樹樹(羽村)

福生

立川の「かいじゅう屋」で軽く補給した後は、福生方面に。米軍の横田基地がある為に、町並みはアメリカン。アメリカ生まれ沖縄育ちのアイスクリーム、ブルーシール。元々は、米軍に乳製品を手供する為に、沖縄の基地の中に作られ、基地内でしか食べられないものでした。それが基地の外にお店を作ってから、沖縄のアイスクリームとしての歴史を歩み始めました。

福生のこちらの店舗は、フランチャイズ店。フランチャイズだと、池袋のサンシャインシティーの中にもお店があります。なんだろ?この看板とか、本当に日本人の職人が作ったんでしょうか?日本の店で、こんな雑な看板許されないと思いますが、この雑さが、アメリカンなんですよね。プラモデルで、劣化を表現する塗装でウェザリングというのがありますが、この看板もウェザリングなんでしょうか?

装甲車

そして普通に装甲車が走っています。
こういうの近所を走っていたらビックリするんでしょうね。練馬には自衛隊の駐屯地あるけど、あんまり見たことないですね。敷地内に駐車しているのは見たことありますが。

基地

横田基地からは、家族なのか、ギャルっぽい格好をした女の子達も出てきます。これが福生に日常なんでしょうね。左の門柱の下にいるのがギャル3人組。アメリカの青春映画に出て来るチアガール風の金髪美女で、ドキドキというか、勝手にコンプレックスですよ。

岩手の田舎から出てきた時、渋谷の青学の女子高生の制服見て、度肝をを抜かれた訳ですよ。チェックのスカートにポロシャツって!しかもラクロスって何?こっちには、酪農しかねーよ!みたいな。そんな青学女子もひれ伏す、青春カースト上位が、アメリカンチアガールでしょ!映画でしか知らない、パリピ文化。アメリカングラフティとか、グローイングアップとか、そんな映画のセットのような街に、金髪チアガールとか、ユニバーサルスタジオとか並に、現実感無いです。

樹樹

福生でアメリカンダイナーうやハンバーガーも良かったのですが、今回は、もう少し足を伸ばして、羽村の喫茶店へ。木に囲まれた「樹樹」というお店。たまたま過去の「散歩の達人」の「理想の喫茶」という特集を見ていたら、こちらの喫茶店が特集されていたので、多摩方面に行ったら行ってみたい場所として、チェックしてありました。

看板

「自転車置き場はこちら」の看板。敷地の右奥に向かいます。

自転車

多摩川サイクリングロードの終点に設定されている羽村取水堰からも10分程度と近いのですが、バイクラックは無く、建物の柱に地球ロック。こちら側には、天気の良い日にテラス席(喫煙席)も、用意されているので、集団で来た時は、汗のにおい対策などで、テラスもいいかもです。

入り口

森の奥のような建物。
喫煙は分煙されているようで、入り口から左側が禁煙席。右側が喫煙席のようでした。カウンターを挟んで、両ウイング風に分かれているので、煙が気になる僕のような嫌煙者でも大丈夫です。

基本、4人掛けのBOX席になっていて、仕切りで分けられ、半個室のようになっています。なので、サイクルジャージのままでも平気です。

カニピラフ

見つけると、ついついピラフセット頼んじゃうよなあ。カニピラフは、880円。付け合わせのサラダには、手作りドレッシングで、これは当たり。こちらもレストラン・オオタニと同様の、味噌汁セットで、紅ショウガも添えられているので、チャーハン感は否めません。でも、カニがたっぷり入って、美味しいです。ピラフとチャーハンの違いを考えなかったら、とっても美味しいランチです!なんで、ここまでピラフにこだわってしまっったのでしょうか?もう、そろそろ卒業しようと、ピラフシリーズ。

■樹樹
■東京都羽村市神明台3-7-2
■営業:9:30~21:30
■定休日:年中無休
場所はこのへん

玉川兄弟

食後は、多摩川サイクリングロードの羽村取水堰へ。玉川兄弟のところで記念撮影。この後ろの東屋で、休憩しているサイクリストいっぱいいるのですが、ワゴンのコーヒーや、アイスの移動販売とか出ないんですかね。やったら土日は流行りそうですが、許可がうるさいのかな?

羽村

この日は、30度を超える真夏日。水遊びも気持ちよさそうでした。

Pocket
LINEで送る

STYLE-B(大崎広小路)

五反田に新しいサイクルカフェが出来ました。

今、五反田から出発する東急電鉄池上線の高架下に、新たな町を作ろうという試みが行われています。五反田付近は、渋谷より家賃が3割近く安い為に、ベンチャー企業が集まってきていて、そういう所で働く高感度な人達の遊び場を作ろうという計画です。その名も「池上線五反田高架下」。

そこに、サイクルカフェが出来たのです。

こちらは、いわゆる赤提灯が並ぶ新橋的なガード下ではなく、バルやビストロが並ぶ、おしゃれな高架下とし、30前後の若いサラリーマンをターゲットにしています。

STYLE-B

その高架下の大崎広小路側、山の手通り側に出来たのが、サイクルショップやカフェを複合させた、STYLE-Bというショップ。
手がけるのは、西五反田に本社のある、日本コンピュータ・ダイナミクス株式会社。IT企業なんですが、駐輪所の運営の他、シェアサイクルも開発してて、自転車文化を創ろうという一環で、このサイクルショップも作られたようです。

施設の設計は、しまなみ街道サイクリングの拠点として人気の広島県尾道市の倉庫改装ホテル「ONOMICHI U2」を手掛けた、「SUPPOSE DESIGN OFFICE Co.,Ltd.」です。

STYLE-B

CYCLE & CAFEというネオンがあるように、自転車ショップと、サイクルアパレル、ドーナッツプラントというドーナツ屋、今、話題の旬八という八百屋さん、コインランドリーに室内駐輪場とロッカー&シャワーと、自転車移動の拠点にしようという試みのようです。

カタログ

取り扱う自転車は、ピュアサイクルという日本初上陸のLAのブランド。価格は6万から8万円前後で、8段ギアのクロスバイクがメイン。だいたいTOKYO BIKEとユーザー層が重なる感じで、シティーライドを想定した、リーズナブルなスポーツバイクです。ドロップもあるけど、ロードバイクとしては物足りないかも。そのほか、ファミリー層向けに、YAMAHAのPASも扱っています。

ラック

高架下の隣の棟に、メンテナンスの工房があり、そちらにバイクラックが設置されています。こちらに停めて、この背中側のカフェに行くのが良いかと。経営は同じなので大丈夫でしょう。

また、この付近のベンチャー企業などに自転車通勤する人向けに、室内用の駐輪場もあります。ロッカーとシャワールームもセットになっているので、夏場とか、こちらでサッと汗を流してスーツに着替えて出勤!…という事も可能です。

入るのには、ICカードのルームキーが必要なので、安心して停めておく事が出来ますね。また、コインランドリーも設置されています。

カフェ

サイクルショップの向かいにあるのが、ニューヨークで⼈気の『DOUGHNUT PLANT』の国内4店舗目。お客さんは、やはりIT企業の方々が多いです。パソコン開いて、打ち合わせしたり、プレゼンの前の打ち合わせをしたりしていました。

ドーナツ

頂いたのは、カフェラテ450円と、ドーナツ380円。『DOUGHNUT PLANT』は、合成着⾊料・保存料・化学調味料・⼈工⽢味料、卵を使⽤していない手づくりドーナッツなのですが、やはり、そこはアメリカ発なので、甘〜い。 補給食としてはいいですけどね。

3年前ぐらい前に、サイクルカフェが出来ては消えという感じでしたが、2年後の東京オリンピックに向けて、シェアサイクル文化が少しずつですが、根付いてきました。ロンドンオリンピックの時も、市内の交通規制をした為に、シェアサイクルが一気にブームになったのですよね。東京は地下鉄も張り巡らされていますが、所詮地下移動なので、町の風景は見逃しています。一駅分なら、徒歩移動した事があると思いますが、2駅〜5駅ぐらいならなら自転車移動の方が、楽しいというのが、徐々に浸透していくといいですね。

■STYLE-B
■東京都品川区西五反田1-22-4
■営業:12:00〜20:00
■定休日:水曜
場所はこのへん
お店のサイト

■DOUGHNUT PLANT
■営業
8:00~19:00
9:00〜19:00(土日祝)
■定休日:水曜

Pocket
LINEで送る