ラファ・サイクルクラブ東京(北参道)

週末は気温27度。来週は30度を超えるという予報が出ていました。
そこで、サイクルジャージの下に着る、ベースレイヤーを買いに、北参道のraphaへ。カフェでは、ジロ・ディタリアのライブビューイングも行っています。

夏のような暑い日のライドでは、ジャージの下のインナーウェアは着る人と着ない人に分かれますが、僕は、昨年から着る派に。暑い日に重ね着というのに疑問があったのですが、試しに一度着てみたら、これがまた快適だったのです。

抗菌加工と吸汗加工が施された、高機能なインナーウェアは、汗を吸い取って外に排出し、内部へは逆流させない特性があります。汗ダラダラの日でも、ジャージが肌に貼り付く感じがなく、常に肌がさらさらに保たれて、快適な着心地をキープする事が出来ます。

だいたい週末にしか乗らないので、去年は1着で済んでいたのですが、CAFE RAIDとプリントされた新作が出ていたので、急に欲しくなりました。外に見える訳じゃないけど、これを着ていけば、遠出やヒルクライムのカフェめぐりでも、気合いが入るんじゃないかと。チャリカフェだもんね。

そして、まんまと買ってしまいました。奄美大島はすでに梅雨入りし、関東雨続きで、もうすぐ梅雨入りしそうですが、その前に、これを着て、カフェライドしておかなければですね。今シーズン、まだ飯能に行っていないので、そろそろ行ってみようかな。

■Rapha Cycle Club Tokyo
■東京都渋谷区千駄ヶ谷3-1-6 コモンガーデン原宿北参道B1F/1F
■営業時間
カフェ:8:30~20:00(平日)
ショップ:12:00~20:00(平日)
10:00~20:00(土)
10:00~18:00(日祝)
■定休日:不定休
場所はこのへん
オフィシャルサイト

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

CROSS COFFEE(矢野口)

多摩川CR

サイクリングしている間は、スマホはいじりません。
正確に言うと、僕のサイクルコンピューター、ガーミン510にはナビがついていないので、場所を確認する為に、2〜3度ぐらい地図を見るためと、食事をインスタにあげる時ぐらい。ツイッターやネットニュースをみたりはしません。もちろん、イヤホンは危険なので、音楽も聴かず、ただただ自然の中を、ボーっとしながら走るだけです。

キャンプ

ネットの中って怒りが渦巻いていて、精神的に不健康な物が、目から入ってきてしまいます。僕は、どんな物にも色んな意見があり、0対100になったりしないと思っていますが、100になると思い込んでる人が多いような気がします。そして、反対側を叩いて怒ってる。怒りをぶつけあってる。でも、そんな事したって100にはならないから。

スマホを見ない事で、そういう不健康な世界が遮断され、デトックスされます。サイクリングには、そういうデジタルデトックスの効果もあるのです。

みんな他人に対して、怒りすぎ。そして、怒るネタを探すために、スマホ見過ぎ。そして怒りのレベルゲージを10までためた所で、人と話すので、怒りゲージ0とか1の自分は、ドン引きしてしまいます。大谷翔平選手も言ってましたが、だったらゴミを拾ったりして、「良い事した」と、運を貯めたと考えられる精神状態の方が、いい結果出せると。

『書を捨てよ町へ出よう』と言う言葉がありますが、スマホをしまって、自然の中を走ろう。脳みそのオーバーヒートを、少しさましましょう。

橋

多摩川原橋を渡って、矢野口へ。

クロスコーヒー

こちらにも、新たなチャリカフェ、CROSS COFFEEが出来ていました。チャンピオンシステムという、サイクルジャージの会社が母体で、多摩川サイクリングロードや、尾根環などを走る人達の拠点として、作りました。ご覧のように、すでに沢山の自転車が。これはもちろん、来店した人達の愛車。

お店

店内では、カフェの他に、ジャージや、小物など、サイクルアパレルも売られています。

ジャージ

セールもやっていました。店内のお客さんを見ると、学生グループなのかな?4人組みのサイクリストは、二人が上下サイクルジャージ、二人は、部活用ジャージのような感じで、自転車は買ったものの、ジャージまでは手が回っていない感じ。そういう人達が買いやすいお値段の物があるといいですね。

ラテ

カフェラテ、450円。
飲んでいる間も、深いことを考えず、のんびり。考えなくていいことは、考えなくていい1日。

■CrossCoffee chocolate&sandwiches
■東京都稲城市矢野口227-1 グランツドルフ 1F
■営業:7:00~18:00
■定休日:無休
場所はこのへん
オフィシャルサイト

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ