桃月園皐月家香麦荘(指扇)

荒川

今年初の荒川サイクリングロードです。
ブログをチェックしたら、去年は2月の終わりに出撃しているんですねえ。
インスタでは女性サイクリストが走り始めているのを見ていたのに、
何でだろう?この時期まで、やる気スイッチが入りませんでした。
重い腰を上げ、今年は、東京の桜の散り始めが早かったので、
ロードバイクで北上して、満開の桜を見に行く事にしました。

秋ヶ瀬公園

いつも休憩を入れる秋ヶ瀬公園、ピクニックの森B駐車場。
こちらの自販機の前にはサイクリストが集まるのですが、
その奥に、今日はバードウォッチの方々がいらっしゃいました。

バードウォッチ

年を取ると、「花鳥風月」の順番で自然を愛でるようになると、
言われていたりしますが、
満開の桜を求めて北上する僕は、第一段階で、
こちらの皆さんはすでに2nd stageに進出されたのかもしれません。

田んぼ区間

米が出来るまでを学べる、田んぼ区間。
今はまだ苗作りの期間でしょうか?
種籾を水に浸して発芽しやすい状態にしている時期だと思います。
まだ家の近くのビニールハウスでの作業の時期ですね。たぶん。
通常だと田植えはゴールデンウイークの時期なので、
この後、田起しが始まり、水を入れて代掻きしていく事になります。

行き止まり

西遊馬公園の縁を走るコースは今も工事のため通行禁止で
公園内を迂回して走る事になります。

通行禁止

本来なら2月で工事が終わっているハズなのに、
未だに通行禁止です。

荒川CR

西遊馬公園から土手に戻り、
川越線の指扇駅を中心としたエリア。
実はこの付近、劇的にサイクリスト向けのお店が増えています。

桃月園

土手の下の森の中には、サイクリストにおなじみのVIAがありますが、
その森のような一角を、桃月園と言います。
入り口の所に掲示されていた歴史を読むと、
戦後の食糧難の時期に、ここで桃を作り始めたそうで、
その後、食糧難が解決すると、盆栽を作り始め、
世界に輸出したのが、この桃月園の始まりのようです。
看板の成勝園は、盆栽屋さんです。

かき氷

入ってすぐ右手のアトリエの2階に、かき氷屋さんが出来ていました。
四谷 荒木町にある季節限定(6月下旬~11月中旬)のかき氷屋さん
Ryanの2号店で、Ryan02(ライアンマルニ)。
四谷のお店は、かき氷マニアの間で有名のようです。
メニューを見たら、かき氷だけじゃなくランチメニューもあるので、
今度はこちも寄ってみましょう。

小麦荘

さて、今回のお目当ては、こちらの桃月園皐月家香麦荘。
まるで漢文のようですが「とうげつえんさつきやこむぎそう」と読みます。
VIAの向かいにサイクルラックのあるカフェが出来たと聞いたのですが、
事前にリサーチしてみると、豊島区の要町にあるベーグルのお店
「香麦荘」のサイトに、こちらへのリンクがあったのです。
香麦荘は家から割と近く、かつて行った事があるお店です。

こちらのオーナーさんが、その香麦荘のベーグルに惚れ込み、
そのベーグルを使ったカフェをやってみたいという事で、
こちらを作ったのだそうです。
2017年の9月30日のオープンです。

キーマカレー

となると、普通はベーグルのプレートを選ぶのですが、
こちらはキーマカレーも人気のようで、
ベーグルは再び要町に行って食べる事にして、
14種類のスパイスを使用したキーマカレーのセットを頂きました。
サラダとドリンクがセットになって、1080円。
パクチーと生玉子を乗せていいか聞かれますので、
苦手な方は、事前に申告するといいでしょう。
僕は、ノープロブレム。

イタリア直輸入のエクストラバージン・オリーブオイル使った、
手作りのドレッシングが小さいポットで出され、
野菜も美味しく食べられるのがいいですね。

コーラ

この向かいには、同じく古民家カフェで、
サイクリストには有名なVIAがあります。
されに入り口付近には、Ryan02。
森の中で3つのカフェがビレッジを形成しています。

高速道路の事を、ハイウエイオアシスと言ったりしますが、
荒川のサイクリングオアシスとして、
注目される場所になりつつありますね。

■桃月園皐月家香麦荘
■埼玉県さいたま市西区西遊馬3131
■営業:
09:00〜18:00(土日祝日)
10:00〜18:00(月火)
■定休日:水木金
場所はこのへん
お店のサイト

カフェ

さて、ここからすぐ。
川越線を越えた所にかつてあった
サイクリスト御用達のピゼリアが、惜しまれつつ閉店しましたが、
その店舗を使って、新しいカフェが出来ていました。
ベニーノ・ヴィッラ。
サイクルラックも設置されていて、
すでに何台ものロードバイクが停められていました。
こちらも早急にチェックしなければですね。

それにしても、最近のサイクリスト向けのカフェの増え方すごいですね。
このブログを始めた頃、2010年って、そんなに無かったんですよ。
サイクリングのグルメ記事といえば、蕎麦ばっかりで。
だからそういう文化を創ろうと「チャリカフェ」を名乗った訳ですが、
あとは、都心のカジュアルなチャリカフェが増えてくれると、
移動手段としての自転車が、もっと見直される気がします。
すでに、おしゃれママたちが、クロスやミニベロで、
カフェめぐりしている様子が、インスタにあがり始めていますし。

Pocket
LINEで送る

cafe ura_hoto うらほと(長瀞)

長瀞

ラジオ局の中で、風邪をひかないのでおなじみの自分ですが、
DJや声優さんに、「風邪をひかない為に何かしているの?」と、
聞かれる事が多いのです。
特に、今の時期。
DJや声優さんは、声が命ですから、
手洗いや、うがいなど、細心の注意を払っているのに、
それでも、風邪をもらってしまう事があります。

それに対する僕の答えは、
「たぶん、外気の変化に慣れているから」

もちろん、手洗い、うがい、電車内のマスクなど、
そちらも気を使っていますが、
一番違うと思うのは、気温の変化に対する耐性がある事だと思います。
冬でも割と薄着だし。

自転車に乗っていると、気温の変化は激しいです。
同じ日でもヒルクライムで峠に登れば気温が下がるし、
下りでは風で凍えそうなほど冷えます。
でも、そんなもんだろうという、心の準備は出来ているのです。
例えるなら、冬場の女子高生のミニスカ生足みたいなもんでしょうか?
確かに寒いけど、耐えられる気力があって、
エアコン漬けの人よりは、寒いのに強いのですよ。
心も体も。
病は気からの基礎が出来てるんですよ。たぶん。

この日も、武甲山の下りで、ウインドブレーカーを着込み、
ダウンヒルの寒さに耐えながら、その足で長瀞へ。
どうしても、行きたいカフェがあったのです。

長瀞

長瀞は、徐々に山々が色づき始めて、紅葉の始まりを感じさせますが、
見頃はもうちょっと先かなという感じ。
それでも沢山の観光客で賑わっていました。
もう少ししたら、もっと賑わうんでしょうね。

看板

秩父から国道140号で長瀞に向かい、
先ほどの長瀞駅前の信号を越えた、次の信号の所に、
行きたいお店の小さな看板が出ていました。
cafe ura_hoto(うらほと)

うらほと

左手にサイクルラックがあるのがわかりますか?

このブログにもよく書き込みをしてくれる自転車乗り、
自転車日記のpotereさんが
新たに長瀞に秘密基地を作っている過程を載せたブログ、
ワンコ社長の大人の冒険 秘密基地」をスタート!
それを読んでいたら、この秘密基地がカフェになったというお知らせが!

定年後の夢を、かなりかなり前倒しにして、新たな生活をスタート!
この一つ前の記事で、武甲山に移り住んで、
ログモグというカフェを始めた人の事を取り上げましたが、
思い切って、新たな生き方を始めた人と会うのは楽しいし、
なんか「答えは一つじゃ無いな」という自分の勇気にもなります。
なので、お会いして話を聞かせてもらうのが楽しみだったのです。

サイクルラック

実は、お店の前にはもう一つサイクルラックがあり、
自分のロードバイクはそちらに。

秩父鉄道って、輪行しなくてもそのまま自転車を乗せられる
サイクルトレインがあって
平日だったら、西武秩父のすぐ隣のお花畑から長瀞まで
そのまま自転車を乗せられるし、
平日は、寄居の隣の波久礼からも乗せられるので、
秩父方面の方も、熊谷方面の方も、
長瀞サイクリングが気軽に楽しめますね。

長瀞駅から歩いても6分ほどで、光安寺の近くなので、
自転車乗りだけじゃなく、ハイカーの方なども多いそうです。

店内

ところで、自分もこちらのブログを読んでいましたが、
お会いするのは初めてな訳です。
かつてアメトークで、人見知り芸人という特集がありましたが、
自分も人見知りなので、お話するのは楽しみな反面、
どうやって名乗ろうか、実は、ドキドキしていました。
そしたら、potereさんの方から、
「もしかして〜」と、話しかけて来てくれたのです。
何年か前に、某所で顔出ししたのを覚えてくれていたのです。

ロードバイク

店内も自転車愛に溢れていますが、
自転車好きのブログっていうつながりで、お会いして、
なんだかオフ会のような、わかる人にはわかる愛が、ちょっと嬉しい。
スペックとか、ストイックとかそういう事じゃなく、
自転車に乗ってると、ただ楽しいという会話。

練馬にも、ポタリングサークル的なもの無いのかな。
本気ロードじゃなく。
そしたら入会したいかも。

ランチ

頂いたのは、塩糀豚とレンズ豆のビール煮込み
ターメリックライス、バーニャカウダー付き、1300円と、コーヒー400円。
奥様は、パン工房で2年間、
国分寺の老舗イタリアンメランツァ-ネで
10年間修行をしたのち
独立したい願望をご主人に打ち明けられたそうで、
それを実現させてあげたいという夫婦愛の味ですよ。

珈琲

話が弾んで、のんびりしていたら、
突風が吹いたり、雨がパラパラ来たりして、
「秩父まで車で送りましょうか?」なんて言って頂いたのですが、
この天候の変化をしのぐのも、自転車乗りの醍醐味。

雨はパラパラ来てたけど、雲の切れ間から青空見えてたし、
きっと大丈夫という勘が働き辞退したのですが、
結局秩父まで、雨に降られる事はありませんでした。
こういう天気の変化を察知出来るのも、
自転車乗りのスキルの積み重ねですね。

■cafe ura_hoto(うらほと)
■埼玉県秩父郡長瀞町長瀞241-20
■営業
11:00~16:00
17:30~20:30(要予約)
■定休日
月火水(祝日は営業)
場所はこのへん
お店のサイト

P.S
この楽しかった思い出を、素直にはき出したいと思った時、
うっすらと気づいていたのですが、
今、職業病で、無難に書くクセがついていたので、
何とか勢いを出そうと、あえてお酒飲んだ勢いで書いてみました。
でも、そうすると単語が思い浮かばないもんですね。
楽しさ伝えるって、難しいわ。

Pocket
LINEで送る