STYLE-B(大崎広小路)

五反田に新しいサイクルカフェが出来ました。

今、五反田から出発する東急電鉄池上線の高架下に、新たな町を作ろうという試みが行われています。五反田付近は、渋谷より家賃が3割近く安い為に、ベンチャー企業が集まってきていて、そういう所で働く高感度な人達の遊び場を作ろうという計画です。その名も「池上線五反田高架下」。

そこに、サイクルカフェが出来たのです。

こちらは、いわゆる赤提灯が並ぶ新橋的なガード下ではなく、バルやビストロが並ぶ、おしゃれな高架下とし、30前後の若いサラリーマンをターゲットにしています。

STYLE-B

その高架下の大崎広小路側、山の手通り側に出来たのが、サイクルショップやカフェを複合させた、STYLE-Bというショップ。
手がけるのは、西五反田に本社のある、日本コンピュータ・ダイナミクス株式会社。IT企業なんですが、駐輪所の運営の他、シェアサイクルも開発してて、自転車文化を創ろうという一環で、このサイクルショップも作られたようです。

施設の設計は、しまなみ街道サイクリングの拠点として人気の広島県尾道市の倉庫改装ホテル「ONOMICHI U2」を手掛けた、「SUPPOSE DESIGN OFFICE Co.,Ltd.」です。

STYLE-B

CYCLE & CAFEというネオンがあるように、自転車ショップと、サイクルアパレル、ドーナッツプラントというドーナツ屋、今、話題の旬八という八百屋さん、コインランドリーに室内駐輪場とロッカー&シャワーと、自転車移動の拠点にしようという試みのようです。

カタログ

取り扱う自転車は、ピュアサイクルという日本初上陸のLAのブランド。価格は6万から8万円前後で、8段ギアのクロスバイクがメイン。だいたいTOKYO BIKEとユーザー層が重なる感じで、シティーライドを想定した、リーズナブルなスポーツバイクです。ドロップもあるけど、ロードバイクとしては物足りないかも。そのほか、ファミリー層向けに、YAMAHAのPASも扱っています。

ラック

高架下の隣の棟に、メンテナンスの工房があり、そちらにバイクラックが設置されています。こちらに停めて、この背中側のカフェに行くのが良いかと。経営は同じなので大丈夫でしょう。

また、この付近のベンチャー企業などに自転車通勤する人向けに、室内用の駐輪場もあります。ロッカーとシャワールームもセットになっているので、夏場とか、こちらでサッと汗を流してスーツに着替えて出勤!…という事も可能です。

入るのには、ICカードのルームキーが必要なので、安心して停めておく事が出来ますね。また、コインランドリーも設置されています。

カフェ

サイクルショップの向かいにあるのが、ニューヨークで⼈気の『DOUGHNUT PLANT』の国内4店舗目。お客さんは、やはりIT企業の方々が多いです。パソコン開いて、打ち合わせしたり、プレゼンの前の打ち合わせをしたりしていました。

ドーナツ

頂いたのは、カフェラテ450円と、ドーナツ380円。『DOUGHNUT PLANT』は、合成着⾊料・保存料・化学調味料・⼈工⽢味料、卵を使⽤していない手づくりドーナッツなのですが、やはり、そこはアメリカ発なので、甘〜い。 補給食としてはいいですけどね。

3年前ぐらい前に、サイクルカフェが出来ては消えという感じでしたが、2年後の東京オリンピックに向けて、シェアサイクル文化が少しずつですが、根付いてきました。ロンドンオリンピックの時も、市内の交通規制をした為に、シェアサイクルが一気にブームになったのですよね。東京は地下鉄も張り巡らされていますが、所詮地下移動なので、町の風景は見逃しています。一駅分なら、徒歩移動した事があると思いますが、2駅〜5駅ぐらいならなら自転車移動の方が、楽しいというのが、徐々に浸透していくといいですね。

■STYLE-B
■東京都品川区西五反田1-22-4
■営業:12:00〜20:00
■定休日:水曜
場所はこのへん
お店のサイト

■DOUGHNUT PLANT
■営業
8:00~19:00
9:00〜19:00(土日祝)
■定休日:水曜

Pocket
LINEで送る

アエル コーヒーストップ(赤羽)

岩淵水門

サイクリストの皆様!朗報です!
荒川サイクリングロード岩淵水門の近くにカフェが出来ました!しかも隣はロードバイクのお店になる予定!岩淵水門といえば、下流から来て、ここで折り返し。または、上流に行ってきて、帰りはここから一般道へ。など、サイクリングロードの休憩スポットとなっている場所です。前々から、この付近にチャリカフェがあればいいのにと思っていましたが、ようやく、そういう文化が花開きそうです。

荒川CR

では、その新しいカフェへの行き方です。カフェに行くには、この写真の見た目の背中側、つまり上流方面へと向かいます。

荒川CR

サイクリングロードの本線は、右土手下へと下っていくのですが、下らずにそのまま土手の上を直進してください。

スロープ

すると国道122号線の岩槻街道の橋、新荒川大橋が見えて来るのですが、その手前に土手下左へと向かうスロープが見えてきます。

桜

ソメイヨシノは散ってしまいましたが、4月5日(木)現在、八重桜の一種、フゲンゾウが満開となっています。

岩淵橋

スロープを下ると、岩淵橋が見えてくるので、それを渡り、突き当たりを、右手へと進みます。

スロープ

降りたら左に曲がり横断歩道を渡ります。

路地

そして、路地を入っていきます。

八雲神社

入ってすぐの所に八雲神社がありますが、そこの立て看板によると、この付近は江戸時代に、岩槻街道の最初の宿場町、岩淵宿でした。一般の旅人は日光街道を使い、北千住を宿場町としていたのですが、徳川将軍は、岩槻街道を使って日光に向かっていたそうです。そのため、将軍専用日光社参専用道路、日光御成道とも呼ばれました。徳川家康の遺骸を、静岡の久能山東照宮から、日光東照宮に移送する時に、初めて使われ、そこから将軍の日光参りの道となったようです。

路地

その路地を進んで行き、正面にピンクの建物が見え、銭湯の煙突が見てきたら、目的地は、もうすぐです。

銭湯

岩の湯は、男湯と女湯の間に、ペンキ絵の富士山が鎮座する昔ながらの銭湯です。営業時間は、15:30~24:00で、金曜日が定休日。夏とか、ひとっ走りして、銭湯でスッキリというのもいいかもしれません。

アエル

そのすぐ近くに出来た待望のカフェが、アエル コーヒーストップ。いろんな人に会えるという意味合いがあるようで、この左隣に、ロードバイクのサイクルショップが出来る予定です。となると、後楽園のリンズ・トーキョーのように、自転車屋さんと、カフェが並ぶショップとなります。自転車屋さんは、R-Factoryというお店で、5月にオープンの予定だとか。

自転車

今のところ、隣に自転車屋さんが入っていないので、このように塀の中にも駐輪出来るし、お店からも見えるので安心です。

自転車屋

この付近は、古くからの長屋が多いのですが、それだと高齢者しか住まないので、思い切って一体をリノベーションして、若者の集まる店舗を入れて、活性化しようという試みです。左の建物の手前が、サイクルショップに。その隣が、アエル・コーヒー・ストップで、その右隣の建物は、今のところ空き店舗で、月1ぐらいで、「宿場町まるしぇ」が開催され、いろんなお店の出店で、賑わっているようです。楽しそう!

ホットサンド

さて、この日、頂いたのは、カプチーノ550円と、ホットサンド、800円。豆はオーストラリアから輸入しているそうで、この日、そのコーヒー農園のオーナーが遊びに来ていました。ラグビーとかやっていそうな、ごっつい人でした。フレンドリーな若いご夫婦でやっているお店で、いろいろ教えてくれました。

朝7時からやっているので、早朝サイクリングで朝活した後に、寄っていく人も多いそうで、すでに週末にはサイクリストも多数。前から、この付近にサイクリスト向けのカフェが出来ると、絶対に人気になると提唱して来たので、ついに出来たか!と、感動しております。

■アエル コーヒーストップ (AERU COFFEE STOP)
■東京都北区岩淵町15-8
■営業:7:00〜18:00
■定休日:水曜日
場所はこのへん
お店のfacebook

Pocket
LINEで送る