Tour de France CAFÉ(渋谷)

J SPORTSが、「ツール・ド・フランス マイヨ・ジョーヌ100周年大会」の放送を記念して、ツール・ド・フランス公認カフェ「Tour de France CAFÉ@TOKYO powered by J SPORTS」を期間限定でオープンしたと聞いて渋谷へ。

246と明治通りが交わる一角に新たにオープンした、渋谷ストリームの4階にあるとの事なんですが、正面からエスカレーターに乗ると3階までしか行けません。艦内をウロウロしながらエレベーターを見つけて、迷って迷って4階へ。

飲食フロアは主に3階にあるのですが、4階は、渋谷ストームエクセルホテル東急のロビー階というような位置づけで、3階とは切り離されていました。

なので、自転車なしで人だけの場合は、こちらの渋谷川沿いのエレベーターから乗るのがスムーズ。

「Tour de France CAFÉ@TOKYO powered by J SPORTS」は、元々はTORQUE SPICE & HERB, TABLE & COURTというサイクルカフェで、エレベーターで、自転車を乗せて入店出来るという触れ込みでオープンしたのですが、ネットで調べてみると、自転車YouTuberの潜入記みたいなのがありました。

ビルの裏側、山手線沿いの方にビルの駐輪場があり、その脇にTORQUE直通のエレベーターがあるようです。

さて、TORQUE7月29日(月)までは、ツールドフランスカフェとしてオープンしているのですが、客層は近くのビジネスマンが多いという印象。PCやタブレットを使いながら打ち合わせをしている人が多数。渋谷ストームエクセルホテル東急のカフェも、打ち合わせというより会議している人達もいましたし。

巨大モニターでは、前日に行われた第6ステージのハイライトが流されていました。

1級山岳ラ・プランシュ・デ・ベル・フィーユに向かう、最大勾配24%の激坂区間が登場した第6ステージでは、最後、プロでも登るのが大変で、ゴリラのニックネームでおなじみの巨体のグライペルは、自転車で登るのを諦め、シクロクロスのようにかつで走りました。

選手が走って山頂に向かうのは、カメラバイクとぶつかって自転車が破損したフルーム以来ですかね。

ツールドフランスカフェという事で、ツールにかけたメニューが色々用意されています。

それぞれのチャンピオンジャージにちなみ、総合優勝のマイヨジョーヌの黄色、スプリンターに贈るマイヨ・ヴェールの緑、山岳賞のマイヨ・ブラン・ア・ポワ・ルージュの赤白の水玉。新人賞マイヨ・ブランの白にちなんだメニューが用意されています。

僕が選んだランチメニュー「ジョーヌなカレー~とれたまを添えて~」は、ドリンク込みで1,080円。

マイヨジョーヌにちなんだイエローのココナツカレー。チキンとかが沈んでいるのでそう見えませんが、意外と具だくさんで満足感高し。

せっかくフットサルコートも併設しているし、この空間を生かし、3本ローラー教室とかやったりしたら、自転車持ちこんで指導を受けたいかも。

■Tour de France CAFÉ@TOKYO powered by J SPORTS」(期間限定)
■TORQUE SPICE & HERB TABLE & COURT (通常)
■東京都渋谷区渋谷3-21-3 渋谷ストリーム 4F
■営業:9:00~23:00
■定休日:なし
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

ブルータープ(飯能)

梅雨の晴れ間なので、これは出かけねばと輪行で飯能へ。ところが天気が良すぎて暑い!30度オーバー。走り出し、思ったよりスピードが出ず、あれ?これは暑くてバテてるのか?それとも、グランツールの選手のように体調の悪いBAD DAYなのか、様子を見ながら走る事にしました。

BAD DAYというと、大げさなんですが、6月末の富里スイカロードレースの為に、ジムでランニングをしているのですが、快調に走れる日と、意外と早くバテてしまう日の差が激しいのです。途中、名栗方面最後のコンビニ、セブンイレブンでスポーツドリンクを補給しながら、ガリガリくんを食べていたのですが、止まっているのに、めちゃめちゃ汗が出てきます。んー暑さなのかなあ。

ブルータープ

さて、名栗方面のカフェは制覇したつもりだったのですが、久しぶりに行くと、新しいカフェが出来ていたりします。今回は、有間ダム方面手前の、「ブルータープ」へ。「BBQやcampで作る料理」をコンセプトにしたカフェレストランです。

自転車ラック

名栗方面の飲食店は、ほとんどのお店でバイクラックを設置しています。たぶん、設置率9割ぐらいなんじゃないでしょうか?

今、山梨県の富士吉田市は、市内の飲食店などを対象に自転車スタンドを無償で貸し出する取り組みを始めました。自転車乗りには、で富士山周辺も人気なのですが、飲食店にバイクラックがあると、もっと気軽に立ち寄れるという声を拾い、市の職員が手作りで作り、希望した37店舗に貸し与えたそうです。

都内や埼玉のヒルクライマーにとっては、飯能や、越生は、その出発点、休憩スポットとなり、多くの自転車乗りが訪れるので、早くからこの点に気づき、バイクラック設置店が多いですね。荒川上流のお店も、バイクラック完備のお店が増えているし、やっとチャリカフェ文化が根付きつつあるような気がします。このブログを始めた頃は「チャリカフェ」なんて言葉無かったしね。

テラス

この日は暑かったので、テラス席へ。
すぐ下を名栗川が流れていて、鮎釣りらしき人々も。涼しげな風景が広がります。奥の大テーブルの方では、BBQっぽい事をしています。この辺はキャンプ場も多いですが、手ぶらで、料理だけという使い方も出来ます。

スペアリブ

頂いたのは、土日限定のメニューで、スペアリブのグリルと、フェジョアーダ。1200円。みかんジュース500円の所、ランチ200円引きで、合計1500円。
ご近所だと、ご近所割り100円。SNSアップで100円引きと、割引もあります。フェジョアーダは、黒いんげん、ベーコン、ミミガーを煮込んだもので、ライスに添えられている物が、そうです。

のんびりランチしたせいか、ドラクエで宿屋に泊まった時のような回復感が感じられます。て事は、待望の有間峠リベンジしちゃおうかな。4年前の秋にほぼ上まで行ったんだけど、日没が怖くて、途中断念。今は日没の心配もないし、ゆっくり行ってみるかな。

■BBQ & Camping Kitchen 「BlueTarp」
■埼玉県飯能市下名栗755-1
■営業:11:00~17:00(L.O.16:30)
■定休日:月曜日
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ