サイフォニスタ(椎名町)

東急前

TV Bros.テレビ欄やめるってよ!
このニュースには2つのショッキングな事実が隠されています。
1つは、地上波のテレビが、メディアの主流ではなくなりつつある事。
2つ目は、老人が見捨てられたという事です。

平成生まれば、テレビではなく、動画サイトの鑑賞が主流なので、
「インターネットテレビっ子である」という特集が話題になってる事を、
かつて書きましたが、
TV Bros.も、地上波だけでなく、
BS、CS、そしてWebの動画配信サービスのコンテンツの中から、
おすすめをピックアップする方式に変更する事になりました。
ついに地上波のテレビ番組をメインにする事をやめたのです。

TVが主役だった時代の、終わりの始まりです。

そんな事を、新しい道路を作るために、家が取り壊された、
東長崎の東急ストアの前で、思い浮かべました。
今、東長崎も、時代の波に飲み込まれています。

解体

次々に取り壊されている、
東長崎周辺の家たちを見ながら思いだしました。

TV Bros.自体は、コラムや特集が人気で、
すでに、テレビやレコーダーに番組表が付いているため、
わざわざ雑誌で番組表をチェックする為に買う人は少なかった様なのですが、
中には、紙のテレビ欄にこだわって買っている人たちもいて、
それが、老人層だっただそうです。
今回は、そんな紙のTV欄を必要としている老人層を切って、
ネット時代に大きく舵を切る事になったのです。

立て直し

山の手通りから、椎名町、東長崎と16m道路を作る、
補助172号計画は、着々と住んでいて、
中には、セットバックを終えて立て替えた家も、
徐々に目立つようになってきました。

TV Bros.は、いち早くセットバックを終えた家で、
他のテレビガイド本も、遅かれ早かれ、
この時代の波に飲み込まれるのでしょう。

サイフォニスタ

椎名町のカフェ、サイフォニスタに来ようと思ったのは、
バルミューダで焼いたトーストが食べたくなったからです。
というのも、茹で置きのパスタを使うナポリタンが、
平成生まれに響かないように、
トーストも、時代の中で、メインストリームが変わっているのでは?
と思ったからです。
かつてトーストといえば、表面がこんがりして、
肉で言えばウエルダンな、少しパサつくぐらいの、
よく焼きのトーストが主流だったのですが、
最近、お目にかかる率が少なくなってきたなと感じていたのです。
ただし、あくまでも、まだ仮説です。

有楽町の「はまの屋パーラー」は、ホットサンドにするには、
別に30円かかりますが、
表面がきつね色になるまで焼かず、見た目白いまま。
ほんの少しパリっとさせるぐらいしか焼きません。

あの表面の強度が高くなるぐらい、固焼きのトーストとは、
未だに主流派なんでしょうか?

クリームシチュー

頂いたのはクリームシチューのセット、880円。
これだとプレーンなトーストがついてきます。
見た目、こんがり焼けて見えますが、
バルミューダで焼いたトーストは、
薄皮一枚ぐらいの、こんがり具合で、中はふんわり。
これを「表面サクサク」と表現したら、
普通のトーストは、カリカリでなくバリバリとなってしまうぐらい、
繊細なこんがり具合です。

コーヒー

先日、テレビで、トーストはこんがり焼くか?こんがり焼かない派か?
…というのをやっていたのですが、
こんがり焼く派の言い分を聞いていたら、
バルミューダのこんがりではなく、
ポンと飛び出す昔のトースターの、バリバリの焼きすぎを、
こんがりと主張しているように聞こえて、なんか違和感ありました。
え?そこまで今、焼かないだろうと。

あくまでも自分が立てた仮説です。
もしかしたら、バリバリ派がまだ多いかもしれません。
でも、そんな、様々な仮説を立てながら、時代の変化に気づきたい。
今、そんなモードです。

■サイフォニスタ
■東京都豊島区長崎2-12-15
■営業:9:00~19:00
■定休日:水曜
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る

服部珈琲舎 (池袋)

好きなテレビ番組にNHKの「72時間」があります。
毎回1つの場所で3日間、72時間に渡って取材を行い、
そこでさまざまな人間模様を定点観測するというドキュメンタリー。
年末に人気投票で名作シリーズベスト10が放送されるのですが、
第9位は大宮の24時間営業の喫茶店「伯爵」でした。

普通にお茶をしているだけのように見えて、
人は様々な事情をかかえています。
介護に疲れて自分も体調を崩し、やっと回復したので外出した人。
出会い系アプリで、初めて対面した人。
深夜も営業しているので、ゲイバーで働く人たちが深夜飯を食べに。
そんな人たちに話を聞きながら、
同じお店にいるのに、それぞれに違う来店事情を
浮かび上がらせていくのです。

そんな視点で、お店のお客さんを観察してみる事にしました。
場所は池袋東口正面、マツキヨの隣にある服部珈琲舎。
池袋の一等地にあるのに、マツキヨの巨大看板に目をとられ、
意外と目立たないお店です。

まずは、自分。
10年使ってきたMacBookProが、不調になり、断末魔をあげています。
ファンが回らなくなり、高熱を発するようになったのです。
分解して、ほこり掃除なんかもしたのですが、
10年前のCPUの性能が、アップデイトされた最新OSの処理に追いつかず、
いろんな不具合が出てきました。
10年もったというのは、逆にラッキーなのかな?
そこで、完全に死亡する前に、新しいMacBookProを買いに来たのです。
そして、こうして一息ついている最中です。

さて、72時間風に店内ウォッチング。
聞こえる声をつないで、プロファイリングしていきます。

隣の席に座るのは、「パパ、パフェ食べていい?」と聞いた、
小学3年生ぐらいの女の子を連れたお父さん。
なぜ、小学3年ぐらいかと推理したかというと、
そのコがパフェを待つ間に本を読み始めたのですが、
それがこちら!

「王女様からのお手紙つき」という本で、
スマホで調べてみたら、対象年齢小学3〜4年と書いてあったからです。
すぐに本に夢中になり、物語の中にのめり込んでいます。
これだけ夢中になるというのは、どんな本なんだろう?
…と思ったら、物語を紹介する動画がありました。

やっぱり女の子は王女様のような、
きらびやかな世界に憧れる素養があるんですね。
こういうのの延長線上が、「花より男子」だったりするんでしょうね。

向かいの席には、金髪ボブの20歳前後の女子と、
両親と思われる3人が座っています。
金髪ボブの女子は、格好も少しヤンキーの香りがするストリート系で
外見だけでみれば、少しやさぐれ女子に見えるのですが、
終始笑顔で、笑い声交えながら、昔に座る両親に何かを報告しています。
断片的に聞こえてきた単語は、
「ダンス」「発表会」「緊張する」
そうか、この子はダンサーなのかな?
隣の空いている席には、買ってきた洋服の紙袋が置かれているのですが、
発表会の衣装を、両親に買ってもらったのでしょうか?
それで、うれしそうに話しているのか?
そしたら、やさぐれどころか、超HAPPYな家族じゃないか!

まあ、あくまでも断片的な単語と風景をつないで
僕の脳内で構成された、妄想ですけど。

牛カレーセットは、ドリンクつきで1400円。
見た目の割に、意外といいお値段。
なぜか、ほっとするような味なのは、
スパイシーじゃない、喫茶カレーだからなのか?
それとも、自分がパソコンを無事購入して、一安心しているからか?
まったりとしたカレーを食べながら、まったりとした時間が過ぎていきます。

家に帰ってから新MacBookProをさっそくセットアップ。
最近はiCloud化されているので、
以前より簡単に完了する事ができました。
この記事も、新たなMacBookProで書いています。

■服部珈琲舎
■東京都豊島区南池袋1-27-5
■営業:09:00~23:00
■定休日:日曜
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る