フレンチ パウンド ハウス 大和郷本店(巣鴨)

アイドル・バニラビーンズのレナちゃんのインスタを見ていて、
行きたくなったお店、巣鴨ののフレンチ パウンド ハウス。
お店の入っているマンション自体が、外壁工事中だったので、
工事感満載ですが、通常はレンガ造りの洋館のようなお店。
暖かくなると、外のテラス席はペットも可のようです。

#20170227 #日本一のショートケーキ 生クリームが好きな人の手のひらみたいに柔らかかった(えっ?) #🍰

バニラビーンズ レナ🐈さん(@vb_rena913)がシェアした投稿 –

ゲストに来てくれてから、二人組のバニラビーンズの事は好きで見ているのですが、
リサちゃんがガチセレブ、レナちゃんが庶民派グルメを載せる事が多く、
二人とも、ジャンルは違えど、グルメなのがよくわかるインスタです。
バニビのグルメ番組観たいなあ。

こちらのハッシュタグに #日本一のショートケーキ とありますが、
こういうキャッチーなタイトルの物は、キュレーションメディアに狙い撃ちされ、
コピペ、コピペで、同じような記事が増産されています。
ところで、素朴な疑問なんですけど、
質の悪いキュレーションメディアって、記事の最後に、
「いかがでしたか?」って書いてる率が高いの、何でだろう?
最後が「いかがでしたか?」の記事は信用出来ないので、お気をつけて。

ショートケーキは、2種類あって、
たくさんの苺、良質の生クリーム、スポンジに軽く苺の果汁を含ませたブランと、
苺の果汁を加えたメレンゲを生クリームと合わせ、
香りづけ程度の苺のお酒とキルシュを使った、ルージュ。
こちらは、ルージュです。

僕の前の方が
、「車で来ているんですけど、ルージュ食べて大丈夫ですか?」
と聞いたら、香り付けだけなので大丈夫ですとの事。
僕も自転車だったので、ブランにしようかと思っていましたが、
大丈夫なら、ルージュで香りを楽しもうじゃありませんか。

さて、日本一のショートケーキ!
旨い物ってやっぱりバランスなんですね。
何かが飛び抜けた方がインパクトはありますが、
それって、どこかで飽きられて長続きしません。
絶妙なバランスのショートケーキだなあ。

■フレンチ パウンド ハウス 大和郷本店 (FRENCH POUND HOUSE)
■東京都豊島区巣鴨1-4-4 マンション サンビップ巣鴨 1F
■営業:10:00~20:00
■定休日:無休
場所はこのへん
お店のサイト

さて、ここからはフィルム写真のナチュラクラシカの画像で。

巣鴨っていうと、おばあちゃんの原宿っていうイメージがあると思いますが、
実は、都内でも有数の超高級住宅地だって、知っていますか?
山手線の外側は、確かに下町風情がありますが、
この「フレンチ パウンド ハウス 大和郷本店」のあるあたりから、
六義園に挟まれた山手線内側の一体は、どこも家がデカい!

もともと三菱財閥の創始者である岩崎弥太郎が、
明治前半に、この一帯の土地を買い占め、
その後、大正時代に、3代目の岩崎久弥が
理想の都市を作ろうと、中産階級向けに分譲した地域。

中産階級と言っても、岩崎家から見たらの話で、
三菱グループの重役や、政治家、官僚、実業家、学者など
庶民から見たら、アッパークラス。
なので、高級住宅地となったのです。

店名に付いてる「大和郷」というのが、この高級住宅地のエリアの名前。
これを表記するのは、ブランドとプライドですね。

ちなみに、六義園は、水戸黄門や赤穂浪士に悪役で出てくる、
徳川綱吉の側用人・柳沢吉保の下屋敷。
加賀藩下屋敷跡地を綱吉から拝領し、
千川上水を引いて池を掘り、7年の歳月をかけて庭園を作り上げました。

実際に悪人かどうかはわかりませんが、
贅沢三昧だった様子は、伺えますね。

帰りは春日通りで、池袋方面へ。
都電が二台並ぶ瞬間を狙ってみました。

池袋のサンシャイン通り。
普段よく見る何でもない通りですが、
フィルムで撮ると、意味ありげで、ドラマが潜んでそうな絵になりますね。
まあ、実際にこの中に僕の知らないドラマがあるんだろうけど。

Pocket
LINEで送る

バシ バーガー チャンス イケブクロ(池袋)

バシバーガー

雑司ヶ谷方面に抜ける途中で、腹ごしらえ。
池袋のバシバーガーチャンスで、久々のハンバーガーを。
前回通った時は満席でスルーしたのですが、
今回はカウンター席が空いていたので、入る事にしました。

東京音大のすぐ近くなので、音大生も増えた模様。
音大生は演奏にエネルギーを使うので、
華奢な女性でも大食いのコが多いです。
そういう意味では、こういうボリューミーなグルメバーガーはぴったりかも。
その他、ご近所のおばちゃんも、テイクアウトで来ていたり。
すっかり地域に根付いてきたみたいですね。

チーズバーガー

こちらのご主人は、北千住の名店、サニーダイナーの出身で、
サニーダイナー同様、ハンバーガーもポテトも大盛りです。
写真であまりそう見えないのは、コーラが大ジョッキサイズだからでしょう。
初めての人は、声を上げて驚きます。
コーラ好きとして、ホントありがたいです。

実は、ハンバーガーショップでコーラを飲んでも、
まだ口の中にハンバーガーの味が残っている時は、
コンビニに飛び込んで、コーラで味を流し込んだ事もあります。
いつも、もう少しコーラ大きめのサイズで欲しいなあと、思っていたのです。

ハンバーガーF

さて、最近持ち歩いているフィルムカメラのナチュラクラシカでも1枚。
最近流行の写ルンですなどでは、店内でノンフラッシュだと暗くなってしまうのですが
ナチュラクラシカに、ナチュラの1600という好感度フィルムを入れると、
ノンフラッシュでも、ご覧の通りです。
ただ、デジカメとは違ってピントがその場で確認出来ないので、
背景にピントが行ってしまい、肝心のハンバーガーがピンぼけでした。

まだまだフィルムには慣れないですねえ。

■バシ バーガー チャンス イケブクロ (BASHI BURGER CHANCE IKEBUKURO)
■東京都豊島区南池袋2-5-1 島一ビル 1F
■営業:11:30~23:00(LO.22:30)
■定休日:水曜
場所はこのへん

フィルム

ちなみに、お店からすぐ近く、雑司ヶ谷から豊島区の新都庁へ向かう通りは、
地下に新たな明治通りのバイパスを掘っていて、ただいま工事中!
こちらも、フィルムのナチュラクラシカの写真です。

フィルム

上の写真だとわかりにくいのですが、空の青さとか色味がいい感じです。
Instagramなどを見ていると、ナチュラクラシカに
FUJIFILMのPRO400Hというフィルムを入れて、
ハイキー気味で撮ると、シアン強め、ブルー気味の写真が撮れると流行っています。
次は、それを入れて撮ってみようかな。
風景は美しいけど、食べ物はどんな風に写るんだろう?

Pocket
LINEで送る