウスが休業して以来、
ピンと来るカレーがありません。
江古田はインドネパールカレーは沢山あるのだけど、
味が平板で、あまり奥行きを感じず、物足りないのです。
千葉県・柏のボンベイのカシミールカレーが
求める味に近かったけど、
そう気軽に足を運べる感じでもないし、
近場だと、豊島園・食堂八の3食カレーかな?
あ!要町の「かえる食堂」もあるじゃないかと、足を運んでみました。

メニュー

お店では綺麗なOLさんが、お店の奥さんと会話しながら食事していました。
学生時代は、この付近に住んでいて、よくかえる食堂に通ってたらしい。
今は、神保町界隈で働いていて、神保町もカレーの街でよく食べるけど、
どうしても、学生時代の思い出の味が食べたくなって、
今日は、久々に足を運んでみたのだそうです。

よく通っていたのか、
お店の方から「彼氏はどうしてる?」なんて話も出たり、
楽しそうに話しながら、美味しそうに食べる。
このOLさんの、コミュ力凄いな!

その思い出の味は何だろう?と横目でチラ見してみると、
手羽元が2本入っていし、野菜も入っていたので、
チキン+野菜の、ミックスカレーだな?と推測。
チキンだと手羽元は3本だし。

看板

その思い出の味に便乗しようかなとも思ったのですが、
Instagramなどでみて気になっていたのが、
黒胡椒がガッツリ効いているという、黒坦々カレー!
元々は、週替わりメニューのような感じだったのですが、
人気が高く、レギュラーメニューに昇格?と言った感じらしいです。

黒坦坦カレー

運ばれて来た黒坦々カレーは、900円。
お!黒胡椒がガッツリ効いている!
お!ヒリヒリする!よしよし!
自分が求めていたカレーに近いぞ!
僕が好きな味は、黒胡椒が効いている味なんだな。
欽ちゃんの仮想大賞の採点ゲージみたいに、
僕の満足ゲージが、急上昇していきました。

■かえる食堂
■東京都豊島区池袋3-6-1 第2京花荘 1F
■営業:11:30~17:00
■定休日:日月
場所はこのへん
お店のツイッター

Pocket
LINEで送る

藤香想 (要町)

路地裏

あいかわらずテレビもスマホの中もヒステリック。
誰かが何かにずーっと怒っている。
だからこんな陽気の日に、テレビを消して、スマホをしまい、
怒りを体に取り込むのはやめましょう。
同じ怒りなら完全エンターテインメントの方が面白いので
夜に飲みながらマーベルの映画シリーズを見るのが最近のお気に入り。
しかも吹き替え版で。

本来ならデジタルデトックスで、
一発サイクリングにも出かけたかったのですが、
本日は、原稿書きが2本あるので遠出出来ず、残念。
なので、近場なのに旅気分が味わえる場所を思い浮かべました。

最初に浮かんだのは、氷川台のお蕎麦屋さん、山禅。
温泉地の旅館のような雰囲気で、庭を眺めながらいただけるので、
その後、桜台の久松湯に行って、露天風呂に入れば、
バーチャル温泉街のできあがり。
「なごみ」に行って風呂上がりのマッサージもいいなあ。
でも、土曜日にサイクリング出来そうなので、
マッサージに行くならそっちの後がいいか。

で、第二候補で思い浮かんだのが、
要町の古民家リノベーションカフェの、藤香想です。

小道

小道を入って緑の奥へ。

藤香想

ここは緑に囲まれた、古民家リノベーションカフェ。
あ、ここにも春なのに赤いモミジがありました。

店内

窓から緑の間を縫って、光が降り注ぎ、高原気分。
スマホもポケットにしまい、見るのはやめましょう。
旅気分吸収モードに変身し、
窓の先に森が広がっていると妄想。
よし!見えてきたぞ森が!

海

ランチは、陸と、海の2種類があるのですが、
僕が選んだのは、海の海鮮丼、1200円。
ん?森を想像しながら海鮮丼?
まあ温泉地の夕食にもお刺身が出てくる事があるし、まあいいでしょう。
鮪の刺身の色を見て頂ければわかるように、いいネタ使ってます。
赤貝も入っているし、高級海鮮丼ですよ。
旨い。
セット料金、300円で棒茶を頂きながら、のんびり。
棒茶とはほうじ茶のようで、少しスッキリな味わい。
窓の外の緑に合って、初夏って感じの雰囲気を味わえました。

■藤香想
■東京都豊島区要町1-38-11
■営業:11:30~21:00
■定休日:火曜
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る